未知なる回路:気・霊感・予知
338569 伝統医療の本質はすべて「波動医療」だった!
 
中村英起 ( 58 会社員 ) 18/08/26 PM11 【印刷用へ
どうしても伝えたい日本の真相
リンク より

伝統医療の本質はすべて「波動医療」だった!

波動医学の発想は、決して目新しいものではない。その本質を、古代から人類は直感としてとらえていた。
例えば、ヨガがそうだ。病気の原因は体毒である。それを消し去れば、病気も消えていく。ヨガの2大健康原理とは「断食」と「瞑想」である。

(断食は、食を断つことで、身体を浄化する。)
過食による老廃物(体毒)が排出されて病は消えていく→(食の毒、浄化)
(瞑想は苦を断つことで、身体を浄化する。)
苦悩による毒生成(体毒)が排毒され、病は消えていく→(心の毒、浄化)
過食は「食の毒」を生み、苦悩は「心の毒」を生む。だから、体毒には2通りあることを知らねばならない。
後者は、アドレナリンなどの毒性ホルモンを指す。毒蛇の毒の3〜4倍と言われる猛毒物質が苦悩によって体内に生成されるのだ。

瞑想こそ、立派な波動療法である。
心と呼吸を鎮める。すると、心身は安静し、副交感神経が優位となり、生命波動は安定してくる。すると、血圧、脈拍、血糖値も安定してくる。不快ホルモンのアドレナリン分泌は抑制され、快楽ホルモンのエンドルフィンなどが分泌される。
心身はえも言われぬ至福に満たされる。まさに、瞑想こそ、波動療法の淵源である。だから、食を断つ断食と、苦を断つ瞑想がヨガの2大健康法・治療法としたのも、実に理にかなっている。ヨガ行法こそが最も科学的である。その真理は次のとおりである。

古代ヨガ思想を背景に、東洋では、漢方、鍼灸、仙道…などの東洋医療が芽生えてきた。それらに共通する根本思想が、気の概念だ。
これらの治療原理こそ、波動医学だ。鍼灸がわかりやすい。まず、東洋医学では、生命エネルギー(気)が流れる経路を「経絡」と呼び、交差点を「経穴」と呼ぶ。

臓器が病むと固有波動数が乱れる。それは物理的には電磁波動の乱れだ。そこで、「経穴」に鍼を打つ。鍼に電流が流れ、身体電位の乱れが解消する。すると、病んだ臓器の周波数ノイズが調整、解消されて、正常な周波数に戻り、病気が治って行くのだ。
「生体エネルギーは、波動の結果生まれる」

真理を喝破した医師がいる。それがノーマン・ウォーカー博士だ。
博士は「生命を生かすエネルギーとは、宇宙エネルギーである」と言う。この宇宙エネルギーを一言でいえば、気なのである。西洋医学者にしては、珍しく気そのものの本質をうがっている。

そして博士は、「各器官にも、固有周波数がある」と解説する。
「肺は約673億ヘルツ、脳下垂体5806ヘルツ、耳は478億ヘルツ・・・というように各器官には、それぞれ固有の波動数(周波数)がある」

この生命を決定する固有周波数という理論が、生命現象の「発生」「治療」「再生」・・すべての謎を解明するのだ。
「発生」→1個の受精卵が分裂して胚になり、そして最後は1個の生命体となる。

この謎は、これまで解明されてこなかった。
1個の細胞から、複雑な生体がどうして生まれるのか?
その謎を解くカギが、器官ごとの固有周波数なのだ。受精卵が胚砲になり、胚胞から体細胞に変化する。その過程で、各胚胞ごとに電磁気の周波数指令が送られる。表皮の固有周波数の刺激を受けた胚胞は、表皮に変化する。同様に、筋肉、骨、血管、神経…と個々の周波数刺激を受けた胚胞は、各々の体細胞に変化していくのだ。

現代医学が、受精卵が体細胞に変化するミステリーを解けなかったのは、「生命は波動エネルギーによって生きる」という根本原理に全く無知だったからである。
「治療」→現代医学は切り傷がなぜ治るのか? それすら説明できない。

切り傷が自然に治癒していくメカニズムは次のとおりである。
@傷ができた瞬間に、A切断面に治癒のための神経ネットワークが形成される。Bそこに、第1次治癒電流が流れる。Cそれは皮膚、筋肉、血管、骨、神経などの体細胞を、各々部位の万能細胞に戻す。D傷口をくっつけると、今度は、E2次治癒電流が流れる。それは、各々、特定周波数の刺激を与える。Fすると万能細胞は、その周波数に応じて、皮膚、筋肉、血管、骨、神経に変化していく。Gこうして切り傷は治癒し、傷ができる前と全く同じ状態に戻るのだ。

以上は船瀬氏が解明した傷の治癒理論である。異論、反論があれば、お伺いしたいと言っている。
「再生」→トカゲの足や尻尾は、切られても再生する。この再生現象のミステリーを解明したのがロバート・ベッカー博士(米ニューヨーク州大教授)である。

(引用終わり)
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_338569

 この記事に対する返信とトラックバック
340296 【堀江貴文×三田紀房】読解力のないヤツが多すぎる明確な理由 惻隠之心 18/10/26 PM01
340285 大人になった今だからこそ、将棋をはじめるべき3つの理由。 志水満 18/10/25 PM10
340225 インターネット検閲は未曾有の飛躍をしたばかりだが、ほとんど誰も気づいていない@ 惻隠之心 18/10/23 PM09
340176 右脳側のひらめき部位(けつ前部)大きいほど幸福感? 京大で解明  惻隠之心 18/10/21 PM10
339156 「波動医学」の礎〜千島・森下学説 中村英起 18/09/16 AM02
338876 驚異の治癒率85%〜ドイツ波動医学の挑戦 中村英起 18/09/06 PM11
338794 古代ヨガの呼吸と瞑想は波動医学のルーツである! 中村英起 18/09/04 AM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp