民主主義と市民運動の正体
318147 小池百合子と舛添要一の分析グラフが完全に一致!〜市民団体による都知事選・出口調査は鳥越候補の圧勝〜
 
猛獣王S ( 46 営業 ) 16/08/08 PM03 【印刷用へ
『小池百合子と舛添要一の分析グラフが完全に一致!〜市民団体による都知事選・出口調査は鳥越候補の圧勝 』()リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
小池百合子と舛添要一の分析グラフが完全に一致!
〜市民団体による都知事選・出口調査は鳥越候補の圧勝!
リンク

小池百合子と舛添要一の分析グラフが完全に一致
リンク

リンク
石原の得票数に80%、猪瀬氏の得票数に48%を乗じてグラフにしたものが図2。
わずかな誤差はあるものの、完全に一致している。

これが自然に起こる可能性は、限りなくゼロに近い。

リンク 

図2
リンク

都知事選上位三人の各区別得票率グラフ
それにしても、東京の支持者って、均一過ぎて驚いちゃう。
リンク

リンク

ヤフーで友達のmimiさんの記事より

市民団体による都知事選・出口調査は鳥越候補の圧勝!
リンク

●修(生活の党と山本太郎となか @osamu9912 1時間1時間前

「市民団体が都知事選の出口調査を、都内5か所の投票所で実施、
投票帰りの方に質問「どの候補者に投票?」、結果は次の通り。
鳥越候補196人(70%)、小池候補33人(12%)、増田候補23人(8%)、
その他候補28人(10%)」=>うわ!事前予想通り、鳥越候補の圧勝となっていますよ!

●孫崎 享 @magosaki_ukeru 2014年3月9日

国際選挙監視団:日本は最早、自浄努力できない国だから、
これから国政選挙がある時には、発展途上国のように、
国際選挙監視団にきてもらったらいいかもしれない。

●修(生活の党と山本太郎となか @osamu9912 32分32分前

安倍広報紙が投票終了と同時、PM8時に、出口調査で「小池候補の当確」を報道、
PM9時の開票を待たずして!おかしい!安倍広報紙の出口調査はデタラメそのもの。
1開票所で、30〜40人に、適当に相手を自分で選んで質問、
PM8時に投票終了だから、出口調査の集計・分析する時間は全くない筈だ

●修(生活の党と山本太郎となか @osamu9912

都知事選、予想通り露骨な「不正選挙」となりました。
孫崎享氏の極秘情報「都知事選。
6/17の段階で既に米国情報関係者周辺では
「次はユリコね」という会話があった」もあり、不正選挙は確実と思ってましたが。
市民団体の出口調査では鳥越氏の圧勝と出ており、正に卑劣な不正選挙です!
許せません!

●amaちゃんだ @tokaiama

真実の投票獲得割合は、鳥越が45% 小池と増田が20%
その他が15%というところだろう
よくも、めちゃくちゃに捏造したもんだ
「共産党票の17%が小池に流れた」というのも電通が捏造したデマだろう
共産党支持者は筋金入りだ 小池に投票するくらいなら共産党など支持しない

●きっこ @kikko_no_blog

「政治とカネ」の問題で2人も続けて都知事が辞任に追い込まれたのに、
次の都知事も「政治とカネ」の問題を山ほど抱えた人物を選ぶなんて、
改めて東京の有権者の学習力の無さ、民度の低さを実感した。
でもこれが現実なのだから、あたしはこれからも諦めずに「正しい選択」を続けていく。

<引用終わり>

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
 
  この記事は 317689 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_318147

 この記事に対する返信とトラックバック
324148 2016年の参院選と都知事選の不正選挙を告発した犬丸勝子さんが不審死!? 山上勝義 17/02/09 PM09
319110 小池都知事 お里が知れた 佐藤晴彦 16/08/31 PM09
318538 これがリベラル派ジャーナリストの真の姿だ!鳥越俊太郎が答えた衝撃のインタビュー!! 匿名希望 16/08/18 AM10
318536 自公支持がない小池氏の得票数×0.71が舛添氏の得票数と区別でほぼ同じって 山澤貴志 16/08/18 AM08
318256 マスコミがつくり上げた劇場型選挙・東京都知事選 村田貞雄 16/08/11 PM09
小池氏は自民の傀儡か?今回の都知事選も不正選挙! 「日本を守るのに右も左もない」 16/08/10 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp