脳回路と駆動物質
341645 動物が認識できる色(色覚)は?
 
滝尾莉恵 ( 29 会社員 ) 18/12/15 AM02 【印刷用へ
五感の中でも最後に身に付いた能力と考えられる「視覚」。
動物の進化とともに考えてみます

Amaru.me-動物図鑑 動物が認識できる色(色覚)は?
リンク

動物が認識できる色、つまり色覚は人間とは違うという話を耳にしたことがあるでしょうか。 例えば犬は人間と比べて色を認識できないので「赤い布を持ってこい」といったコマンドは上手くできないとはよく聞く話です。

人間と他の動物の色覚は違います。 生物は進化の過程で繁栄に都合の良い能力は向上し、そうでもない能力はなくなっていきます。 つまり人間と他の動物の色覚が違うのは、繁栄するのに必要な色覚が違ったからです。

各動物の色覚がどうなっているのかを、進化の過程と照らし合わせつつ見てみましょう。

色とは?

我々人間が認識しているところの色とは、物体に当たって跳ね返った光のパターンです。 光には赤・青・緑の三色の可視光線があり、この三光線が物体に当たってどのように跳ね返ったかで色が決まります。

「人間はもっと沢山の色を認識できる」と思うかもしれませんが、実は我々が認識している全ての色は赤・青・緑の三色の組み合わせでしかありません。 この三色があれば100万色を表現することが可能であり、絵具などでも赤・青・緑の三色さえあれば混ぜて色を作ることができます。

それではなぜ三種の光を色のある可視光線として人間の目が認識できるようになっているのかと言うと、これは人間の目がそう出来ているからとしか言えませんね。 網膜にある「錐体」という細胞が、長波長の光を赤く・中波長の光を緑に・短波長の光を青く認識し、それらの組み合わせによって我々は色を認識しているのです。

例えば赤いリンゴに光が当たった場合、長波長の光は跳ね返されて中・短波長の光はリンゴに吸収されます。 そして跳ね返ってきた長波長の光を我々は赤いと感じて「赤いリンゴである」と認識できるのです。

これが黄色いミカンなら短波長の光が、紫のブドウなら長波長と短波長の光が跳ね返っています。 鏡のように全て跳ね返ってきたら白、吸収されて何も跳ね返ってこなければ黒です。

色とは「様々な波長の光が物体からどのように出ているか」なのです。 これは各動物共通ですが、しかし認識できる光の波長の範囲は動物によって違います。 他の動物がどこまで色を認識しているかを進化の系譜と合わせてみてみましょう。

動物の進化と色覚

昔々のそのまた昔、およそ5億4千万年前に三葉虫が生命で初めて「眼」を獲得しました。 それから生物は様々な進化を遂げ、それに伴って色を認識する能力も変わっていきました。

全ての動物がまだ海中にいた頃、魚は進化の過程で色覚を得ました。 魚は視力はそれほどでもありませんが色覚はとても優れており、赤青緑の三色の他に紫外線を認識することも可能です。

魚は長い時間の中で進化を重ねて、中には陸上へと進出する動物も出てきました。 そこから派生した昆虫、爬虫類、両性類、鳥類も基本三色に加えて紫外線を認識できる四色色覚のものが多いです。 ご先祖様が魚だった時代に得た色覚をそのまま受け継いだ訳ですね。

しかし哺乳類は少し事情が変わって二色色覚のものが多いです。 これは哺乳類の共通の祖先が完全な夜行性となり、赤い光と紫外線を認識する必要がなくなったのが理由のようです。

しかし哺乳類は進化するうちに、夜行性から昼行性へと行動様式を変える種が出てきました。 その中でも最初に昼行性へと適応したと考えられているのが我々の祖でもある霊長類です。

霊長類は日中に生活するようになって、熟した実を判別する能力が生存に有利に働くようになりました。 例えばりんごが食べられるかどうかは、その実が赤いかどうかで判断することができます。 しかし赤の色覚がなければ我々が今「赤いりんご」と認識しているものは「黄色いりんご」にしか見えません。 二色色覚では食べ頃のりんごかどうかの区別が付かないのです。

ある時たまたま赤の色覚を持って生まれた霊長類の個体は、食べられる実とそうでない実を簡単に判別できました。 この能力は繁栄に有利に働き、三色色覚を持つ個体が繁栄し、逆に二色色覚の個体は淘汰されていきました。

そうして時代が下ると霊長類は先祖が失った赤の色覚を持ったものばかりになって三色色覚となったのです。 ちなみに赤外線を認識できる四色色覚の人間も稀に産まれますが、それほど生きていくのに役には立たないのか主流にはなっていませんね。

なお霊長類以外の哺乳類は多くが二色色覚のままです。 イヌやネコは人間よりも色を認識する能力が弱いと言われていますが、これは霊長類を除く哺乳類全般に言えることです。

対して鳥や昆虫などは三色に加えて赤外線まで認識している種も多いです。 もっとも色覚は種によって結構違うので、特に昆虫は一口に括れるほど統一されてはいませんね。 例えばミツバチは青、緑、紫外線は認識できますが赤を認識できない三色色覚と考えられています。

そんな訳で人間の色覚を評してみると「哺乳類にしては良く、陸上動物として見ればそれほどでもない」って所ですかね。 そこらの昆虫だって人間に負けず劣らずの色鮮やかな世界が見えていることでしょう。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_341645

 この記事に対する返信とトラックバック
345423 猫や犬には「魂」が見える?人間には見えないものが見えていることが科学的に確認される 匿名希望 19/04/26 PM10
霊長類の色覚は、顔色を見分けるために進化した 「共同体社会と人類婚姻史」 19/04/11 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp