民主主義と市民運動の正体
317908 鳥越さん、得票率70%で大勝利だったが、エクセル不正選挙で妖怪婆さんが勝ちました
 
匿名希望 16/08/01 PM02 【印刷用へ
都知事選の結果と実態との不整合を感じさせる内容です。

まず、7月31日の投票締め切り20時の時点で各テレビ局から一斉に「小池氏当選確実」のテロップがテレビ画面に流れた時点で、違和感が拭えずにいました。

そして公表されている得票数は

小池 ゆりこ 2,912,628
増田 ひろや 1,793,453
鳥越 俊太郎 1,346,103

となっていますが、ツイッターよりある市民団体が実施した都内5箇所での出口調査では

鳥越候補・・・・196人(70%)
小池候補・・・・33人(12%)
増田候補・・・・23人(8%)

となっていたそうです。

さらに、小池、増田、鳥越候補者の開票区ごとの得票数の比率が殆ど一定の比率になっている。エクセルでグラフ化すると一目瞭然とのこと。

以下リンクより引用します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

鳥越さん、得票率70%で大勝利だったが、エクセル不正選挙で妖怪婆さんを米国1%が勝たせました。

米国式不正選挙、常軌を逸してきましたね。

もはや、恥も外聞もなし。

「証拠がなければ不正選挙ではない」ということで押し通すのでしょうね。

実は、鳥越さんが70%得票で大勝利していた。

2016/7/31 23:19

ツイッターより 「市民団体が都知事選の出口調査を、都内5か所の投票所で実施。「どの候補に投票 ?」

鳥越候補・・・・196人(70%)

小池候補・・・・33人(12%)

増田候補・・・・23人(8%)

その他の候補・・・・28人(10%)

不正選挙決定です !

案山子

鳥越さんが出馬して、宇都宮さんが降りた。この辺りも「煩い支持者」を黙らせる結果になっていますね。宇都宮さんだったら、過去の都知事選の得票数のデータがあるから大規模不正がやりにくかった。

2016/8/1 01:05

小池、増田、鳥越候補者の開票区ごとの得票数の比率が殆ど一定の比率になっている。エクセルでグラフ化すると一目瞭然。投票用紙など一切無視で結果を出している。ムサシの投票用紙読取分類機、バーコード、プログラムで一丁完了。前回、前々回と同じ手抜き不正選挙。

リンク 

詳細をクリック。 本当は鳥越候補がトップだったりして。ネットで大騒ぎの予感。またまた墓穴を掘りましたw


だが、米国1%が選んだマダム毒入り回転寿司が偽都知事になったところで、すぐさま、日中戦争が起こせるわけでもなし。その前に「ドル暴落」です。米国1%の頼みの綱、「属国日本」ですが、倒産国家米国を救うことなどできません。

裏社会さん、好きにしてください。
 
 
  この記事は 317221 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_317908

 この記事に対する返信とトラックバック
317960 現代選挙の実態 垂心 16/08/02 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp