いい女って、何?いい男って、何?
4333
 
岩井裕介 ( 29 再開発プランナー ) 01/05/19 PM11 【印刷用へ
前回の投稿で、女と男が見る世界の「彩り」の本質的な違いに対する肯定感、(男から見た場合の)「女」という全体的存在そのものに対する肯定感(感謝の気持ちのようなもの)が大切であるということを述べましたが、これについてもう少し考えてみました。

例えば、メキシコ先住民のヤキ族では、「子宮の主な機能はドリーミングと智慧を保存することである。出産は第2の機能である。」と伝えられるそうです。
(ドリーミングとは、天地創造や生命活動を引き起こすエネルギーのことのようです。)
<参考:リンク

これはスピリチュアルな領域に属する言い伝えであるわけですが、ドライな社会学的考察や生物学的還元論を超越した、女の役割をめぐる人類の営みの歴史を垣間見るように思われます。端的にいって、女が性の回路を通じて宇宙や生命と繋がっていることに対する敬意です。
また、性や女の霊力を深いまなざしで捉え、敬う土壌は、沖縄をはじめとする日本にも脈々と流れているものと思われます。(ここではシャーマン(巫女)がほとんど女性であったことを想起しています。)


この会議室においても、「男の役割」「女の役割」について様々な方が意見を述べられていますが、正直に申しますと、その多くについて私は少々「乾いた」印象を受けています。
役割を論じる際に、生物学的に「出産」が女性の領域に属することは、皆当然のこととして前提としていますが、その先で意見が分かれることが多いように見受けます。
ひとつは、出産は出産、仕事は仕事というふうに区別して考える立場、あるいは、個人的な自己実現の名の元に両者を比較選択できると考えている立場。もうひとつは、女の特質はすべて出産・育児から派生し、全てここに集約されるという母性神話をとる立場。
いずれにしても「性」というものを極めて狭い「乾いた」領域でしか捉えられていないように感じられます。

女は女であること自体で存在意義があり、そこに愛や婚姻があろうとなかろうと関係ない、ということにもっと自信を持ってよいように思われます。

 
 
  この記事は 4206 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_4333

 この記事に対する返信とトラックバック
本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは?(2) 極限時代の人類の性(前半)> 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/21 PM08

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp