子育てをどうする?
321951 子どもに「自分はダメ」と思わせる親の言葉
 
す太郎 ( 26 会社員 ) 16/11/22 PM08 【印刷用へ
リンク
■親から子への「誤った声かけ」

その大きな違いのひとつが「素直に自分と本音で向き合えているかどうか」。そこでは、自己肯定感が大きく影響していました。そして自己肯定感を下げる要因が、子どもの頃の経験にもあることに気づいたのです。

特に気になるのが、親から子への「誤った声かけ」です。

小学生のお子さんが、テストで90点を取って帰ってきました。こんな時あなたなら、どのような声かけをしますか?

「頑張ったね。もうちょっとで100点だったね」

もしこのような「はげまし」が、お子さんの自己肯定感を下げていると言ったら、驚かれるでしょうか。ではどこが悪いのでしょうか。

この声かけの問題点は「もうちょっとで」という部分。正解した90点の部分ではなく、できなかった「10点の部分」に注目しています。

小学校に入学したばかりの1年生にとって、この変化は衝撃です。なぜなら、幼稚園や保育園までは、他人と比べて評価されることはなかったからです。上手に絵が描けた、元気に体操ができた、太鼓をリズムよくたたけた……。基本的に何をしても「マルの世界」でした。

それが小学生になったとたんに「100点満点の世界」で、マイナス面を指摘されるようになるのです。つまり100点でないかぎり、毎回「できなかったこと」に着目されてしまいます。

これはテストに限ったことではありません。日常生活においても、子どもたちは「できないこと」ばかり指摘され続けています。「片付けなさい!」「早くしなさい!」「宿題しなさい!」。言い出したら、キリがありませんよね。

自己肯定感とは、

・自分は大切で価値のある存在だと、自分を自分で認めて自信がある状態

です。

自己肯定感が高い人は何事にも前向きにチャレンジしていけるのに対し、自己肯定感の低い人は「どうせうまくいかない」とマイナス思考で行動を起こすことができません。

日本の若者の自己肯定感が低いことは国際調査で明らかです。私は学校での経験とそれを取り巻く家庭での状況が大きく関わっていると考えています。文部科学省も小学校高学年の子どもの発達における重視すべき課題のひとつとして「自己肯定感の育成」を挙げています。

自己肯定感を育むには、絶対評価が必要です。

なぜなら、他者とは関係なく「自分が日々成長している」と知ることで私たちは自分を認めることができるからです。

しかし、学校は相対評価の世界です。「平均点より上、下」「あの学校に入れる、入れない」など、周りとの比較の中での自分の順位によって、一喜一憂せざるをえません。

なかなか成績が上がらない子どもは「ここを直すように」と言われ、ダメな面に目を向けてばかりいますから、自己肯定感は下がっていきます。いい成績を取ったら取ったで「もっと上を目指そう」と志望校を上げるように促され、「もうちょっと頑張りなさい」と言われます。上には上がいますので、これでは終わりがありません。


■子ども自身も「ダメな部分」に注目するようになる

このような勉強に関わる大人の発言によって、子どもは自分の欠点ばかりに目がいくようになるのです。

九九が少し覚えられないだけで、「私、算数不得意だから」と言い出す。テストでできないところがあると「それ習っていないもん」と言い訳をする。実はこのような後ろ向きな言葉によって、自己評価やセルフイメージは下がっていきます。

そしてこれらの言葉は、親の「マイナス評価」から逃れて傷つかないようにするための、必死の抵抗です。「×がついているのは、不得意だから、習っていないからしょうがないでしょ。私が悪くはないよね……」。子どもが伝えたいのは、そういうことなのです。

ところが親は子どものためと叱咤激励します。その激励に応える子どもを見て、「素直に頑張っている」と安心はできません。その叱咤激励が、自己肯定感を下げている可能性があるからです。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_321951

 この記事に対する返信とトラックバック
328280 「自分の欠点」と向き合う方法 山上勝義 17/07/24 AM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp