日本人の起源(縄文・弥生・大和)
337665 縄文の文明原理を考える
 
尾崎大翔 HP ( 13 学生〈中2〉 ) 18/07/31 AM09 【印刷用へ
先日るいネットの方に ブログ 社会で求められている能力を共に追求しよう から 縄文の文明原理を考えるを投稿しましたが、URLの関係で、トラックバックでブログページが表示されなくなってしまったため再投稿します。

以下 縄文の文明原理を考える(リンク)より転載

◆縄文の文明原理
縄文文明における永続的な固有の技術や装置・制度系・組織化された生活システム・精神世界とは何であったのか。1万年以上にもわたって一貫した文化的共通性を支えた文明原理とは何であったのか。
今後の研究においていくつもの縄文文明の文明原理が発見されるであろうが、現時点において、とりあえず以下の8点が縄文の文明原理として指摘できるであろう。

@狩猟・漁・採集を生業の基本とした、自然の資源を極限まで利用する技術を発展させ、自然=人間循環系の文明原理を有していた。縄文人は自然のリズム、季節のリズムに歩調をあわせながら永続的、循環的に生きる組織化された生活様式の装置と制度系を持っていたそれを自然=人間共生系の装置と制度系とよぶこともできる。

A平等主義に立脚した社会制度を有していた。
エジプトやメソポタミアのような巨大な王やアテネのような市民階級が出現しなかった。墓においてもその副葬品に大差はなく階級社会の装置を文明原理に取り入れない、何らかの独自の平等主義に立脚した社会制度があったものとみなされる。
生産物が貯蓄しやすく、このために容易に貧富の差や階級差が生じやすい穀物農業を受容することを回避する文明の装置と制度系を有していた。

B文明の情報伝達手段としての文字を持たなかった。
おそらく縄文語は存在したであろうが、それを文字としては残さなかった。中南米のインカの文明、あるいは中国の長江文明においても、これまで文字は発見されていない。しかしインカの巨大な石造建築を何年もかけて構築したり、長江文明のおどろくばかりの精密な玉器を大量に製作する為には、文字に代わるなんらかの情報伝達手段が必要である。インカではリャマの毛をよりあわせたキープとよばれる紐が数字の役目を果たしていたように、縄文時代においても、文字にかわる何らかの情報伝達手段・情報交換のネットワークの形成があったに違いない。

C土器つくりに異常なほど執着した文明である。
1万年以上にわたって作り続けられた土器を一括して縄文土器とよぶことができる背景には、縄文時代を通して、組織化され制度化された美的伝統、知的伝統が存在していた事を示している。縄文人は海と森の資源を土器という調理道具を使用して豊かなバラィティーに富む食材として食したのみでなく、土器を呪術性をもったきわめて宗教色のつよい知的、精神的に組織化されたものとして造形した。縄文人の土器作りはたんに生産の為だけでなく、祈りをこめた宗教的、精神的な行為でもあった。こうした土器の製作の中に宗教的行為をみとめる文明は西アジアの麦作農耕地帯の諸文明ではまれである。縄文文明は土器文明であったとういってもよい。
その土器の製作行程を通して、あるいは出来上がった土器の完成品を通して、社会の維持と運営を行うという、きわめて特色ある文明の装置と制度系を有していた。

D土偶に示されるように、女性中心の文明原理に立脚していた。
古代文明の多くは多かれ少なかれ、母権性的であるが、とりわけ縄文時代においては、女性中心の文明原理が大きな役割りを果たしていたとみなされる。

E生きとし、生けるものの中に人間の力を超えた存在をひそやかに感じるアニミズムあるいはトーテミズムの世界観を一貫して持ち続け、宗教や呪術の活動を重視し、欲望を抑制し、自然と共生する文明の装置と制度系を有していた。

F縄文人は大陸の北方と南方から日本に伝播する文化や文明の要素を、日本列島の中でうまく融合させる事によって、先進性の高い技術を発展させた。交換のネットワークによって他文化・異文化を容易にする文明原理を有していた。

G三内丸山遺跡や真脇遺跡の巨大建造物にみられるように、大規模な木造建築の文明装置を作り出す技術が存在した。

 

縄文時代の社会は文字や金属器、あるいは都市存在しなかったが、人々は森と海の資源を最大限に利用する技術を発展させ、穀物栽培の農耕を受容することを回避し、自然と共生し、永続的・循環的に生き、命あるものが全て平等の価値を持つという文明原理に立脚した社会を構築した。

こうした文明原理を永続的に維持する為に、縄文土器や土偶を大量に生産する、知的、芸術的行為やストーンサークルの構築、あるいは巨木の祭りなどの宗教的祭祀といった、日々の生産活動とは異質の直接生産に結びつかない文明の装置・制度系をきわだたせて発展させた。一方、特定の王の為に税を管理し、貯蔵するために必要な文字は発達しなかった。そしてこうした文明の装置と制度系を円滑に運営・維持する為には異質の文化と積極的に融合する交換のネットワークと、女性中心の社会制度を発展させていった。

8つの文明装置を提起し、どの節にも頷けるのであるが、私はその中でも女性中心の文明原理という部分に注目したい。女性中心というのは現代的解釈の女の発言力が強いということではなく、女性の存在が集団の活力源になっていたということを表す。女を誰もが素晴らしい存在と、当然の事として認めていた原理である。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_337665

 この記事に対する返信とトラックバック
339658 東京学芸大学付属高校がやっている宇宙人文学って何? 惻隠之心 18/10/02 PM10
339514 ついにここまで来た!新しいハラスメント「ハラ・ハラ」とは? 惻隠之心 18/09/27 PM11
339484 地震予測の権威が警告。北海道と伊豆諸島に出た、新たな「異変」 惻隠之心 18/09/26 PM11
339480 アメリカに関する国家非常事態特別リポート@〜トランプはディープステートの反逆者らの大量逮捕、軍事裁判を計画しています。 惻隠之心 18/09/26 PM10
明治中期の日本庶民〜小泉八雲 「日本の面影」より〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 18/08/25 AM00
日本人のルーツ最新研究2〜DNA研究で明らかになった「日本人の二重構造モデル」 「縄文と古代文明を探求しよう!」 18/08/07 AM00
337820 縄文文化の超自然観1〜死と再生のシンボリズム〜 彗星 18/08/06 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp