いい女って、何? いい男って、何?
3836 美しい人
 
藤本愛弓 ( 21 学生 ) 01/05/02 PM03 【印刷用へ
 女にとっての一番の誉め言葉、それが「美しい人」。道を歩いていてどんな男をも振り返らせるいい女は大勢いる。
しかし男が心から求める、内なる美しさを放つ女性は殆どいないのではないだろうか。数少ない美しい女性の一人、私の祖母について話そうと思う。
 祖母はとても質素で堅実で物静かな女だった。朝から晩まで家事と育児に追われ、一人で五人の子どもを育て上げたという。一方祖父は一切の家事・育児には手を出さず、寺の住職として家庭を守った。しかし祖父は異常なまでの関白主義者で祖母はいつも祖父に歯向かう事無くひっそりと泣いていたそうだ。祖父は生まれて一度も米を研いだ事が無く、祖母をいつも泣かせ、愛情の欠片も無かったそうだ。子ども達(私の母兄弟)は祖父に憎しみを抱いた事もあったそうだ。
時が過ぎ、子ども達が祖父母の手を離れても祖母は気難しい祖父に何一つ不満を漏らす事無く尽くしたそうだ。それは私が小学四年生の頃まで変わる事は無かった。しかし、ある日祖母が倒れて病院に運ばれた。その時診断された病気がアルツハイマーだった。初期症状は軽かったが日々進行し、私が中学生の時には、すでに私という存在を忘れてしまっていた。
その頃から祖母は常に祖父の姿を探し、見えなくなると家中を、外へまでも探し回った。だから祖父は祖母の手をずっと引いて歩いた。昔は祖父の後ろを歩き、手もつないだ事の無い祖母の手を、しっかりつないで歩いた・・・。そして米すら炊けなかった祖父は、祖母のために料理を作るようになった。
そして二年前、大雨の日だった。祖母は幸せそうな顔をして祖父の腕の中で亡くなった。十年という長い時間、アルツハイマーと戦い、そして誰の事も忘れてしまった祖母。でも最後まで祖父を忘れる事は無かった。祖父は決して泣かなかった。祖母の死をいとしそうに見つめて言った。
「ばあさんは良く出来た妻じゃったけえ・・・」
 私は男女の役割を祖父母を通して見た。あまりに理想的で男女異権論の筋の通った事実を目の当たりにした気分だった。
祖母が元気だった頃、辛い事ばかりだったかもしれない。でも、祖母は祖父を愛していたからこそどんな事でも乗り越え、そして最後まで祖父を忘れなかったのだと思う。祖父も日に日に赤ん坊のようになっていく祖母から目を背く事は無かった。
祖母が他界してからも、祖母の話をする時は、まるで祖母が側に居るかのように、祖父は愛しい目をしていた。私はその時、祖父の祖母への大きな愛を感じたのだ。
自らの命が絶えて尚、夫を愛し、夫を尽くし、そして夫から愛される・・・。これが理想的な「美しい人」ではないだろうか。
 私にこんな理想的な女の役割を果たす事が出来るだろうか?正直に言って難しいだろう。何故なら私は完璧なまでに人を愛し、愛される自信が無いからだ。でも、祖母が私に愛をもらうよりも、与える事の素晴らしさを教えてくれた。
祖母は私の目標の人である。今は手が届かなくとも、これからの人生の階段を一歩ずつ、確実に昇って行きたい。
そしていつか、心から人を愛したい。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_3836

 この記事に対する返信とトラックバック
「美しい人」*:・° 「女の職場話」 11/03/28 PM03
本格追求シリーズ1 人類の”性”の本質を探る<人類にとって性とは?(2) 極限時代の人類の性(前半)> 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/21 PM08
136268 充足している女性が美しい! 森羅万象 06/11/02 PM09
年を重ねるほどキレイになる?! 「イマドキの男女事情!?」 06/10/30 PM05

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp