アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
334376 「ホワイト・ヘルメット」はソロスのISISの化身@
 
志水満 ( 62 会社員 ) 18/03/26 PM03 【印刷用へ
日本のマスコミはこのシリアの“人道支援”を謳うホワイト・ヘルメットを、シリアの子どもたちを救出する正義の味方のごとく報じていたのです。
カレイドスコープより以下引用です
リンク
彼女たちは、最近のアカデミー受賞作によって今まで以上に知られることになった「ホワイト・ヘルメット」の女性隊員たちである。
「ホワイト・ヘルメット」は、英国にあるジョージ・ソロスの基金から資金提供されている。
マリ・クレールなどは、わざわざ「ホワイト・ヘルメット専用サイト」までつくって、「シリアの民間人を救うために、自らの命を危険にさらす女性たちを見なさい」と勇ましい。
いったい、いくら貰って引き受けたのだろうか。
「ホワイト・ヘルメット」・・・つまり、シティー・オブ・ロンドンの支配者、ロスチャイルドが、彼の子飼いであるソロスの基金を経由してサラリーが提供されているメディア露出用の傭兵やモデルたちで構成されているイスラム国(ISIS)の別の姿である。
「ホワイト・ヘルメット」・・・それは、紛れもなく、イスラム国、あるいは、ISISのことである。

・ワシントンの革命のセオリー 内部から破壊して操り人形を送り込め
トランプ政権ができる前までのワシントンは、グローバル・アジェンダの障害となる独立国家を「左派」「独裁主義」「軍国主義」とレッテルを貼り、その国の内側から革命を惹起させて邪魔な政権を打倒してきました。
国の内側から蜂起する若手知識層は、主に米国務省に選ばれた若者たちで、ワシントンに招へいされて、ワシントンの保守系と言われているシンクタンクなでど、しばらくの間、NWO風味の自由主義と民主主義を頭に叩き込まれます。
若手知識層ほど容易に洗脳され、自国に戻された後、お勉強のできる若者は政府の要職に就いたりします。
この人々が、後にリベラルと呼ばれる革新勢力となって、ワシントンのカウンターパートになるのです。
そして、自国政府に「独裁」というレッテルを貼り、西側の革命請負人(工作員)を手引きして政権を倒すというわけです。
そのために、彼らは、若手知識層に人気があります。

これは、社会主義への第一歩であり、最終ゴールは、世界政府主義、つまり共産主義に至る道筋におけるプロセスです。
これら一連の革命は、非暴力の象徴として、いわゆるカラー革命(無血革命)と呼ばれたりします。
こうして、ワシントンの世界政府主義に反対する政権が打倒され、次々と傀儡政権が世界中にでき上がっていったのです。
トランプは、経済一辺倒ですから、旧ワシントンの言い成りになるように振舞いながら、さらっと彼らの粛清を始めようとしています。

・ロスチャイルドの氷の微笑ー「ホワイト・ヘルメット」
米国と戦争をした経験がない国家は、国際銀行家とワシントンによって、かなりの苦痛を伴う荒療治の後で傀儡政権が樹立されます。
たとえば、シリアの「ホワイト・ヘルメット」は、ノンフィクション作家のディーン・ヘンダーソンが暴いたように、ロスチャイルド王国のシティー・オブ・ロンドンとワシントンによるアサド政権を転覆させるための工作機関であることが判明しています。
ロシアの英語圏向けニュースRT(2月13日付)は、シリアのイドリブ県の住民が、シリアにあるロシア和解センター(Russian Reconciliation Center for Syria)に、アル=ヌスラ戦線のテロリストらが塩素の入ったボンベ20本以上を村に運び込んだと通報したことを受けて、「シリア政府が住民に対して化学兵器を使用したとして非難するために流されたディスインフォメーションである」と断定しました。
後になって、このアル=ヌスラ戦線のテロリストは、アル・カイダから離脱した反政府武装組織で、ホワイト・ヘルメットと連携して活動していることが分かったのです。

このコラボの目的は、後に、アサドの政府軍が、自国民さえ大量虐殺する、いかにも残虐な軍隊であるかのように喧伝し、国際世論をアサド打倒一色に塗り替えることだったことが分かったのです。
それから8ヵ月後の10月になってから、米・国務省は、しぶしぶ、シリアにおけるのテロ攻撃で化学兵器を使用しているのは、アル=ヌスラ戦線の武装勢力であると認めたのです。

シリア、ロシア、イラン、ヒズボラ、そして、あのトルコでさえも、「ロスチャイルドのシティー・オブ・ロンドンのテロ・ネットワーク」が、やりたい放題、シリアを破壊した後始末をさせられているのです。
今や、ディーン・ヘンダーソンのような調査報道タイプのノンフィクション作家や多くのジャーナリストによって、シリア住民に化学兵器を使用したシリアの反政府武装勢力が、シティー・オブ・ロンドンとワシントンから資金提供を受けていることを暴露し、さらに、ホワイト・ヘルメットもまた、国際銀行家とワシントンから資金を提供されていることが白日の下に晒されてしまったのです。
アル=ヌスラ戦線の武装勢力とホワイト・ヘルメットを動かしているロスチャイルドのイスラエル警察犬は、負け犬の遠吠えのごとく、遠くから唸るばかりです。

日本のテレビ報道さえ、つい最近までは、このシリアの“人道支援”を謳うホワイト・ヘルメットが、シリアの子どもたちを救出する正義の味方のごとく報じていたのです。
日本のメディアは、西側の通信社から与えられた情報を精査する能力を持っていません。
日本のテレビ・新聞は、ニューズウィークが、2016年の段階で、すでにホワイト・ヘルメットの正体に迫る報道を行っていたにもかかわらず、ロスチャイルドの西側メディアのプロパガンダをノーチェックで、そのまま流したのです。
そして、ホワイト・ヘルメットの正体が判明した今でも、日本のテレビ報道は何ら訂正しないのです。
日本のテレビ報道ほど有害な存在はありません。
ホワイト・ヘルメットの正体を真っ先に突き止めて警告を出しても、西側メディアの情報を、条件反射的に信じてしまう日本の愚かな人々は逆に牙を剥いてくるだけです。
しかし、後になって、先のディーン・ヘンダーソンや多くのジャーナリストの手によってホワイト・ヘルメットの正体が暴かれ、オールターナティブ・メディアも「ホワイト・ヘルメットこそがシリアの子どもたちを殺害している悪質なテロリストである」と報じ始めると、こうした人々は急にシュンとなって沈黙してしまうのです。


続く
 
 
  この記事は 333590 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_334376

 この記事に対する返信とトラックバック
334377 「ホワイト・ヘルメット」はソロスのISISの化身A 志水満 18/03/26 PM05

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp