人類の起源と人類の拡散
4829 不安発の古代宗教と感謝・同化の精霊信仰
 
西谷文宏 ( 24 建築設計 ) 01/06/01 PM01 【印刷用へ
「存在不安」は、私権時代の全ての宗教・全ての局面に存在すると私は考えています。キリスト教においても、仏教においても、人々が求めるのは「救済」です。神の御座に祈るのは、魂の救済であり心の安楽であるのは洋の東西を問わず変わりません。これこそ、私権社会の宗教が「存在不安」を抱えている証ではないでしょうか。

その背景にあるのは、自我を基盤に宿した私権社会故の 過剰競争・自我摩擦・搾取等の不条理からの逃避、そして「死」への恐怖と言えるのではないでしょうか。

対照的に、 ケチュア等、ネイティブ・カルチャーに見られる、精霊信仰の発展した「純粋形態としての宗教」において捧げられる祈りは「感謝」と「同一化」です。 いくつか、彼らの言葉を紹介します。

われわれにとって、宗教とは生活様式であり、知であり、理解力である。 自然の力と共に生き、自然と調和して神聖な互恵の関係を結ぶことである。 われわれインディアンは自然の力のすべてを神として崇める。自然の力を恐れているからではない。自然の力を超自然的な存在として見ているからでもない。われわれが自然の力の法則の正しさをよく知り、よく理解してきたからである。われわれは自然の力、その法則に敬意を払い、自然の力がわれわれの生活に恩恵を与えてくれることを深く認識している。 (北米 ケチュア族)

我々の言葉で、「生きる」ことは「呼吸」と同じです。宇宙の全ては呼吸しています。ですから、命を授かった時点から地球のサイクルに入り、宇宙の全てと呼吸を共有しているのです。生命を授かったことに責任を持ち、自らを啓蒙しながら自分の道を歩まねばなりません。それこそが地球を通過している本来の意味なのです。私たちの伝説の中では、命が絶たれたあと、我々は宇宙全体の命を支えている全宇宙的なパワーの一部となるのです。 一個の生が個人的体験を超えて、全宇宙的に広がっていくのです。それは一つの「希望」です。「死」に恐れを感じる必要はないのです。

人間は鳥のように静かに飛び去っていくことができる。地球を通りすぎるだけなのに、なにか記念碑を残してゆくような人は、 それだけ自分に自信がないのです。

なにかを成すために人間は存在していると西欧の人は考えるが、なにも成さないためにいてもいいじゃないか。 人間は宇宙の一部であり、その宇宙そのものが素晴らしい記念碑であり、創造物なのですから。 (以上、南米 クレナック族)

朝起きたら、太陽の光と、おまえの命と、おまえの力とに、感謝することだ。 どうして感謝するのか、その理由がわからないとしたら、それは、おまえ自身の中に、罪がとぐろを巻いている証拠だ。 (北米 ジョーニー族)

このような、彼らの言葉の中に、「存在不安」の影は微塵も感じられません。自らと、全ては同一であることを知り、そこに存在することに、ただただ感謝を捧げるのみ。

現世からの救済を願う、存在不安を抱えた私権社会宗教(キリスト教等)と、万物と同化し、その存在に感謝を捧げるネイティブ・カルチャーの精霊信仰では 雲泥の差があります。 我々は、彼らから多くのことを学ばなければならないと感じます。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_4829

 この記事に対する返信とトラックバック
233957 古代宗教に於ける充足可能性についての仮説 ジャック&ローズ 10/06/30 AM00
227938 『一神教の神』の支配からどう脱するか?(ヤスの備忘録) 火中の栗 10/03/09 PM10
227937 『一神教の神』の正体(ヤスの備忘録) 火中の栗 10/03/09 PM10
217897 本来、人類は充足発だった 澤根和治 09/10/23 AM01
「日本人は闘えるのか?」?〜不安発の古代宗教と感謝・同化の精霊信仰 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/10/19 PM06
192092 理解できなくても感謝はできる 杉山 08/11/13 AM11
166480 万物との同化〜インディアンから学ぶ(1) 是永恒久 07/12/05 AM00
143779 観念機能の獲得は、自然への「感謝」から得られた 塩貝弘一郎 07/01/31 PM01
124027 「自然を100%対象化するとはどういうことなのか」 田原康夫 06/06/27 PM10
109130 自然を身近なものと感じることが必要! 福家菜穂子 06/04/16 PM01
107027 ゾロアスター教における善と悪の二項対立の構造について。 タコ墨。 06/03/09 PM02
103654 精霊信仰にまつわる疑問点(問題提起) 吉国幹雄 06/01/05 PM09
103239 「概念装置」の必要性、「規範」の重要性 山田純子 05/12/27 PM10
103070 3000年で植えつけられた観念を払拭する。 門奈津子 05/12/23 PM03
103019 日本の神道はどうか 鈴木康夫 05/12/22 PM08
101851 万物に同化できた清清しさに学ぶことは多い 新大阪駅 05/12/02 PM01
100880 表層の感謝からどこまで同化できるか 矢野悟 05/11/15 PM02
100786 現代人が感謝するには?@ 匿名希望 05/11/13 PM01
99412 死への寛容を阻んでいるものは何か? 走馬灯 05/10/20 AM03
98624 自然に感謝をみんなでしよう 平松拓也 05/10/06 PM10
98615 感謝する気持ち 司光博 05/10/06 PM08
98159 精霊信仰とは自然との対話にすぎなかったのでは? 大森義也 05/09/29 PM10
98064 「死」は不安が生み出す観念 雪竹恭一 05/09/28 PM10
98058 精霊信仰の民族が死を怖がらないのはなんで? 佐藤晴彦 05/09/28 PM09
98057 死への恐怖=集団における役割喪失・存在不安 匿名希望 05/09/28 PM09
94230 あるがままを受け入れられる社会 石橋創 05/07/10 AM00
94215 いつもある存在を肯定視し一体となる事で可能性が開ける 石川笑美 05/07/09 PM11
94058 本源認識を実現できる時代が到来した ゲン 05/07/07 PM02
93974 現実を肯定視して生き抜く強さ 根木貴大 05/07/05 PM10
93970 ネィティブに学ぶ、感謝という行為のもつ奥深さ 田野健 05/07/05 PM09
91051 周りが全て敵だから感謝できない 野田雄二 05/05/19 PM09
90960 外圧適応態としての集団 中瀬由貴 05/05/18 AM01
90920 現代人の感謝 小林有吾 05/05/17 PM06
私権時代の不安の始まり 「古代メソポタミア・エジプト文明を探る」 05/04/10 PM10
87728 精霊信仰と古代宗教における、「普遍」の意味の違い 藤岡聖子 05/03/21 PM11
86755 根底には不安解消 後藤美奈子 05/03/04 PM02
86382 存在不安という問題 胡麻とOFF 05/02/26 PM09
86342 宗教での感謝と祈願とは 村上祥典 05/02/25 PM11
86204 こころのよりどころ 長谷川文 05/02/23 PM09
85207 外圧を同一化してきた共同体社会 村田頼哉 05/02/05 PM11
84325 自我私権の意識で捉えた「死」 一力広明 05/01/20 PM11
83555 古代宗教が生まれたのは私権統合(身分序列)の確立による 井上宏 05/01/03 PM04
83158 「同化」が人類の原点 沼田竜一 04/12/25 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp