西洋医療と東洋医療
345845 老骨に鞭打ち民族派の気骨と心根で政界を再編したマハティール首相、健康の秘訣は漢方の処方と云う
 
持国天 ( 古希 ) 19/05/12 PM10 【印刷用へ
・マレーシアのマハティール氏は、医学校出の開業医から政界に転出し、1981年から22年間マレーシアの首相を担った。それから18年を経て、中国外資の侵攻で借金塗れの財政再建と汚職蔓延の政界浄化を期し、新党を立ち上げて再度の政界登場となった。老骨に鞭打って、92歳で国家の表舞台に立たざるを得なかった愛国の情は賞賛に値する。

・民族派としての気迫と心根が、精悍な健康の根源であることはいうまでも無い。世人に体の健康の秘訣は如何とたずねられ、西欧医学を学んだ彼は漢方の処方だと答えた。天下を統一した徳川家康も晩年は漢方に精通した。小田原城で晩年を健康に過ごしたが、矜持を保ち漢方に精通して、自らを律した生き様に共感を覚える。

・自分病のありもしない不全を抱えて脳を痛める、人口物質やジャンク食紛いの食生活で臓器を痛める、そして西洋医学を学んだ医者の処方で命を縮める、これが現代の病だ。医療保険と社会保障費も財政破綻の一因だが、過半が自我病でしかない。国家財政の破綻に占める自我病と医療界の責任は大きい。
体に負荷をかけ過ぎたときには、漢方の処方と鍼灸の施術を大切にし、暗記脳から処方される西洋医などは当てにしないほうが得策だ。
 
 
  この記事は 339743 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_345845

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp