恋愛って、何?結婚って、何?
322796 過去最大の「恋人なし」から見える、現代の恋愛観
 
近藤文人 16/12/24 PM10 【印刷用へ
『過去最大の「恋人なし」から見える、現代の恋愛観(リンク)』よりお送りします。男女関係が希薄になって久しいが、現在はかなり進んでいるようである。
----------------------------------転載
●恋人なし、性体験もなしの男女が過去最大
平成28年9月15日に国立社会保障・人口問題研究所が発表した、「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」によると、18〜34歳の未婚男性の約70%、未婚女性の約60%に交際相手がいないという。

その割合は、前回調査から男性で8ポイント、女性は10ポイント近く増加。5年ごとにおこなわれているこの調査で、いずれも過去最低となっている。

さらに、「異性との交際を望んでいない」と答えた人が、男性で30%、女性で26%にのぼっている。さらに性交渉の経験がない独身者の割合も、男性42%、女性44.2%と男女とも増加。30〜34歳に限っても、男性の25.6%、女性の31.3%が経験なしと答えている。ただ、この年代の未婚の男女の9割が「いずれは結婚したい」と考えているようだ。

この調査の対象年齢は34歳までとなっているが、もっと上の年代の独身男女に聞いてみても、実態はそれほど変わらないのかもしれない。

結婚するか独身でいるのか、恋人をもつかもたないかはもちろん個人の自由である。だが、未婚男性の7割、女性の6割に交際相手がいないということに、やはり若干の驚きはある。

●「自分で行動を起こすことはできない」男たちの嘆き
30〜40代で独身の男性に「なぜ恋愛をしないのか」と尋ねると、昨今は興味深い答えが返ってくる。恋愛はコスパが悪いだのめんどうだのという以前から聞いていたが、最近多いのは、「いいなと思う女性がいても、どうしたらいいかわからない」ということ。

つまり、誘い方がわからない。どうしたら一歩近づけるのかがわからない。SNSなどに友達は多く、人との連絡自体はとりやすくなっているはずなのに、一対一のつきあい方となると戸惑ってしまうらしい。

「グループでよく一緒に遊んでいる仲間がいたんです。その中のひとりがすごくいい子で。ふたりきりで会いたいと思ったんだけど、彼女あてにLINEをしたら読んではくれたけど返事が来なかったんです。それですっかり落ち込んで、グループにもいられなくなった。そうなるともう、知り合うチャンスさえなくなりますよね」

34歳のタカオさんはそう嘆いた。今後は近づきたい気持ちはあっても、自分から行動を起こすことはできないだろうと彼は言う。フラれてもフラれてもめげないというわけにはいかないのだ。もともと恋愛経験が少ないと自覚している人も多い。

「女性にしつこく迫るのはいけないことですよね。だから僕ら世代は、相手が完全に自分に気があるとわからないとアクションを起こせない。友だちともよくそういう話をするんです。いったん、『ヘンなやつ』と女性たちに烙印をおされたら、もう仲間内では相手にされなくなる。だったら個人的につきあわないでグループでいるほうがいい、と」(タカオさん)

なんとも不自由な話だ。仲間うちで告白して、たとえフラれても仲間としての関係性は維持していくことができないのだろうか。

●「恋人が必要だと思えない」女性たちの言い分
一方、女性たちの言い分としてよく耳にするのは、「恋人の必要性を感じない」という身も蓋もない意見。

「仕事があって女友だちがいて趣味があれば、恋愛はいらない。恋に落ちるとよく言うけど、落ちたことがないからどういう感覚かわからないんですよね。学生時代も社会人になってからも、相手からのアプローチでつきあったことはありますけど、相手にばかり気を遣って、それほど楽しい思い出もありません」

ミエコさん(32歳)はそうあっけらかんと言った。彼女も性体験はない。そのことを「別になんとも思ってない」そうだ。

「話し合ったり相談したりするのは女友だちがいちばん。以前、恋人がいる友人と旅行に行く約束をしていたんですが、結局、『彼がいけないって言うから』とキャンセルしてきた。恋人に行動の自由を制限されて、よく平気だなと思いました。だったら制限しないような恋人をもてばいいじゃない、と言われることもありますが、恋愛って、探してまでするものでもないですよね?」(ミエコさん)

平日は仕事をして女友だちと楽しい時間を過ごし、週末は趣味や自分自身の勉強のために時間を使う。女性たちにとって、そのスタイルが定着してしまうと、そこに「恋」など入り込む間がないのかもしれない。そして、自分のスタイルを変えてもいいと思うほどの相手に出会ったことがないと、別の30代女性も言った。

恋愛は、その人のどこかに「求める」気持ちがあるときに入り込んで来るような気がする。

もともと恋愛したいという欲求がないと、目の前に相手がいてもアンテナが動かないのではないだろうか。

女性側からの強烈なプッシュがないと行動を起こせない男性、もともとそれほど恋を欲していない女性――このギャップはそう簡単には埋まらないのかもしれない。
----------------------------------終了
 
 
  この記事は 315257 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_322796

 この記事に対する返信とトラックバック
323199 春画の余波。もっと求められたい女たちの本音 渡辺未来 17/01/05 PM10
323181 -VRで性衝動をみたす二次元空間の追求-「2次元の女の子と恋がしたい」をかなえる(かもしれない) 黒湯温泉 17/01/05 PM04
323178 最近の小学生の恋愛事情 蔦宇兵衛 17/01/05 PM02
323103 恋人はいらないです!恋愛がめんどくさいと感じる男女の10の心理 匿名希望 17/01/03 PM03
323032 日本の純愛史 匿名希望 17/01/01 PM00
323026 自由におおらかにSEXを楽しんでいた江戸の人々の事情を伝える 匿名希望 17/01/01 AM01
322993 いまどきの男女交際は「恋人」よりも「友人」関係が主流?気になる20代の恋愛事情 匿名希望 16/12/31 AM10
322987 日本人の性情動について (その1) 多田奨 16/12/31 AM00
322908 「恋愛結婚が当たり前」だった時代の終焉とこれから−@ 大西敏博 16/12/28 PM08

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp