西欧科学は狂っている
350714 20代男子60人中58人が奇形精子保有者!その原因とは?
 
孫市 ( 43 会社員 ) 19/11/01 PM11 【印刷用へ
アイリス あいりす より転載です
リンク

-----------------------------------------
20代男子60人中58人が奇形精子保有者!その原因とは?

■いま若者の精子が危ない! 

21歳の男子と言えば、その行動基準の根底には女性に対する想いが大きな領域を占めている年頃、と言ってほぼ間違いないでしょう。

しかしこの精力モリモリ世代の男子の精子が今まさに危ない!という状況なのです。

精神科医・銀谷翠先生によると、不妊学会発表のデーターで『大阪府在住、平均年齢21歳の男子大学生60人中、正常精子保有者が2名、残りの58人の精子が、双頭精子、尾が折れ曲がった精子、巨大精子set..などの「奇形精子」だった』と発表されています。<You Tube第11回 添加物が生む害について考えよう【CGS 銀谷翠】より>

原因調査をしたところ、奇形精子保有者58名中48名がカップ麺やハンバーガーを常食としていたという「食生活の偏り」に行き着いたそうです。

ではカップ麺やハンバーガーの何が良くないのか?

abafad286ae54ab3a12c313b70d9c42f
出典: リンク


■添加物は無害なのか?

それはズバリ!添加物です。

食品の保存や運搬などには無くてはならぬ添加物。

しかし、この添加物は本当に安全なのでしょうか?

様々な国が認定している添加物の数を見てみましょう。

アメリカ:133品

ドイツ : 64品

フランス: 32品

イギリス: 21品

そして日本はなんと1000品前後、まさにザル状態!なのです。

安全を信じて、何の疑問も持たずに食べていていいのでしょうか?


■忍び寄る環境ホルモンの影響

自然界にも目を向けてみましょう。

環境ホルモンの影響は、メスは雄化、妊娠維持困難、 生殖可能年齢の短縮、流産などとの関連が疑われ、オスでは精巣萎縮、精子減少、性行動の異常などとの関わりが疑われています。

メスの雄化=オヤジギャルの出現!

精子減少・精巣萎縮=草食系男子の出現!

環境ホルモンを始め食品添加物や文明社会が生み出す、私達の生活を快適に支えてくれている身の回りの物資達、これらが私達の精子を危機にさらしているのです。

身の回りに溢れる環境ホルモンや食品添加物の影響は、一見何の害もないように思えるのですが、知らぬ間に我々の生殖機能を蝕んでいるのです。

いま、精子が危ない! Save the Seishi!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆ 日本の食品添加物の多いことは、かなり以前から言われていました。

子供たちが小学生の高学年までは、私も食事の材料にはかなり気をつけていましたが。

中学生ともなると、社会へでて友人と食事をしたり、買い食いなどしますから。仕方なくそのまま放置してしまいましたが。

やはり、私の考えは間違っていなかったと、つくづく思います。しかも思っているだけではだめでしたね。世の中は全く変わる気配もなく、今日に至っていますから。

 

世の中を変えるためには、真実を広めることがまず大切だと思いました。
-----------------------------------------
(転載おわり)
 
 
  この記事は 349666 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_350714

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp