アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
336565 これからはアメリカ抜きでアジアの和平を実現しなければいけない
 
山澤貴志 ( 53 ITコンサル ) 18/06/18 PM09 【印刷用へ
トランプ氏、日米会談で「在韓米軍削減」に言及したが、安倍首相は「東アジアの軍事バランスを崩すことへの懸念を示し、反対する意向を伝えた」335518

米朝協議直前のG7期間中、トランプは安倍に対してアメリカからの武器輸入を要望し、安倍はそれを飲んだ。

>トランプ氏は共同会見ではそのほとんどを用意された草稿をもとに発言していたが、1ヵ所だけアドリブで言及したのがこの防衛装備品であった。トランプ氏は安倍氏が首脳会談でbillions and billions dollars (何十億ドル)もの防衛装備品を購入すると言ってくれたと白状してしまったのだ。リンク 

さらに米朝会談を経てトランプは「(非核化)韓国と日本が支援するだろう。彼らは支援しなければならないと分かっている。アメリカが支援する必要はない」と発言している。
リンク

ようはアメリカは今後は朝鮮問題に介入せず、北朝鮮の資源開発etcにおいて果実だけを得ようという魂胆である。
リンク 

>(米韓軍事演習をやめるのかと問われ)「どこから爆撃機を出しているのかと聞いた。グアムだ。すぐ近くだと。素晴らしい、と私は言った。すぐ近くとはどこだと聞くと、約6時間半(かかる)と。大型の飛行機が飛ぶには長い時間で、演習のために韓国に飛んで爆弾をまき散らし、グアムに戻る。私は飛行機について多くのことを知っている。とても高い。私は好まない。私が言ったことは挑発的かもしれないが、状況が挑発的なんだ」
>「彼ら(北朝鮮)はすばらしいビーチを持っている。彼らが太平洋に向けて砲撃するとき、いつも見るだろう。きっとすてきなコンドミニアムが建つだろう。それを説明したんだ。砲撃をするのではなく、世界最高のホテルを建てられると。見込みのある不動産としてみるべきだ」

いよいよアメリカは利益を生まないアジアの軍事支配からは撤退し、アジア問題は、中韓日に任せるということ。外交イメージではタカ派の印象を打ち出しながら、本音はやはり「アメリカ・ファースト」であり、アイソレーショニズム(国内問題優先主義)へ回帰していく。

それによってアジアに和平が訪れるというのは楽観的すぎるだろう。アメリカが「アメリカ・ファースト」を実現していくには、日中、日朝がもめて、アメリカの兵器を大量購入してくれることが望ましい。そうやって日中が揉めることで、中国の国力を削ぐこともできる。北朝鮮はこれまで以上に軍事縮小や拉致問題解決とのバーターで、さらには大東亜戦争の遺恨まで持ち出して、日本に対してしたたかな要求を突きつけてくるだろう。ある意味で主権国家の外交としては当然のことである。

リンク

>北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は12日、「朝鮮民族に強行した天人共に激怒する日帝の罪悪」と題した論評を通じて日本を非難した。朝鮮中央通信が伝えた。同日、シンガポールでは米朝首脳会談が行われ、両国関係の改善がアピールされた。北朝鮮は敢えてこれと同じタイミングで日本に非難の矛先を向けた形だ。北朝鮮メディアは最近、米韓両国に対する非難を控えているが、日本に対する非難だけがヒートアップしている。しかも、非難のネタは「歴史問題」である。首脳会談で安倍氏が拉致問題を持ち出したら、金正恩氏は「それを言う前に過去の植民地支配を清算しろ」という具合に、強烈な反論を行う可能性が高いということだ。

北朝鮮という火種を押し付けられた中韓日が「アメリカ抜きでアジアの和平」を実現していくには、この大転換を直視できる指導者が必要だ。それは親中韓とか反中韓といったアメリカがつくった構図と利権から脱却できる人材でなければできない。そのような世論づくりが必要だ。
 
 
  この記事は 335518 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_336565

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp