私権原理から共認原理への大転換
75117 「みんな」の中に同一性を見つけること
 
 ( 23 OL ) 04/07/17 PM08 【印刷用へ
>'70年の貧困の消滅を契機に、それ以降は序列規範が解体される過程にあります。根本規範(本源規範)の大部分を引き継いでいた序列規範が解体されることは、対象同一性(規範同一性)の対象が無くなること、つまり、人々がどんどん対象性を失い自分だけになってゆくことを意味しています。(74917村田さん)

「自分」というものを考える意識の背景には、
対象同一性(規範同一性)が絡んでいるように思う。
つまり、「自分」=収束対象。
収束対象というのは、規範・役割。

>根本規範(本源規範)の大部分を取り入れてきた序列規範が存在していた時代(封建時代)、そして、それに私権の価値観(近代思想)が混在してきた近代には、行動すべき方向が示されていた。つまり、規範を守れば良いとされていたし、守らなければ悪いという基準が明確であったと言えます。(同上)

規範がガッチリしていれば、その規範の中で生まれ育つので、
「自分」などと考えるまでもなく、
自分の中身=規範ということになる。

戦前の「ヤクザ」や‘80年頃の「不良」などを考えてみると、
規範つまり善悪がはっきりしているので、
彼らは「悪」にきまっている。
周りから「悪」という烙印を押されているので、
「自分って何?」と考える必要は全くない。
そこで、努力してみんなの期待に応えられる方向に向かうか、
トコトン悪の道を突き進むか、という選択があるだけ。

現在はまさに、収束不全の状態。
収束対象(=規範・役割)が見えない状態。
「自分で考えなさい」「自分らしく」などといった、
大人たちの無責任な言葉を受けて、
みんな「自分」を必死に自分の中に見出そうとする。
しかし、当然のことながら「自分」の中はカラッポ。

「自分」=収束対象であるならば、
新たな収束対象(規範・役割)を見つければよい。
つまり新たな規範を作ればよい。

「自分探し」や「個性」などといった、
上の世代からの押し付けの言葉に誤魔化されず、
意識を「みんな」に向けること。
「みんな」の中に同一性を見つけること。
それが新たな規範作りの第一歩なのではないだろうか。
 
 
  この記事は 74917 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_75117

 この記事に対する返信とトラックバック
75423 数多の自分、空虚な自分 三浦弘之 04/07/25 AM00
75321 自分って何?・・・こんな事考えて意味があるんだろうか 塩貝弘一郎 04/07/22 PM09
75298 同一性を感じるまで深める 山崎許子 04/07/21 PM11
75288 同一性とは深めることで発見できる 浅野雅義 04/07/21 PM10
75256 共認充足への流れが本源規範の再構築を加速する 村上祥典 04/07/20 PM10
75172 どうどう巡りの自分から「何もない自分」に気付く謝罪と感謝 馬場康一郎 04/07/19 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp