るいネットを応援する
355948 【メルマガるい912】 医療崩壊は起こらない!? [2020.04.21]
 
るいネット編集部 20/04/22 AM09 【印刷用へ
*:・°★, 。・:*:・ °☆・: *:・°★,。,*:・°★, 。・:*:・ °
■□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ メルマガるい NO.912[2020.04.21]
■□ ◆◇ 医療崩壊は起こらない!? ◆◇
■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 こんにちは。国や自治体からの外出自粛の呼びかけが続きますが、
 閉鎖空間に居続けることは、免疫力の低下に繋がる恐れがあります。
 感染拡大を防ぐために本当にやるべき事は何なのでしょうか。
 リンク

--------------------------------------------------------------

■□■ 1.今週の注目投稿 ■□■

 医療崩壊が騒がれていますが、実際の医療現場のほとんどは、コロ
 ナウィルスの可能性がある方はお断り。加えて、対応できる薬やワ
 クチンがなければ医師はお手上げ状態です。そんな状況で、本当に
 医療崩壊が起こるのでしょうか。

 「コロナ患者であふれかえっています!」と報道される世界中の病
 院に行ったら、どこもガラガラだった?
 リンク

 コロナパンデミックはでっち上げ。少しずつ明らかになる偽パンデ
 ミック情報
 リンク

 「NYは911に匹敵する惨状」で「病院は地獄絵のよう」って本当!?
 リンク

--------------------------------------------------------------

 ■□■ 2.今週の事実報道 ■□■

 ★ ピックアップ記事 ★

 (1)新型コロナでもトリックに使用 数字のウソ(1面)
 健康診断の正常値、視聴率、偏差値など日常に溢れる数字。新型コ
 ロナでは連日「致死率」の高さが報道されますが、「感染者」が分
 母となっています。検査対象の範囲も各国バラバラで比較になりま
 せん。つまり、どうにでも操作できます。本来、疾病の危険性を測
 る指標は、分母を人口とした「死亡率」です。死亡率は、インフル
 エンザは年平均0.01%、新型コロナは今の10倍高まったとしてもそ
 の1/5です。あえて「致死率」を使う意図は何でしょうか?数字ほ
 ど疑わしいものはないでしょう。

 (2)「信じられるパン」をつくる製パン会社(2面)
 生産者の味や安全への想いを知ることで、私達の健康を守れるので
 はないでしょうか?

 (3)「褒める教育」根拠はあるか?(4面)
 「褒める」行為は動物に芸を仕込むのと同じです。
 人類の進化史の存在する「相手と喜びや嬉しさを分かち合う」とい
 う根本に立ち返ってみてみませんか?

 リンク

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
 過去のバックナンバーは、以下のページにて閲覧できます。
 リンク

 お友達にるいネットメールマガジンをご紹介ください☆
 リンク

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_355948

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp