古代市場と近代市場
56862 なぜイスラムで商品貨幣経済社会が発展したのか?
 
阪本剛 HP ( 29 SE ) 03/06/13 AM02 【印刷用へ
 さて、なぜ、このような商品貨幣経済社会が広く伝播しえたのか?
 それは、彼らの宗教に秘密があります。
 
 イスラムと言えば、砂漠の、遊牧民の、戦士の宗教である、というイメージがあります。有名なマックス・ウェーバーがそう言っているので、この見方はかなり影響力を持っています。

 ですが、これは事実ではありません。ムハンマドとその弟子らは、あくまで信仰者として闘ったのであって、戦士ではありません。彼らは徹頭徹尾商人だったのです。
 征服の中で彼らは遊牧民たちと同盟しましたが、それは都市の住人たちが、遊牧民を利用したにすぎないのです。その証拠に、9世紀初期まで、軍人は、未開民族の奴隷たち、非アラブ人の出身者の仕事でした。戦士の社会的評価は低かったのです。

 商人の地位は全く軍人とは逆です。商売によって得られる富は、代表的なハラル(宗教的に許容されたもの)です。
 むしろ、商人のライフスタイルこそ、イスラム教徒としての義務を全うするに相応しいものであると考えられていました。
 商人であれば、規範で決められたように一日五回祈る時間も、教典を勉強する時間もあります。頻繁に旅行にでかけるので、聖地メッカ巡礼も簡単に行うことができます。また、肉体労働をする低所得者よりも、断食をするのがやさしくなります。

 なによりも、ムハンマドとその仲間達が商売を職業としていたのです。ムハンマドの出身地メッカは商業都市で、ムハンマドの奥さんは商人の彼に資本を提供し、後に結ばれたのです。

 このような商人という職業が、信仰上最も適したものであるという宗教=イスラムがユーラシア大陸を中国からスペインまで到達したのです。
 
 ユダヤ人が商業民族としての性格を身につけ、都市の中で生きるようになったのも、実は、イスラム世界の中でした。それまで、多くのユダヤ人の職業は農業でした。しかし、イスラムの支配者達は、反乱を防ぐために、頻繁に強制移動を行います。そして、異教徒には、重いジズヤ(人頭税)とハラージ(地租)が課せられました。
 また、ユダヤ人の安息日の規定は、キリスト教・イスラム教徒よりも厳しく、農業革命以降、農耕生産の競争力の点で劣らざるを得ませんでした。代わりに選んだ道が、離農し商業と都市の世界で生きるという選択肢だったのです。

 イスラム世界が征服によって領土を拡大することによって、それまでの古代以来の旧体制が破壊されました。
 それまでの支配者、特権階級たちが放逐され、貨幣を獲得することで社会的地位を獲得する社会が広い地域を覆い、古い支配層の代わりに貨幣の貴族たちが取って代わります。
 こうして、ブルジョワジーの発展はイスラムから始まったのです。

資料:「ユダヤ民族経済史」湯浅赳男
 
 
  この記事は 56566 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_56862

 この記事に対する返信とトラックバック
229379 イスラム教:部族を超えた共同体運動⇒統合観念 井上宏 10/04/02 AM11
56863 ヨーロッパの経済発展の起爆力は何であったのか? 阪本剛 03/06/13 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp