経済破局は来るのか?
354126 コロナ騒ぎの仕掛け人は、中国とロスチャ。狙いは、アメリカ経済の崩壊
 
縄文男児 ( 70代 編集 ) 20/02/28 PM08 【印刷用へ
 アメリカのインフルエンザの感染者数と死亡者数は通常のインフルエンザの10倍以上。それに対して、コロナウイルスの感染者数と死亡者数は1/10以下。にもかかわらず、アメリカのインフルエンザは全く報道されず、コロナウイルスだけが連日連夜、世界中で報道され続けている。
 また、中国は都合の悪い情報は決して表に出さない国ですが、今回だけは重症患者だけの致死率を発表したり、大都市を封鎖したりして、お上が先頭を切ってコロナウイルスの危険性をアピールし続けています。この段階で「おかしい」「何か裏がある」と気づく必要があります。

 まず、今回の過去最大規模の世界中での報道から見えてくるのは、中国とロスチャが手を組んで一連のコロナ騒動を仕掛けているという構図です。では、彼らの狙いは何なのでしょうか?
それは、アメリカ経済の崩壊です。現に、2週間前から金価格は急上昇を始め、1週間前から株式の大暴落が始まっています。今回の株式暴落の直接の仕掛け人がロスチャだとすれば、間違いなく世界大恐慌に行きつくものと思われます。
 とすれば、異常に感染者数と死亡者数の多いアメリカのインフルエンザは、事前に中国がばら撒いたものと思われます。従って、株価が暴落中の3月〜4月にかけて、より致死率の高い強力なウイルスがばら撒かれる可能性も十分に考えられます。
 株価が大暴落し、かつ欠勤者が2〜3割に達すれば、アメリカ経済は深刻な打撃を受け、日用品などは中国から輸入するしかなくなります。また、そうなると、ドルと米国債が暴落するのは必至です。
 (これまで、コロナを無視してきた安倍一派が今回、小中高の一斉休校に踏み切ったということは、彼らがアメリカを見捨てて、中国とロスチャ勢力に乗り換えたということです。)

 中国とロスチャは、大暴落もインフルエンザの蔓延も、全てトランプの責任という形で報道するに違いありません。これによって、トランプ再選の可能性は完全に消えるでしょう。代わって、社会主義者のサンダースが大統領になる可能性が高いと思われます。中国とロスチャの仕掛けによるサンダースの大統領就任は象徴であって、そのようにして彼らはアメリカの政治家を次々と抱き込んでいくはずです。
つまり、アメリカの経済破壊の先に彼らが目指しているのは、アメリカを支配してしまうことです。すでにサンダースは「金持ちから税をとる」と公言していますが、中国が絡んでいるとすれば、彼らはアメリカの軍需産業の空洞化に着手するはずです。これによって、アメリカは完全に没落していきます。

 しかし、大きな疑問が残ります。ロスチャが中国と手を組んでアメリカ支配に動く理由は何なのか?
それは、マイナス金利にまで行きついた中央銀行の行き詰まりや、目前に迫ったドイツ銀行の破綻など、もはやロスチャは中央銀行支配を断念するしかないところまで追いつめられているからです。つまり、中央銀行支配を断念して、今後はヨーロッパとアメリカの産業(大企業)を支配することによって生き延びるしかないと、判断したものと思われます。

 我々に突き付けられている当面の課題は、世界大恐慌にどう対応するかという課題です。
 
 
  この記事は 354067 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_354126

 この記事に対する返信とトラックバック
【実現塾】〜もっと本能を解放しよう 「これからは探求の時代」 20/09/22 AM00
358505 ★習近平とプーチン、アメリカ幕府打倒を誓う 森羅万象 20/07/17 PM08
世界支配の構造:奥の院VSロスチャイルドの旧・新金貸しの闘い 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 20/07/15 AM09
コロナ騒ぎの仕掛け人は、中国とロスチャ。狙いは、アメリカ経済の崩壊 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 20/07/14 PM09
355189 人類と感染症、闘いと共存の歴史1 コロナとの戦い方は感染症の歴史をみれば見えてくる 立石裕美 20/03/31 PM08
354870 経済のの先行きは3月に入って一夜にして暗転、コロナ騒動の深部をみなで共有していきたい。 持国天 20/03/22 PM09
国家紙幣導入による通貨暴落を防ぐにはどうするか。 「日本を守るのに右も左もない」 20/03/18 PM09
354470 ロシア、サウジ、アメリカ(シェール)の価格競争耐久力ではアメリカ(シェール)が完全に負けて潰れる 花山薫 20/03/13 AM00
354461 アメリカの巨大バブル崩壊局面へ 蔵端敏博 20/03/12 PM09
354416 日本の終わりは近いかもしれない K.F 20/03/10 PM09
354415 ライフルや銃弾が売り切れるアメリカ。崩壊の序章か? 洞口海人 20/03/10 PM09
354358 コロナ後の社会、生き方を問う 宮田一郎 20/03/08 PM07
354303 米スーパーチューズデイでサンダース苦戦 匿名希望 20/03/06 PM03
354249 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジンの紹介⇒<新型コロナウイルス計画>国家デフォルトが画策されている? 森羅万象 20/03/04 PM05
354233 サンダース大統領の可能性→米金融崩壊への仕掛けが進みつつある 匿名希望 20/03/03 PM10
354232 新型コロナを巡る、中国とアメリカの攻防が本格化する 匿名希望 20/03/03 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp