未知なる回路:気・霊感・予知
359295 水分を介して受発信するテラヘルツ波が、人の雰囲気(活力度)を伝搬させる正体ではないか
 
時田 弘 ( 33 会社員 ) 20/08/15 PM08 【印刷用へ
自然や生命体は主に体内〜空気中の「水分子」を介して、テラヘルツの電磁波を受信し発信する。
その人の意識や健康状態によって発するテラヘルツも異なるはずである。
これが、迫力・存在感のある人、部屋に入った時に肌で感じるピリピリした空気、盛り上がって熱量のある場。一人ひとり〜場の雰囲気にいたるまで、よく「オーラ」「第六感」の正体ではないか。

思想家ハラミッタの面白ブログ
リンク
より引用です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
テラヘルツ波による神秘の世界の解明 
 〜すべては光でできている〜
 人間は何十兆個もの細胞が集まってできています。その細胞一つをさらに分析していくと、最終的に「酸素」と「炭素」と「水素」と「窒素」と「ミネラル」になります。つまり人間は空気と水とミネラル(土)でできていると言えます。空気と水とミネラルでできているということが自然界のテラヘルツ波との深い相関関係をもたらし、そして様々な現象が引き起こされています。
 さらに細かく分析すると原子から素粒子の世界になります。この物質を構成している原子の原子核も、その中の中性子も陽子も集合体です。このエネルギーの集合体が物質の形をなして、炭素や酸素というようなあらゆる原子をつくっています。それらが、例えば蛋白質になるとき、炭素や酸素などがお互いに分子間引力(原子間引力ともいう)で繋がって振動しています。よって、世の中に振動していない物質はないと言えます。そして、振動するということは、波動が発生するということです。つまり、「光」が発生します。
 これが、「自然界のすべての物質は光を発している」「光でできている」という所以です。最終的には光というエネルギーが濃縮していると考えても良いでしょう。
 私達の体も光を発しています。可視光線ではないため見えていないだけなのです。そしてそれは、個々の持つDNAの振動の違いによって、それぞれ異なった光を発していて個人特有のものです。まさに、十人十色です。テラヘルツ波で写真に撮ると、私達の体はすさまじく光を放っています。これが「オーラ」と呼ばれているものです。
 オーラも電磁波の一種です。ロシアのキルリアン写真も電磁波の世界です。実体のエネルギーがあるので写真に感光します。
 このように、あらゆる物が原子の振動による光でできています。人間も振動している塊、光の塊です。地球上あるいは宇宙すべての物質は同じもの「光」からできています。そういう世界に私達はいるのです。

 〜人間の意識が物質に影響する〜 
 金を単原子にし、その動きを電子顕微鏡を用いて写真撮影したところ、ある女性が撮るときだけ綺麗に写るという現象が起こりました。そこで、「金の原子が撮影する人のどのようなところに反応しているのか」について論文で発表したそうです。いらいらしているときなど、感情が乱れていると金の原子は綺麗に写らないということがわかりました。
 つまり、微小の世界に入っていくと、人間の意識が影響を及ぼし、反応してしまうということです。人間が発しているある種のエネルギーが、すべての物質に影響を与えているということです。
 自然界のすべての生命や物質は、互いに共通する生命光線「テラヘルツ波」を放射して影響し合い、情報交換し合い、調和しながら共存していることがわかります。まさに、自然界の無限の愛と調和と知恵が奏でる「生命の神秘」です。

テラヘルツ波と人体 
 自然界や宇宙に存在するすべての生命や物質は、テラヘルツ波という生命光線を放射しています。その中でも、人体が一番多く放射しており、特に赤ちゃんの放射量と平均放射率は最も高く、年齢と共に生命力が衰えてくると、平均放射率が低下していきます。内臓器官が弱っていたり、体温が低下した身体も平均放射量が低下します。その理由は、人体を構成している有機高分子構造が乱れ、格子振動の振幅や振動数が低下するためと考えられます。つまり、生命活動の活発さは、テラヘルツ波の放射量や平均放射率で表現することができます。

テラヘルツによる物質変性加工 
 自然の鉱石や無機物をそのまま混入または塗布しても、テラヘルツ波の働きは少ないため、高温加熱、繰り返し圧縮、電磁波処理することで、その物質の分子や原子の結晶構造がテラヘルツ結晶構造に整列し振動を始めます。その物質のテラヘルツ波放射量、放射率ともに大きく増加します。これを、テラヘルツによる物質変性加工といいます。加工された物質は変性した結晶構造が安定して、高効率なテラヘルツ波を放射することが確認されています。
 生命や細胞にテラヘルツ波を照射すると、体内酵素やDNA、その他、細胞を構成する有機高分子の振動を活発にして自然治癒力や免疫機能の向上につながると言われています。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_359295

 この記事に対する返信とトラックバック
361610 水は、テラヘルツ波の光エネルギーを、細胞が取り込みやすい超高振動音波エネルギーに変える 本田真吾 20/11/08 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp