健康と食と医
324618  < 「大阪健康再生会事件再考」(3) >後半
 
千田祐介 ( 21 学生 ) 17/02/27 PM07 【印刷用へ
リンク< 「大阪健康再生会事件再考」(3) >から引用

6 健康再生会館は閉鎖を余儀なくされた

一九八八年一月十三日午前九時。悩み苦しむガン患者の駆け込み寺ともいえる健康再生会館に、大阪府警生活経済課の刑事たちが家宅捜査に入り、患者のカルテ7千枚をはじめ、記録や書籍を持ち去っていった。その時、加藤氏はガン患者の治療を行っていたが、捜査に抗議したため、検挙され大阪府警本部に連行された。その日の午後に釈放されたが、事情聴取は翌日から始まった。そして、新聞・ラジオの記者の取材が始まった。合同記者会見には驚くほどの記者が集まっていた。
氏は、粉ミルク療法の実際を実演しながら、インタビューに応じた。氏の療法を支持する元患者さんやその家族の人達が、次から次へと記者会見場に駆けつけた。そして患者さんたちは涙ながらに、氏の療法の有効性を証言した。実に感動的な場面であったが、そのことを強く出して報道してくれた新聞およびテレビは皆無であった。 

一か月後の、二月二十七日の午後、氏は、突然逮捕された。氏は収監されている間、食事を拒否して水断食を行った。そして、四十八時間後の午後、釈放された。保釈後、氏は新聞を読んで唖然とした。第一面の大見出しで、氏は極悪非道の人間として報じられていた。また、氏は、自分の療法を受け大腸ガンが治癒した作家の三浦綾子さんを初め、多くの支援者が、氏の逮捕は不当であるとの抗議の手紙や電話を府警に対し行ったことを知り、心強く感じた。保釈後、「医師法には違反したかもしれないが、粉ミルク療法は効果があると確信している。」との氏の談話が新聞各紙に載った。これは、氏の偽らざる心境であった。三月初旬には健康再生会館は閉鎖を余儀なくされた。そして氏は、同月末に書類送検され、九月に略式起訴で罰金に処せられた。
罰金を払うことはない。裁判で争えとの識者の意見もあったが、当時の加藤氏は弁護士の費用どころか、罰金の十万円にも不自由していた。結局は、弁護士の意見を聞き入れ、罰金十万円を支払った。十月二十四日、触診、視診、問診をしたという理由で医師法に抵触し、深江雄郎医師などの協力も得ていたが、無届けで診療所を開設したと見なされ、医師法違反、医療法違反が確定した。氏が、病院で救われることなく、苦しみ悩む患者を再生会館で治癒させたとしても、法律上では負けざるを得なかった。こうして、ガン患者が急増する中で、患者に希望を持たせ、救う癒しの場が閉ざされてしまった。

たんたんと書かれているがゆえに余計に悲しくなり胸に迫る。そしてあらためて医師会、マスコミ、警察が行った暴挙に怒りが込み上げてくる。仁志天映氏がこのように記録として残してくれたおかげで、マスコミ報道からは隠されていた事実が明らかになった。これは日本医学史における汚点であり、医学界の恥部である。医師会がなした暴挙により、多くのガン患者を救い続けた粉ミルク療法が途絶えた。ガン患者たちの最後の希望、最後の駆 け込み寺であった健康再生会館が閉鎖に追い込まれたのだ。これを犯罪といわずになんといおう。
この事件を見ると、この世は正邪が逆転していることが良く分かる。マスコミ報道がいかに偏向され、曲げられたものであることか。この事件は約30年前のものだが、これを読んでいる貴方は、現在のマスコミはまともな報道をしていると思っているだろうか。もしそう思っているなら世の深層が何も分かっていないと断言しておこう。
真実である千島学説やソマチッドがインチキ扱いされ、ウィルヒョウ理論や骨髄造血など誤った理論が正当な医学として優秀な?医学生に教え込まれている(そして洗脳され世に送り出されている)。まさに狂っているとしかいいようがない。私たちは、真実を知らされず、正邪逆転の世界に生きているのだ。
次いで物理の世界を覗いてみると・・、大嘘の相対性理論がもてはやされ、勘違いで祭り上げられたアインシュタインが未だにヒーロー扱いされているという現実がある。現代物理の世界も、まさに医学界と瓜二つ(笑)。これには吹き出さずにはおれない!
文中、「桜沢如一先生の食養を学び、その影響を受けていた」とある。当ページ上方でも桜沢如一氏のことを書いたが、加藤氏は桜沢の食養論を学んでいたという。氏が桜沢如一、千島喜久男というふたりの巨星の理論を学んでいたというのは興味深くそして面白いことである。(ちなみに千島博士の『血液と健康の知恵(地湧社)』にも桜沢如一にふれている箇所がある)桜沢如一という巨人は本流の歴史からは忘れ去られた人である。それは権威にとっては煙たい存在であったからに違いない。であるがゆえに気になる人物なのである。
続く
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_324618

 この記事に対する返信とトラックバック
324672 がん治療の最大の問題は、マスコミ発の偽りの社会共認 本田真吾 17/03/01 AM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp