健康と食と医
324596 < 「大阪健康再生会事件再考」(2) >前半
 
千田祐介 ( 21 学生 ) 17/02/26 PM11 【印刷用へ
リンク< 「大阪健康再生会事件再考」(2) >から引用
「螺旋 7号」(千島学説研究会文章塾・発行)から引用
3 加藤式療法とは

加藤式療法は氏が研究開発した調合粉ミルクと整体指圧療法(特に按腹)で本来全ての人間に備わる自然治癒力を引き出し命を蘇らせる療法。東洋医学は万病一元、血液の汚れとしてる。どんな病気も血液の汚れが全ての病気の原因。ガンも同様なら血液の浄化でガンも治癒出来るというのが加藤式療法の考え方。氏は難病患者の為に悩み苦しむ中で遂に本格的なガン治療法を確立。
加藤氏がこの療法が理論的に正しい物と確信したのは氏の千島学説との出会いがきっかけ。ガンは全身の血液が汚れた為身体の生命維持機能が働き全身の血液の汚れを身体の一箇所に集めて体外へ排毒しようとする病気。千島博士はガンは慢性的な炎症とした。加藤氏はガンは鬱血とする。ガン患者の生体全体は貧血だがガンの部分は鬱血してると言う。双方の見解も結論は同じ。
ガンは肉等の動物性タンパク質や食品添加物(化学物質)を含む加工食品、砂糖類等、血液が酸化し汚れる食品を過剰に摂取した為に起こる病気。血液が汚れてるという事は当然造血器官の腸も汚れてる。また癌という字は「やまいだれへん」に「品物の山」という字が示すようにガン患者は過食・大食。まず腸の汚れの改善が必要。腸壁に固着した古便・宿便を排泄する必要がある。
腸を綺麗にするには断食が良いが貧血状態に陥ってる末期ガン患者は断食は無理。そこで氏が最初に考案したのが玄米断食。玄米食の栄養は完全食に近いが消化機能が弱ったガン患者には危険だから玄米粉を湯に溶いて食事の代用とすれば容易に体内に吸収出来るし水だけの本断食と比べれば治癒のスピードは遅いが患者への負担は余り掛らない。氏は玄米断食でガン患者を治癒させ治療効果も上げガン治療家として知られるようになる。

ある日氏の所に脳腫瘍の女性の重症患者が運ばれてきた。患者は昼夜繰り返す痛みで顔が曲がり水も飲めず睡眠も取れなかった。本来、治療を断るはずだが紹介者は大阪大学の現役教授だった。現代医学のガン治療をしてて打つ手が無いが患者の依頼で東洋医学で治療を試みて欲しいという。加藤氏は断り切れなかった。患者は水も飲めず増して粉玄米の湯溶きスープも飲めない。
この緊急事態で加藤氏の頭に閃いたのが乳幼児の飲む粉ミルク。乳幼児の飲む粉ミルクなら飲めるだろうと思って飲ませたが患者は苦もなく飲めた。何も食べられず水も飲めなかったが粉ミルクは飲めた。そこで患者に粉ミルクを飲ませ続けると共に整体指圧治療を三か月施した。患者の脳腫瘍が完全に治癒したかどうかは疑問が残るがあれ程辛かった痛みは消え穏やかな顔に戻り見かけ上治療成功。優れた治療効果が出た。ガンの末期は形相が変わる程激しく痛む。惨い物。ガンによって亡くなっても無痛で安楽な死を迎えたいと思うのは万人の願い。この加藤式粉ミルク療法は痛みを和らげ回復させるという快挙を達成した。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_324596

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp