世界各国の状況
343032 NHKスペシャル「アメリカVS中国・未来の覇権争いが始まった」を観て
 
山澤貴志 ( 53 ITコンサル ) 19/02/02 PM08 【印刷用へ
リンク を観ての気付きを述べたい。

1. 中国はアメリカとの先端技術における覇権闘争に本気で取り組んでいる。それが習近平国家主席のもと推進されている「中国製造2025」であり、その先兵が「海亀」。海外への留学や海外企業に就職して先端技術をアメリカから中国に持ち帰る中国人エンジニアたちに付けられた名前だ。

2. もちろん、産業スパイ行為を働いて捕まった中国人も多数だが、知的財産権に抵触しない範囲であっても、グーグルやテスラといったアメリカ先端企業に就職して得た経験は、彼ら「海亀」の血肉となり最終的に中国へと還元されていく。そして中国に戻った「海亀」たちは政府の資金援助の下、どんどんベンチャー企業を立ち上げ、優れた技術には惜しみない投資が注がれる。中国が先端技術に投資するのは、それが軍事と直結しているからだ。実際、ファーウェイにしろ、アリババにしろ、中国の人民解放軍とのパイプは太い。しかも中国マネーの投資先は中国人に限らない。アメリカ人のベンチャーに対してもアメリカのベンチャーキャピタル以上の投資を行い、最終的には優秀な人材は、中国での事業拡大を薦める。

3. 対して、アメリカのベンチャーは優位な資金援助があれば、中国への移住を厭わない。それどころか国家への忠誠心が希薄で、グローバリズムに否定的でないアメリカのITベンチャーたちは、中国への技術漏洩に警告を鳴らすアメリカの諜報機関や軍部の助言に耳を傾けようともしない。(ちなみにこうした傾向は、日本における経済界の動きとも重なる。トヨタetcの産業界は、技術漏洩のリスク、反日教育による暴動リスク、役人たちによる贈収賄リスクがあっても、中国の巨大な消費市場への参入という誘惑に負け、親中的判断を優先していく。)


4. 先端技術競争が影響を与え始めているのは軍事競争だけではない。先端の金融IT技術、ブロックチェーン技術によって、中国は銀行を介さない決済を世界に広めつつある。そしてこの中国の最新金融システムを歓迎しているのが、中国からヨーロッパへと連なる一帯一路戦略の鍵を握る中央アジアの国々だ。特に産油国のカザフスタンは石油支配=ドル支配による価格変動に左右されない決済方式を模索しており、中国が提案するブロックチェーン技術による決済に前向きだ。番組に登場する石油開発業者によると、ポーランドの大統領も「この決済を支援したいと言っている」らしい。

5. こうした先端技術流出に危機感を抱いたアメリカの国家主義者たちが、仕掛けたのが知的財産権訴訟であったり、ファーウェイ事件であり、そのための口実がイランや北朝鮮への経済制裁であろう。が、グローバリストとナショナリストの構造的な対立を抱えるアメリカに対して、中国は、IT技術が民間技術、軍事技術、金融技術の鍵を握ると考え、国家主導で、「海亀」を育て「ベンチャー企業」を育てている。加えて妥当アメリカ支配という旗印の下、周辺国を味方につけつつある。結果、民間技術、軍事技術、金融技術のいずれにおいても、アメリカを凌駕しつつある。

6. 「モノマネ」と揶揄されてきた中国だが、それはかつて、自動車産業の基礎をアメリカに学び、主導権を奪っていった日本にも言えることだ。問題は「モノマネは是か非か」などという次元にはなく、最終的にどちらがより優れたものを提供できるかだ。実際、市場経済においても後発企業が先行する本家企業を追い抜いていった事例はたくさんある(Exアップル社とマイクロソフト社)。民主国家=アメリカが忌み嫌う一党独裁国家=中国だが、世論の分断が続く限り、アメリカに勝ち目はないのではないだろうか。もちろん、中国が切り開く未来がバラ色だとはとても思えないのだが。
 
 
  この記事は 342174 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_343032

 この記事に対する返信とトラックバック
343899 欧米の植民地支配と大企業支配が、中国・ロシアの国家主義に敗れえる時代へ 村上祥典 19/03/07 PM08

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp