一次・二次大戦
315613 国民が知らなければいけない「天皇家の秘密」とは?名ばかりの民主主義国家のタブーとは?貴族の私物国家@
 
猛獣王S ( 45 営業 ) 16/05/24 PM11 【印刷用へ
『国民が知らなければいけない「天皇家の秘密」とは?名ばかりの民主主義国家のタブーとは?貴族の私物国家』(NAVERまとめ)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
天皇家は、戦前に財閥の10倍もの資産を持っていたとされており、その財産は、現在も海外の口座にプールされているという事です。国の借金が膨れ上がる中で、一部の権力者は、海外口座に資産を移しています。日本はまさに「名ばかり民主主義」となっています。

どうして、日本でこんなに税金が高いのに、国民の生活は豊かにならないのですか?その答えは、「どこかに誰かがお金を隠しているから」ですよ。

●大金持ちすぎる「天皇財閥」とは?
出典7841dd5172.seesaa.net リンク

・戦前の天皇家が株式、国債、土地などの資産を持っていたことはよく知られているが、著者によれば、財閥解体時の資料を基に天皇財閥は4大財閥の10倍程度の規模
出典 書評 吉田祐二著『天皇財閥―皇室による経済支配の構造』 最大の財閥・天皇家の海外進出における「経営判断ミス」 | ちきゅう座リンク

・戦前の天皇は国家元首で統治者、軍隊の最高司令者であったが、同時に日本最大、世界でも有数の資産家であった
出典 書評 吉田祐二著『天皇財閥―皇室による経済支配の構造』 最大の財閥・天皇家の海外進出における「経営判断ミス」 | ちきゅう座リンク

・日本郵船だけでなく、天皇は大阪郵船の大株主でもあり、これを使って、日本は手に入れた外地へ、人間や物資を運ばせ、莫大な利益
出典 昭和天皇が戦争狂になった訳 中川隆リンク

・皇家が保有していた株式は、日本銀行、横浜正金銀行、朝鮮銀行、台湾銀行、南満州鉄道、日本郵船、東京電燈、帝国ホテルなど。天皇家は日本最大の金融王
出典 書評 吉田祐二著『天皇財閥―皇室による経済支配の構造』 最大の財閥・天皇家の海外進出における「経営判断ミス」 | ちきゅう座リンク

●隠されている天皇家の莫大な資産

・戦後、天皇が海洋生物の研究家になったのは、ただひとえに自分が専制君主ではなかったというポーズ
出典 昭和天皇が戦争狂になった訳 中川隆リンク
天皇家の資産は、現在でも日本にある三菱財閥の力などを背景として莫大なものであると推定されています。

・「戦前、皇室には予算として年額450万円が国家予算から計上されていたが、一説によれば天皇の総資産は少なく見積もっても約16億円であるという。
出典 昭和天皇が戦争狂になった訳 中川隆リンク

・本当の資産総額は、海外へ隠した資産を含めれば、信じ難いような天文学的金額であるともいわれている。
出典 昭和天皇が戦争狂になった訳 中川隆リンク

●戦時中に行われた天皇家の蓄財
出典 homepage1.nifty.com リンク

・天皇一族によりだまされ「売春婦として欧米に販売された」日本人女性の数は数十万人と言われております。
出典 天皇家の秘密-再掲:日本人は知ってはいけない。リンク

・天皇一族は自分の金儲けのために、健全な若い日本人女性をだまし、売春婦として欧米に「売却」して来ました。
出典 天皇家の秘密-再掲:日本人は知ってはいけない。リンク
----------------------------------------------------------------
続く
 
 
  この記事は 315422 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_315613

 この記事に対する返信とトラックバック
316738 増加する中年童貞が抱える事情とは? 高学歴がネック、処女信仰、同性愛者のフリ@ 惻隠之心 16/06/26 PM01
316560 簡単な10のステップで実現できるファシスト日本@ 志水満 16/06/21 AM11
316548 <利便性の罠が現代人の首を絞めている・・・> なぜアーミッシュに病人が出ないのか|現代社会の正体を探る 惻隠之心 16/06/20 PM10
315733 天皇が己に従わぬ者、己と違う文化で生きる者を「卑賤」とした 孫市 16/05/28 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp