日本を守るのに、右も左もない
337713 日本人の精子力が危ない
 
匿名希望 18/08/02 AM00 【印刷用へ
ニッポン “精子力” クライシス リンク 
----------------------------------------------------
デンマークのとある会社に、世界中から注文が殺到している。お目当ては・・・「精子」。特に妊娠させる力=“精子力”が高いものが人気だ。ここ10年で売り上げは急伸。日本からの注文も舞い込むという。
去年「欧米人の精子の数がここ40年で半減した」という衝撃の報告がなされたが、ある調査では日本は欧州4か国との比較で最低レベル。実に6人に1人が、WHOが自然妊娠に必要だとする基準値(数・運動率)に満たないという報告もある。さらに、見た目が元気な精子でも中身(DNA)が傷ついており、不妊となるケースがあることも分かってきた。こうした質の悪い精子の場合、妊娠できたとしても、子どもの健康に悪影響を与えるリスクもあるという。
“精子力”の低下は、子どもを望むカップルだけではなく、すべての男性に関わる問題だ。精子や精液は、体の状態と密接に関わっているという指摘があるからだ。“精子力”を取り戻すことは、まさに生命力をアップさせることにもつながるという。
番組では、ニッポンに広がる“精子危機”の実態に迫る。“精子力”低下の要因や、精子力アップの秘訣なども紹介する。
----------------------------------------------------

要約 リンク 
----------------------------------------------------
■今後40年続けば少子化問題はまさにクライシス!
 精子力の弱体化…実は日本に限らず世界中で進んでいました…。欧米の調査ではこの40年間で、精子の数がほぼ半減していたのです!

1973年、1ml中の精子の数が9900万も存在していたのに、2011年には4710万…驚きの数字です。

 そしてさらに心配なのは日本人男性の精子数でした。欧州四カ国(フィンランド、スコットランド、フランス、デンマーク)と比べてみると日本は最下位。世界的に少ないと言われている現代で日本はさらに少ない状況だったのです…。

 デンマークの生殖学者によれば、この状況が今後40年続けば日本の少子化問題はより深刻になるに違いないと言います。ではなぜ日本人の精子力は弱体化したのでしょうか?

 それは「あらゆる化学物質の影響」「生まれつきの体質」などがあると指摘されていますが、実は「普段何気なしにしている生活習慣」も弱体化の大きな原因であることがわかってきました――。

■30代の男性を集め「日本人の精子力」を検査開始!
 NHKスペシャル取材班は、30代の健康な男性を集め精子力を独自に調査しました。その結果、やはり精子の数が少ない人、数は多いのにほとんど動いていない人、精子のDNAが破損している人を発見…。

 獨協医科大学では、これら”問題あり”とされたサンプルで抽出した精子を使い、マウスの卵子に人工的に注入し細胞分裂が進むか調査しました。

 正常な精子であればやがて細胞分裂が始まるのですが、精子力の弱まっている精子では細胞分裂がほとんど始まりませんでした。

 なぜ細胞分裂が始まらないのか…それは、DNAが損傷しているためだそうです。実際、40代男性のサンプルでDNAがどれくらい損傷しているかデータを取ったところ、全精子中26%のDNAが損傷していたのです。獨協大学の岡田弘先生によれば、DNAが損傷していると、受精したとしても正常な胚になってこない可能性が高いといいます。

今回の緊急調査で精子力に異常のあったのは28人中9人、9人の中には20代も含まれていました。

■初婚年齢の高齢化…すでにピークは過ぎている?
 メンズヘルスクリニック東京の辻村晃先生が行ったさらに大規模な調査(調査対象722名)では、正常「79%」、不妊リスクが高い「21%」…という結果になっています。

 さらに別のデータでは、精子力はもっとも活発な21歳〜30歳以降を過ぎると、31歳から40歳までは横ばいとなり、41歳からは急激に弱まってしまうといいます…。

 メンズヘルスクリニック東京の辻村晃先生によれば、現代人の精子数が減っている状況に加え、さらに初婚年齢の高齢化により男性、女性のお互いのピークが過ぎてから結婚するため悪い条件が重なっている…そうです。
----------------------------------------------------
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_337713

 この記事に対する返信とトラックバック
341132 精子自体の異常〜・不妊原因の5割は男性・〜 村田頼哉 18/11/25 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp