新しい共認勢力
329484 ロシア+北朝鮮VS米国+中国?日本はどうする?
 
村上祥典 ( 40歳代 電気設計 ) 17/09/10 PM07 【印刷用へ
以下、「トランプは実は強力な親中派!!中共の世界最大銀行・中国工商銀行はトランプタワー内に有り!」佐野千遥 より転載。
----------------------------------------------------------------
トランプの“私は中国が大好きだ!”発言
そして現に中共の世界最大の銀行・中国工商銀行の米国支店はトランプ・タワーの中に有る!
トランプの中共についての姿勢は実は強力な“親中”“親習近平”!!!
米中軍事同盟も有り得る!日本の頭越しに!日本はつんぼ桟敷に!

(中略)

ロシアのプーチンは「闇の権力を打倒する!」と宣言しており、全て拷問・臓器摘出・殺戮を欲しい儘にしている3つの闇の権力:中国共産党社会帝国主義闇の権力、ロックフェラー系闇の権力=アメリカ帝国主義、イスラエル・ヨーロッパ白人帝国主義諸国=ロスチャイルド系闇の権力を世界解放戦争により各個撃破する世界戦略を練っています。

真に自主独立の日本は反中・反米・親露以外に有り得ない!

米中同盟を日本の頭越しに結ぶ中共社会帝国主義の力を借りてアメリカ帝国主義の支配から逃れる事が出来ない事はあきらかであり、今日、アメリカ帝国主義の支配から逃れようと思うなら、日本は米軍の軍事科学技術を抜いてロシア軍が世界一となっているロシアと結ぶ以外にないのであります。

スターリンが日ソ不可侵条約を裏切ったために日本人でロシア好きな人は少ないですが、ロシアは相当親日的な人達が多い国であります。柔道5段、空手8段のプーチンは非常に親日的であり、スターリンと違って日本の被支配階級民衆の皆さんを裏切る事はありません。プーチンはKGBのメンバーだった過去が有りますが、高い位にはなく、低い位に有った為に、シロビキには属さず、傍観者として客観的に事態を観察する眼を持っています。プーチンは国家主義者ではなく、大ロシア主義者・ユーラシア主義者であります。国家主義者でないという事は独裁者ではないことを意味します。彼は非常に真面目な人物で、ロシア中を巡って少数の意見を聴き、酷い目に会っている人達の訴えに直接耳を傾けています。一般市民からの質問をプーチンが直接電話で聴いて答える中央テレビ番組も御座います。

プーチン・ロシアは現在、中国と経済的に結んでいますが、それは米国等による経済制裁に対抗する為に致し方なく遣っている事であって、プーチンは実は習近平が大嫌いであります。私はプーチンに米国等による経済制裁に対抗する為には、ロシアは中共と手を結ぶのを止めてインドと手を結ぶべきであると伝えてあります。

又、ロシアの国防法は改正されており、酷い目に会って助けを求める民衆が居たなら、国境を越えてでも助けに行き解放戦争を挑む事も可能であります。中共に滅亡させられた内モンゴル、現在中共による拷問・臓器摘出・殺戮が進行中の新疆ウイグルは1949年スターリンが中共にくれて遣ったロシアの領土だったのですが、その弾圧されている内モンゴル人、新疆ウイグル人解放の為、プーチンは内モンゴル、新疆ウイグルをロシア領に取り返したいと考えており、その為には中国共産党社会帝国主義に対し毛沢東派瀋陽人民解放軍とそれに統率されている金正恩が戦争を挑む時、毛沢東派瀋陽人民解放軍を助けてプーチン・ロシアは内モンゴル・新疆ウイグル解放戦争を挑む考えです。現在日本では金正恩が日本攻撃をすると勘違いして大騒ぎしている情報筋が圧倒的多数ですが、ロシアと一緒に戦争する金正恩は寧(むし)ろ日本の真の主敵である習近平中国共産党社会帝国主義と日本の為に戦争してくれる事にも成り得るわけです。これが私・佐野千遥が主張している逆説的戦争戦略論であります。

プーチンがロシアの元首である今の時期が、日露同盟を結ぶ絶好のチャンスである事は言うまでも有りません。

以上
 
 
  この記事は 329394 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_329484

 この記事に対する返信とトラックバック
329691 トランプは実は親中派。日本はプーチンと繋がる道を。 匿名希望 17/09/17 PM03

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp