心の本体=共認機能の形成過程
365977 「0歳児」の育て方、ここに注意
 
匿名希望 21/04/07 AM10
リンク より引用しています。

***
◆「人の表情を読む能力」発達のピークは「生後6カ月」
元気に生まれてきた赤ちゃんの顔を見て、無事に生まれてきたことにホッとしたと同時に「子どもが健やかに育つためには何が必要か」「子どもの幸せのために何ができるのか」という不安や心配な気持ちも、どんどん大きくなっていきますよね。
それに、0歳児の赤ちゃんだと、まだ言葉を話せない時期なので、自分のしたことが、思ったとおりに赤ちゃんに伝わっているのか確認ができないことも多いと思います。
しかし、この時期の赤ちゃんは、まわりの人の表情を読む能力が発達していて、生後6カ月頃、視覚能力は最も高いと考えられています。また、生後6カ月頃からは「随意的な模倣」が始まります。つまり、相手の行動や表情から「その人の心を知る能力」を獲得していくのです。
その後は、生後9カ月頃から親が赤ちゃんを模倣する、すなわち「模倣されること」の認識が始まります。
このように、この時期に赤ちゃんとどう過ごすかで、赤ちゃんに「他人の表情を見分ける能力」がきちんと育つかどうかにも、大きくかかわってくる可能性もあるのです。
では、「0歳児の育て方」として、どのようなことにとくに気をつければいいのか。さまざまな注意点がありますが、その中からいくつか紹介しましょう。

【1】赤ちゃんを「放置」せず、できるだけそばに
生後間もない赤ちゃんでも「親がそばにいるか、いないか」を感じています。生後9週の赤ちゃんと親を5分間別々の部屋にいてもらったところ、赤ちゃんの額の温度が1℃近く下がったというデータがあります(小林登「赤ちゃんの心をサーモグラフィで測る―母子分離による顔面皮膚温度の変化と愛着」『周産期医学』第26巻、1号)。
また、親ではない人と5分間同じ部屋にいてもらった場合でも同じような状態になったのですが、親がそばにいる状態だと、親ではない人が同じ部屋にいても額の温度に変化は出なかったのです。
額の温度が下がったというのは、血管の収縮か血流の低下を意味しており、赤ちゃんが緊張状態になったことを示しています。つまり、「親がいない=放置された」ことに対して、本能的に恐怖心が生じたと思われます。
このように、赤ちゃんは5分間親と離れただけでも緊張や恐怖を感じています。共働きでずっとそばにいられない方々も多いと思いますが、時間が許される限り、赤ちゃんのそばにいることを心がけてみましょう。

【2】赤ちゃんとの「スキンシップ」はとても大切
さまざまな研究から、「こっちを見て」と注意喚起して泣く赤ちゃんを放置することで赤ちゃんに強いストレスがもたらされること、また「スキンシップ」が重要であることが証明されています。
一昔前は「抱きぐせがつくから、抱っこはしすぎないほうがいい」ということも言われ、この「抱きぐせ」という言葉に振り回された人も少なくないと思います。
しかし、最近では、母親と子どもを引き離す手段として使われたと思われる「抱きぐせ」という言葉は使われなくなっているのです。
新生児に触覚刺激を与えると、刺激を受けた脳領域だけでなく周辺の脳領域なども活性化するということが、京都大学・明和政子先生らの研究でも明らかになっています。
さらに、赤ちゃんの体を触るタッチケアによって、「発育がよくなる」「入眠までの時間が短縮する」「赤ちゃんのストレスホルモンが減少する」などの報告もあります。
ラットの実験においては、「穏やかで面倒見がよい親ラット」のもとで育った子ラットは、遺伝子の「メチル基」の多くがとれて遺伝子が活性化され、成長すると自身も穏やかで思いやりのあるラットになりました。
しかし、「養育に消極的な親ラット」のもとで放置されて育った子ラットは、遺伝子にさらに「メチル基」がついて遺伝子が活性化されず、神経質で冷淡なラットになることが知られていました。
つい最近、人間でも同じようなことが証明され、生後5週目のときに「親と接触の多かった子ども」と「少なかった子ども」を、4歳6カ月時に遺伝子のメチル化の状態を調べたところ、同じような差が見られたのです。
赤ちゃんにとっての触覚刺激は、成人と比べられないほど大きな効果があります。赤ちゃんとの「スキンシップ」をできるだけ多くとることは、とても大切です。

【3】「授乳時」も、赤ちゃんの顔を見ながら
日本小児科医会の報告によると、約7割の母親がスマホやテレビを観ながら授乳をしているそうです。ついついやってしまいがちなのですが、じつはこの状態の授乳では、授乳する母親側に十分なオキシトシンが出ない可能性があるのです。
「信頼のホルモン」と呼ばれる神経伝達物質「オキシトシン」は赤ちゃんとの関係性を深めるのにとても大切です。そして、関係性が深まり、赤ちゃんを護ろうとする思いが、赤ちゃんの脳の発達にも重要です。
この時期の赤ちゃんは、「新生児模倣」と呼ばれる「親の表情のマネをする」ようになるのですが、この何気ない「親の表情のマネ」も親が赤ちゃんを大切に思い、護ろうとする意欲を高めます。
授乳するときは、赤ちゃんの目を見てやさしく語りかけながら授乳するようにしましょう。どう語りかけたらいいかわからないときは、わらべ歌などで歌いかけることでもいいと思います。

***
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_365977

 この記事に対する返信とトラックバック
パンデミック中に生まれた子どもたちの IQ が認知障害のレベルにまで低下 「地球と気象・地震を考える」 21/08/20 PM08
自発的に行動する子供を育てるコツは?指示待ち人間にさせないように 「感謝の心を育むには」 21/04/11 PM05

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp