アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
329466 【劇場会議・実現塾・探求講座南方特別講座】9/9 「北朝鮮の核武装をどう見るか?」(小中学生も参加)
 
尾崎大翔 HP ( 12 学生〈中1〉 ) 17/09/09 PM10 【印刷用へ
今回の劇場会議は「北朝鮮の核武装をどうするか」というテーマでした
社長から数人の生徒が当てられ追求ポイントとしてどのような追求ポイントで追求していくかを出しました。
その追求ポイントを書きます

(追求ポイント)
今後北朝鮮がどう動くか?(高校生)
北朝鮮に対して周りの各国がどう動くのか(中学生)
北朝鮮がこのような行動を取る意図は(中学生)
武力的な決着(戦争)が起こるのか
北朝鮮の水爆完成の技術はどこから?北朝鮮のバックに国(もしくは人物)が存在するのか?
北朝鮮は一体どんな国なのか
アメリカはなぜ 北朝鮮に口ばかりで手を出さないのか?

追求ポイント 以上
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●北朝鮮のバックに一体にどんな国 人物がいるのか?

水爆には技術がいるから何かしらバックに別の国 人物がいるのでは?
⇒完全な素人は無理だが爆弾を少し作る技術程度で水爆は作れる
バックが必要なのか?
⇒たとえそうでもICBM(大陸間弾道ミサイル)は相当な技術がいる。
では技術が流れているとすればどこから?

@ロシア[ソビエト] (ウクライナの可能性)
Aアメリカ(CIA)の可能性
B中国の可能性

この3通りもしくは北朝鮮自身が動いている
もし北朝鮮自身が動いているなら侮ってはならない

マスコミは北朝鮮の主体性を全く見ずに無視している
⇒固定観念(北朝鮮は弱い国だという固定観念)によっていまマスコミが騒いでいる
でも、固定観念なんて持つほうが間違っている。
⇒北朝鮮がどのような国なのか理解する必要がある

北朝鮮が出来たのは第2次世界対戦によるもの
第2次世界対戦の終戦1年前あたりからアメリカ ロシアは戦後どちらが世界を支配するかに向け考え始めた
ちょうどその時にアメリカが朝鮮の南 ロシアが北を占拠した。
それによって韓国と北朝鮮が生まれた。
それ以降 はじめの北朝鮮のトップはアメリカの軍事圧力に対抗できるだけの軍事力の強化ばかり考えてきた。
北朝鮮のはじめのトップは事大意識を持たなかった。

どうすればアメリカの軍事力に立ち向かえるか?
⇒核武装しかない
⇒そして現在ほぼ成功した

しかし実際恐れるべきは核攻撃ではなく電磁パルス攻撃である

また北朝鮮は専守防衛に徹してきたので、北朝鮮からさきに攻撃するのはあり得ない
アメリカが暴走することはトランプの性格から100%ないとは言い切れないが、ほぼない。
このことが関係あるのかアメリカ内でも分裂が起き始めていることもあるようだ。

以上議論内容

今回はなかなか議論も濃かったが楽しかったです
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_329466

 この記事に対する返信とトラックバック
329570 北朝鮮の核武装をどう見るか?〜民族自決の闘いを貫徹。頭がおかしいのは卑屈な属国根性が染みついて何も見えなくなっている日本の政府・マスコミ。実は米軍は張子の虎。戦えば北朝鮮に負ける 縄文男児 17/09/13 AM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp