子育てをどうする?
319289 フィンランドの教育の高さ、技術力の高さは「国民全体の社会意識の高さ」と「政治腐敗・官僚主義の排除」 1
 
松下晃典 ( 36 kozo大工 ) 16/09/05 PM10 【印刷用へ
フィンランドといえばオーロラが見えて教育が進んでいるところぐらいしかしらなかったが調べてみるとすごいことが分かった。

なぜすごいかの理由は「国民全体の社会意識の高さ」と「政治腐敗・官僚主義の排除」にあるようだ。つまり「国民が政府を信頼している」ということ。お互いに国力を上げるために力をあわせている。
小国なのに勢いがあるのはこのためだろう。

OTTZウェブサイト(リンク)より引用

------------------以下引用------------------

高福祉・高負担の国、デンマーク・フィンランドは単なる社会主義的な国かと思っていたが、どっこい国際競争力でもダントツの経済成長(フィンランドは国際競争力世界第1位、デンマークも上位)を果たしていて「格差無き成長」を実現している。 

その秘密はどうも「将来に対する不安が無いので安心して働ける」と言う安心感と徹底した教育制度とハイテク産業への国を挙げての投資、国民全体が政治に関心を持ち参画し、政治腐敗・官僚主義を排除したことにあるようだ。  

フィンランドは第2次世界大戦で敗戦国となり、ベビーブームは終わり団塊の世代が高齢化を迎え少子高齢化に入った、日本と極めて似たような環境の国だ。

しかし、税負担率は日本が38%に対してフィンランドは実に60%、普通なら働く意欲をそがれて経済成長なんかするわけが無いと思うのだが、

例えば月収84万円の夫婦子供1人の家庭で4LDK100平米6,000万円の家に住み、税・ローン・食費などの負担は74万円、

残りの10万円も旅行などのレジャーに使い貯金は0、サーモン2人分買うのに2600円、2日分の食費だけで6500円、その内税金が食料品が17%、その他が22%と言う重税なのだ

が、「安心して子供を育てられ、将来に対する不安は無く、税金が高いとは思わない」「本当に幸せな生活なので高い税金も全く苦にならない」と言っている。

来年2人目が生まれるが、出産費用はただ、4万円相当のおむつや服・絵本などの育児セットが贈られる。育児休暇も妻が9ヶ月・夫が4ヶ月、夫婦で休暇を取るそうだ。

年金生活者も31万円の支給に対して28%の所得税がかかるが、「いろんな福祉を受けられるので税金が高いとは思わない」と言っている。

それにも関わらず驚愕なのが経済成長だ。90年代初頭フィンランドは大不況に見舞われ、失業率は17%になったが、そのどん底からわずか7年で2001年に国際競争力世界第1位になり、その後も1位を3回取っている。

その秘密は、ハイテク研究開発と教育に国の予算を重点投入したことだ。

91年にソ連崩壊に始まる輸出激減に伴う倒産の危機に追い込まれながら、今や携帯電話市場シェア1位売上高8兆円の企業に躍進したノキアも、それまで製紙・電気・通信など幅広い分野に手を出し巨大化していたが、すべて撤退し、社運を賭けてデジタル携帯電話1本の研究開発に全力をそそいだことと、

組織改革を断行したことだ。すべての役職を廃止し、社員の官僚主義の一掃と前CEOオルマ氏が社員とオープンに話し合い徹底的に討論し、「すべての社員が携帯電話世界一を目差して燃えていた」と言う社員との一体感作り出した。

それと政府が積極的にそれを支援し政・官・学の連携があったことも大きい。フィンランドでは政府機関・産業界・大学が連携してハイテク技術を共同開発していった。ノキアも実はこの恩恵に授かり、デジタル携帯電話もその中から生まれていることを見逃してはならない。

ヘルシンキ大学は国立大学でありながら、予算の半分以上を産業界との共同プロジェクトで賄っている。又、政府機関もその共同プロジェクトに積極的に関わり、企業もその研究開発費に十分な予算が取れないこともあり、テケス(フィンランド技術省)が実に600億円の予算を持ち(GDPの4%、日本はわずか0.1%)、企業などから集められたスタッフ350人が審査をし、優秀なプロジェクトには予算の15〜50%を支援している。

又、このテケスがどんな効果をもたらしたのか、政府・企業に評価されるしくみになっており、日本のろくな仕事もしないのに金だけばら撒いて「母屋ですき焼き」の天下り先や財団法人・独立行政法人などとはわけが違う。

又、テケスは大学とも連携して、ベンチャー企業の創業を支援し、大学生が自ら開発した技術を商品化するため会社を興すパターン多いという。例えばキッチンのコンロ上のフードに自動消化システムを開発した大学生がテケスの融資を得て会社を興し、ヨーロッパ各地から引き合いが来ているケースでは、社長が高々30〜40万円の給料しかもらっっていない(従業員と一緒の給料)のだが、「会社は金儲けの為に作ったのでは無くて、あくまで自己実現であり、良い仕事をすればお金は付いてきます」と言っているのが興味深い。

←私利私欲のために年間何十億の金をもらってめちゃくちゃなことをやってたアメリカ・イギリス・フランスなどの金融機関のCEOに爪の垢を煎じて飲ましてやりたい!

(つづく)
------------------引用終了------------------
 
 
  この記事は 319016 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_319289

 この記事に対する返信とトラックバック
319443 「義務教育は怠惰と無関心を生む」 就学義務がなく自分達で教育をつくっていく国 デンマーク 松下晃典 16/09/10 PM08
319290 フィンランドの教育の高さ、技術力の高さは「国民全体の社会意識の高さ」と「政治腐敗・官僚主義の排除」 2 松下晃典 16/09/05 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp