マスコミに支配される社会
42351 「ゲーム脳」
 
tanvool HP ( 会社員 ) 02/10/17 PM10 【印刷用へ
12日(土)の読売新聞の一面に「ゲーム脳」なる言葉を見つけた。どうも、子どもの脳に問題が起こっているらしい。

気になったので、ちょっと調べてみました。

日大の森教授は、アルツハイマーの人の脳波を測定することで脳の研究をしています。脳波の測定器の開発の際の試験で、コンピューターソフト開発者の脳波を計ってみたところ、なんとアルツハイマーの人と同じような波形(β波の値がα波に重なる)になった。最初は機械の故障だと思って、同じ職場で同じ仕事をしている他の人々を計ってみたところ、ことごとく同じ形になったそうです。

「これはひょっとすると、彼らと同様に長時間テレビに向かってゲームをしている人は、みな同じ波形なのではないか、と考えたのです」(森教授)

実際子どもの脳波を計測してみると、幼稚園や小学校低学年のころから週に4〜6回、1日2〜7時間テレビゲームをやっていたという人は、ほぼ例外なくアルツハイマーの人と同じ脳波の特徴を示しました。

人間の脳はおよそ10歳までの間に完成していきます。この大切な期間に毎日何時間もテレビゲームをやっていると、脳回路が単純化されてしまい、その結果、特定の回路だけが強化され、その他の部分の神経回路を使わなくなるように脳が習慣化されてしまうそうです。

「少なくとも18歳までは、テレビゲームをしないほうがいいでしょう。18歳を過ぎれば、自分の意志でテレビゲームをやめられる状態まで脳が発達します。その意味で、子供の脳に対する親の責任は重大なのです」と森教授は言っています。

(参考:「でじ端会議室」リンク より)

実は、「ゲーム脳」のような特定の神経回路は、他にも単純に同じ動作を繰り返す運動で同様にできるようです。ある動きの約束事ができると、『大脳皮質』がネットワークを形成し、そのコピーを大脳基底核にある『線条体』という部位に格納します。そのコピーを使えば、思考に必要な『前頭前野』という部位を使わずに同じことができる状態になる。それが長時間続けば、記憶を扱う部位である『海馬』を使わない状態になるわけです。単純な動作を繰り返し行うときはそれが有利になるのですが、複雑な思考や判断を必要とすることにはお手上げ状態になります。

しかし「ゲーム脳」、どうも怖いですね。

脳の発達にはさまざまな種類の刺激が必要なのであって、それはTVゲームのようなものでは代替できないということだと思います。やはり子どもは外(できれば自然の中)で仲間と遊ぶのが一番なのではないでしょうか。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_42351

 この記事に対する返信とトラックバック
97734 収束不全⇒解脱欠乏を利用したテレビの麻薬性 冨田彰男 05/09/22 PM10
48927 ゲームも面白くない理由 川崎晶子 03/02/01 PM10
47047 テレビは思考の代わりをしているかも? 綾木順子 03/01/04 PM09
42774 ゲームだけでなくテレビ(CM)も 末永歩 02/10/24 AM02
42756 ゲーム脳の本について 井川民夫 02/10/24 AM00
42399 頭を全方位的に使う るぎあ 02/10/18 PM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp