近代科学を切開する
4090 近代科学について
 
本田真吾 HP ( 44 建築家 ) 01/05/14 AM02 【印刷用へ
はじめて投稿させていただきます。3986 『近代科学と知の体系、再考』の問題意識に基本的に賛同いたします 。だた、多少意図が不鮮明に感じた部分があリますので、その点について少し考えてみました。

>現在(近代以来)のパラダイムの上で「科学的である」ということは、大きな偏りを含んでいると思っています。誤解されると困るのでお断りしておきますが、近代科学の成果を全面的に否定するわけではありません。重要な部分を切り捨てた、一面的で不完全な認識体系だと考えているわけです。

>ところが私たちは、「科学的に証明された」ということに対して、ある種の絶対性を感じてしまうようです(科学を過信しているとでも言いましょうか)。近代科学の手法である程度明らかにできるのは、現象のごく一面に過ぎません。その切り取られた一部のみで成り立つことを一般法則としてしまうことによって判断を誤ることは、往々にしてあり得ることです。「科学的」=「正しい」という図式を、無意識に盲信しているというのは問題でしょう。

前段で、近代科学は『重要な部分を切り捨てている。』『一面的で不完全である。』という2つの問題提起がなされ、後段で、そのような状況下では『近代科学的方法』を盲信するのは危険である、のように取れます。そこで、近代科学の特性と成立過程はどうだったのか、それ以前の科学(的認識)はどうであったのかが解れば問題点がもう少し鮮明になりそうです。

まず、今日の自然科学的知識に相当するものはギリシャ時代から存在し、その確実性や根拠の究明は哲学の重要な任務の一つでした。つまり、哲学は科学哲学的問題意識を含んで成立していたと言うことになります。このことは、哲学が人間や社会を対象としているため、大きくは哲学に包含される当時の科学的認識も人間や社会を対象にしていた、と言うことだと思います。

次に、『科学者』という言葉は1840年代にw.ヒューエルよって造語されましたが、科学が今日見られるような『個別諸科学』に専門分化し、さらに科学研究が専門的職業として成立するするのは、19世紀半ばの『科学の制度化』以降です。この頃、科学と哲学は明確に分離されることになり、科学研究活動を対象とする哲学的考察という新しいジャンルの『科学哲学』が誕生しました。これは、近代科学はそれ単独で社会を対象化することが出来ず、哲学の力をかりて社会に中での位置を確認するしかなかったという風にも考えられそうです。

それから、本格的な科学の制度化は20世紀になってからです。技術革新が市場経済の制覇力の大きな柱になるにつれて、国家は科学を国家的事業として取り込むようになります。このとき科学はほぼ全面的に体制化され(=科学者は国家から身分保障を受けるようになり)、近代科学の制度的基盤が確立しました。
 
 
  この記事は 3986 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_4090

 この記事に対する返信とトラックバック
314226 和時計にみる江戸時代の技術力の凄さ 匿名希望SY 16/04/17 AM00
114527 哲学者って昔から・・・変らないのでは? 匿名希望 06/05/18 PM10
114421 近代科学は市場の下部 雪竹恭一 06/05/18 PM07
109503 科学のUターン 高井春香 06/04/22 PM08
109358 なんで、「科学」と「哲学」は分かれたの? 西田美和 06/04/20 PM08
科学って何? 「なんで屋@奈良」 06/04/10 PM10
100905 近代科学に代表される一面的思考が出発点 布田貴士 05/11/15 PM10
95058 自然超越の過信が環境破壊を生む 今井勝行 05/07/24 PM09
95015 研究者達の気づき 岸良造 05/07/23 PM11
86275 人や社会を科学する(知る)ことができなかったのは、何で? 阿部和雄 05/02/24 PM11
85215 知的好奇心(自分)からみんな不全(みんな)へ 村田頼哉 05/02/06 AM00
83990 科学(技術)発達の原動力 吉国幹雄 05/01/14 PM02
83347 近代科学の成立過程 廣重圭一 04/12/29 PM07
83337 子供の科学離れが進んでいるのも 谷崎俊文 04/12/29 PM04
83097 科学・認識・市場 あずみ 04/12/24 PM01
82931 本来的な科学認識への再帰 匿名希望 04/12/21 PM07
82425 科学のパラダイム転換 野田晋一郎 04/12/12 AM01
82415 「経済のための科学」はおかしい 岩井裕介 04/12/12 AM00
4208 近代科学におけるキリスト教の影響1>本田さん 蘆原健吾 01/05/17 AM01
4093 近代科学について2 本田真吾 01/05/14 AM02

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp