次代の活力源は?
31505 超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
 
四方勢至 ( 老年 編集 ) 02/05/21 PM05 【印刷用へ
では、人類の新たな活力源⇒圧力源は何か?
それは、すでに実現論4_1_00『人類500万年のパラダイム転換』に明示されている。

>サル→人類が共認機能→観念機能を武器に進化してきた動物であり、その生存と進化の前提条件の一つであった物的生存圧力(自然圧力と外敵圧力)⇒物的生存課題をほぼ克服し得たのだとすれば、あるいは少なくとも動物的な生存圧力はもはや主要な活力源たり得ず、従って物的生産はもはや第一義課題たり得ないとしたら、残るのは同類圧力の活力源しかない。人類は、これまで500万年に亙って自然圧力・外敵圧力だけを対象とし(そして期待・応望の同類圧力を生命源として)、共認機能と観念機能を進化させてきた。そして5500年前(日本は2000年前)、同類闘争圧力が加わるや否や、わずか数千年で、自然圧力・外敵圧力をほぼ克服してしまった。
これから先、人類は同類圧力(同類闘争圧力も含む)を主活力源として、共認機能・観念機能を更に進化させてゆくしかない。元々サルは、同類圧力を主活力源として共認機能を進化させてきたのだから、それは基本的には充分に可能である。

>また、既に動物的な生存圧力を克服した共認社会では、環境その他の人類的課題に対する期待・応望の同類圧力=共認圧力が解脱充足と並んで主活力源となり、人々の期待に応える政治や哲学や科学や芸術が主活動となる。そして、期待・応望を主活力源とするそれらの活動は、評価収束によって必然的に創造闘争=共認闘争の圧力を形成し、それが期待・応望の主活力を加圧する。
つまり、共認社会の同類闘争は、人類的課題に応える創造競争=共認闘争となる。(政治であれ哲学であれ科学であれ芸術であれ、提起された認識は共認の獲得を目的としており、最終的には社会共認となることを目指しているので、創造競争は本質的には共認闘争である。)
但し、あくまでも人々の期待に対する応望が主目的であって、闘争が主目的なのではない。闘争圧力は、評価収束によって期待・応望から必然的に派生する期待・応望の強化圧力であり、それによって人類的課題に対する期待・応望の活力は、極めて強力なエネルギーを持つことになる。

>人類的課題に対する期待と応望を主活力源にして創造活動を営み、評価収束による創造競争(=新たな同類闘争)によって圧力=活力を高め、その同類闘争を同じ評価収束⇒評価共認によって統合する社会、これは原始人には夢想だにできなかった社会である。
にも拘らず、同類圧力=共認圧力を生命源とする社会であるという根本パラダイムは、極限時代と同じである。ただ人類は、動物的な生存圧力の場を超えて、超動物的な同類圧力=共認圧力の場へ移行する段階を迎えただけである。それは、共認動物が到達するべくして到達した必然的世界であり、実は滅亡の危機に瀕した今こそ、動物的限界を引きずっていた前史が終わり、真の人類史が始まる、その起点となる時なのである。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_31505

 この記事に対する返信とトラックバック
286273 人々の期待に対する応望が主目的であって、闘争が主目的なのではない。 匿名希望 14/01/16 PM09
280454 今の時代、応望が最大最強の武器 竹村誠一 13/08/30 PM11
279538 闘う上司から、勝てる組織にするための言葉 匿名希望 13/07/24 PM09
248545 これから私たちがやること・・・ 谷本淳 11/04/02 PM11
234694 今求められているのは"どれだけみんなの評価を得られる創造物を作り出せるか?” 嶺山志保 10/07/15 PM07
234413 不全課題から充足課題へ 佐藤晴彦 10/07/09 AM03
233323 【図解】超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源 みのり 10/06/17 AM02
233199 同類圧力があったから、人類は進化してこれたし、進化してゆく 匿名希望 10/06/14 PM01
『家庭って何?』〜人類の新たな活力源=圧力源〜 「感謝の心を育むには」 10/03/12 PM04
228150 毎日が共認闘争☆どんなことでも、共認闘争☆ ぴのこ 10/03/12 PM03
227995 「本当の友情ってなんだとおもう?」・・・期待・応望のエネルギーが、主活力源になっていく時代☆ 西田美和 10/03/10 PM06
227834 共認原理社会における圧力は、私権原理社会よりもはるかに強力! 末廣大地 10/03/07 PM11
227830 私権獲得の活力は凄まじく大きかった、逆に言えば・・・ コータロー 10/03/07 PM10
226884 私権圧力⇒同類圧力への切り替え! カナ∩^ω^∩ 10/02/20 PM10
219359 認識闘争=真の人類史の始まり 汚れなき男 09/11/10 PM03
219331 課題の向こうには人がいる 09/11/10 AM03
219330 応望が主目的の共認闘争って充足のスパイラルを生み出す☆.。.:*・゚ みかん 09/11/10 AM02
216198 カダフィ大佐の国連演説 岸良造 09/10/01 AM11
216164 市場社会の終焉が健全な創造競争社会の構築へ向けた転換点になる 星埜洋 09/09/30 PM09
216163 私権価値から新たな価値創造へ 今井勝行 09/09/30 PM09
214023 これからの創造(芸術)活動はどうなる? 鈴木康夫 09/08/31 PM07
214018 共認時代に「闘う」ためには? かなめんた 09/08/31 PM06
213690 若者の職選び、人気の職業はみんなの期待。 向芳孝 09/08/26 PM11
211680 圧力を加えることによって進化、エネルギーを生み出す 西村真治 09/07/28 AM01
211557 いっその事、選挙に行くのはやめないか? 川井孝浩 09/07/26 AM08
211463 加圧があるから成長できる 金木洋平 09/07/24 PM11
211439 【幹図解】人類の新たな活力源=圧力源 山田渉 09/07/24 PM08
209607 応望が主目的で、闘争が主目的ではない。 佐藤賢志 09/06/26 PM09
207122 共認機能・観念機能の行く先は無限に広がっている。 八代至誠 09/05/22 PM01
204292 共認社会の同類闘争は、人々の期待に対する応望が主目的!! エミリー 09/04/13 PM07
202221 人類は外的圧力を克服したと言い得るのか? 匿名希望 09/03/16 AM04
199987 共認充足を道しるべにする。だから、「もっと上手くいきそう!」と実現していける。 西田美和 09/02/18 AM07
194915 「人類的課題」という統合軸 多田奨 08/12/15 PM05
194431 農業は医療や教育と同じく人類(集団)にとって不可欠の事業であり、脱市場原理の最先端可能性といえるのでは? 浅野雅義 08/12/09 PM01
194426 実体経済下の物的生産の新しいかたちはどうなる? かなめんた 08/12/09 AM11
194414 分裂病患者である国家相手に嘆くのではなく、自ら可能性を示すこと 国道12号 08/12/09 AM03
194396 【図解】超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源 多田奨 08/12/08 PM10
194392 闘争が主目的なのではない 上島貫九郎 08/12/08 PM09
194340 期待・応合に生きる 松岡隆 08/12/08 AM01
194230 賽は投げられた (´・∀・`) 08/12/06 PM10
192591 「新しい」だけの認識…では…? 禿靖彦 08/11/18 PM04
191370 人々をまっとうな活力に導く評価軸の形成も共認闘争なんだ コールスロー 08/11/03 PM04
190035 序列原理の中でも共認原理は活きている 澤根和治 08/10/18 PM11
189633 人類の主活力源は同類圧力! なでしこ☆ 08/10/14 AM01
189249 期待・応望はかけあうことが大切 宮崎敬子 08/10/09 AM00
189236 活力源=圧力源を捉えていく 藤田公一 08/10/08 PM09
189226 地域評価を獲得するための可能性の実現=仕事の活力源 相馬俊之 08/10/08 PM08
189220 評価される事が活力を増す! ゅー坊 08/10/08 PM07
189086 同類圧力のパワー ヒゲ眼鏡 08/10/07 AM02
188160 【図解】人類の新たな活力源=圧力源 佐藤麻衣 08/09/30 AM11
187253 動物的限界を超える 福ちゃん 08/09/25 AM00
187076 「競争」と「闘争」の違い U-KI 08/09/23 PM10
185409 人の期待や応望に応える 松岡俊之 08/09/11 PM01
185227 【図解】人類の新たな活力源=圧力源 松下直城 08/09/09 PM06
185053 奪われようとしている人類的課題 渡辺卓郎 08/09/07 PM09
185046 「みんなの期待に応える」という大転換 バスケットマン 08/09/07 PM08
184752 一人では期待も評価もできない 高間愛美 08/09/04 PM10
184311 親和力を上げよう♪ 〜1.親和でも評価競争しているのです!〜 西知子 08/08/30 PM11
182103 期待する・期待される ゆ〜た 08/07/26 AM00
181414 仕事のなかで生まれる期待と応望同類圧力 前田一成 08/07/17 AM09
179456 同類を対象とし、同類圧力を生命源として共認・観念進化する時代の到来 こうた 08/06/19 PM05
179445 活力源の維持が人類進化の原動力 志水満 08/06/19 PM00
179404 評価よりも共認形成よりも期待・応望の同類圧力へ 彗星 08/06/18 PM09
179375 同類圧力=共認圧力を生命源とする社会が人類社会 匿名希望 08/06/18 PM03
179099 期待・応望の活力源を、機能させるには。 猪飼野 08/06/13 PM01
179097 人類的課題に対する期待・応望の活力 長谷川文 08/06/13 PM00
178215 生存課題から人類課題へ 神楽坂 08/06/02 PM11
178174 超動物的な同類圧力=共認圧力の場へ ふうらいぼう 08/06/02 PM05
176601 マスコミに変わり、みんなで共認の場を作る 野田雄二 08/05/16 PM05
174415 何のために仕事をするのか? 門奈津子 08/04/18 PM09
174406 その仕事は、みんなの期待に応えているか?? 山田純子 08/04/18 PM07
174368 応望が主目的!!(カードデモ風☆) スガイク 08/04/18 AM06
173793 共認機能・観念機能の更なる進化とは? 大森義也 08/04/09 PM05
173789 【図解】人類の新たな活力源=圧力源 コスモス 08/04/09 PM03
173169 市場はウイルスのように国家・集団に寄生し破壊する 村上祥典 08/03/29 AM02
173161 創造競争=共認闘争の目的は人々の期待に対する応望。私権闘争はそれ自体が主目的。 渡邊かお里 08/03/28 PM11
173148 ゴマカシ共認支配から抜け出し、みんなで評価軸を創り出すことが必要 前山薫 08/03/28 PM09
173100 「超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源」を読んで 菅野敬子 08/03/27 PM11
172512 仕事場面で「人類の新たな活力源=圧力源」への転換を感じる。 鈴木龍也 08/03/16 AM04
172454 人々の思い(期待)はガタガタの社会を何とかしたいということ 酒井裕志 08/03/15 PM00
172418 人類的課題を活力源と出来る時代 タンロン 08/03/14 PM08
172406 グローバル化の意味 HAYABUSA 08/03/14 PM02
172405 真の人類史の起点に立っている 新川啓一 08/03/14 PM01
172393 【図解】超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源 浅見昌良 08/03/14 AM10
171132 これからの「科学」の課題。 田村正道 08/02/19 AM05
170968 物的生存課題を克服した今、物的生産である市場社会では統合不可 菅原正輝 08/02/16 AM10
170960 【図解】人類の新たな活力源:生存圧力から期待応望の同類圧力へ 佐藤晴彦 08/02/16 AM02
170956 パラダイム転換に気づくには 星埜洋 08/02/16 AM00
170795 外圧を捉えるには?⇒認識形成の場に積極的に参加する☆ 西田美和 08/02/13 PM00
170567 「みんなの期待に応えて闘う!」という言葉にこめられた闘争の意味 吉川功祐 08/02/09 AM05
170090 「期待・応望」こそが活力の核 天心 08/01/31 PM07
169992 日本人の勤勉性はどこから来たのか 鈴木康夫 08/01/30 PM10
169165 真の人類史では、すべてが塗り替えられていく 西村真治 08/01/16 PM11
169164 人類は本当に生存圧力を克服したのか? 山名宏明 08/01/16 PM11
169159 市場が真の人類史開幕を邪魔している 斎藤一浩 08/01/16 PM10
169156 同類闘争圧力を知るべし わっと 08/01/16 PM09
169097 これから日本が発信できることは何か? ざしきわらし 08/01/15 PM10
168904 普遍的な構造に改めて気づいた。 八代至誠 08/01/12 PM09
168035 期待・応望⇒切磋琢磨 R 07/12/28 PM09
168014 活力△の闘争圧力 澤根和治 07/12/28 PM05
165928 カギは私権圧力に換わる新たな活力源⇒圧力源の創出にある。 向芳孝 07/11/25 PM07
165851 活性化する、なんでや劇場・なんで屋サロン 大森義也 07/11/24 PM09
165597 【図解】超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源 匿名希望 07/11/20 PM08
165523 闘争の場は、互いの最高の手を出し合う機能進化の場 小林雅志 07/11/19 AM00
165475 ’70〜以降の可能性収束は、るいネットの構成と同じ!? STP 07/11/18 AM11
165244 【幹図解】超国家超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源 磯貝朋広 07/11/14 PM03
165237 対象が広がれば広がるほど、活力が湧く! 田中瑠衣 07/11/14 PM01
164820 共認闘争の勝敗と私権闘争の勝敗は決定的に異なる! きっちょむ 07/11/07 PM11
164802 【幹図解】人類の新たな活力源=圧力源 佐藤麻衣 07/11/07 PM05
164795 真の人類史に求められる評価共認システム 福田尚正 07/11/07 PM01
164478 みんなからの評価を受け入れる 加藤弘行 07/10/31 PM08
164303 能力上昇⇒仕事成果を出すには? 衛藤信義 07/10/28 PM03
160435 みんなに応えているかが判断軸 匿名希望 07/09/04 PM04
160056 認識欠乏に応えることが仕事 長谷川文 07/08/30 PM02
156459 「活力源⇒圧力源」 山崎許子 07/07/09 AM02
156365 『同類闘争圧力』 宮崎未帆 07/07/07 PM09
152783 解決策は評価共認を獲得すること 熊澤敬輔 07/05/27 PM00
151416 「仕事ができる=闘える男の人は、応望性が強いなぁ・・」 山田純子 07/05/11 PM03
148978 仕事ににも応用できる重要な認識 宮本昇 07/04/09 PM07
148785 活力再生のスタートライン 根木貴大 07/04/06 PM08
148775 集団としての加圧システムの構築が活力上昇の鍵 303 07/04/06 PM04
148753 期待⇔応合が人類の生命源 山田純子 07/04/06 PM00
148388 万人による「政治や哲学や科学や芸術」 HAYABUSA 07/03/31 AM03
147694 活力源は、やっぱり「みんなの期待」への応望から 塩貝弘一郎 07/03/22 AM02
146376 潜在思念で評価することで、誰でも共認闘争に参加できる。 長谷暢二 07/03/03 PM11
145108 提起された中身だけが問われる時代 松井英仁 07/02/16 PM10
豊かになってからの目標は? 「行くぞ兄さん」 07/02/14 PM00
143214 滅亡回避のためには! 菅原正輝 07/01/24 PM09
142454 人類の真価が問われるのはこれから! バスケットマン 07/01/16 AM01
142331 社会共認となるための認識を作り出す社会へ 近藤文人 07/01/14 PM04
142318 人類の活力源は同類圧力! STP 07/01/14 PM00
142300 【図解】超国家超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源 越見源 07/01/14 AM02
142284 期待⇔応合の大切さ キイロイトリ 07/01/13 PM11
142234 厄介な人類的課題すら活力源となる 西村秀彦 07/01/13 PM05
142059 500万年を経た人類の願い 岡野泰子 07/01/11 PM11
141966 創造活動の主動因 岸良造 07/01/10 PM09
141946 人類的課題の転換=困難(マイナス)の克服→新たな(プラス)目標の提示 野田雄二 07/01/10 PM06
141933 真の人類史の始まり 渡辺卓郎 07/01/10 PM03
141930 「自分の問題として考えよう」では簡単に捨象されてしまう 坂本日出夫 07/01/10 PM02
141919 外圧が変わるという意味を人類史的に捉えると 星埜洋 07/01/10 PM01
140272 【図解】人類の新たな活力源=圧力源 麻丘東出 06/12/16 AM03
139670 同類圧力を活力源に転換する 峯川満章 06/12/09 AM05
139667 これからの政治家は“答え”を巡る評価場に参加させるべきでは 木橋哲夫 06/12/09 AM03
139651 政治への期待は高まっているのだろうか 新井弘 06/12/09 AM00
137233 収束関係(実現関係)が分かれば実現可能性が見えてくる 斎藤幸雄 06/11/12 AM03
137142 改めて‥。 石橋創 06/11/11 PM00
136605 人類は素晴らしい機能を持っている 磯貝朋広 06/11/05 PM07
136603 人類の新たな圧力源⇒活力源は、『滅亡の危機』 橋口健一 06/11/05 PM07
136596 活力向上の鍵は、常識を覆す評価システムの構築と人類的課題の共認 三浦弘之 06/11/05 PM06
136575 新たな同類闘争が持つ活力の加圧構造 かなめんた 06/11/05 PM01
136409 [図解] 人類の新たな活力源=圧力源 小池祐介 06/11/03 PM11
135080 図解「超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源」 冨田彰男 06/10/21 PM09
134971 共認機能を進化させる、とはどういうこと? 大森義也 06/10/21 AM01
131550 「図解」人類の新たな活力源=圧力源 川井孝浩 06/09/21 PM09
131498 次代の人類進化 山名宏明 06/09/21 AM08
131425 元気の源『自己中は許さない!』 斎藤一浩 06/09/20 PM03
131335 ダンマリ人は「人非人」である。 西田美和 06/09/19 PM00
129999 期待・応望の主活力源を途絶えさせてはならない 立石裕美 06/09/04 PM11
129976 人類の新たな活力源=圧力源 ふく 06/09/04 PM06
129966 圧力を無限に作り出せる「加圧のサイクル構造」が人類進化の鍵。 野田晋一郎 06/09/04 PM03
129937 「さらなる期待応望圧力を生む」という加圧構造 匿名希望 06/09/04 AM00
125991 (図解を通じて気づいた)物的生存圧力と同類圧力の関係 STP 06/07/16 AM06
125440 ネアンデルタール人、 場の圧力を鮮明にする『同類闘争』の概念 山田真寛 06/07/10 PM10
123729 創造の地平 前山薫 06/06/25 AM03
120112 闘争とは創造闘争 匿名希望 06/06/12 AM00
119962 中身(答え)を出すのが闘争 谷光美紀 06/06/11 AM11
119961 創造するためには、新認識が必要。。。 タマゴ丸 06/06/11 AM11
119821 みんな発のエナジーをキャッチすること。 miz 06/06/10 PM09
108228 私権時代のように受動的に圧力に対応するだけでは、時代は何も変わらない。 田宮昌明 06/03/29 AM00
104124 人口減の社会のはじまり 野村徹 06/01/16 PM11
98873 遂に顕在化した答え探索(=次代の活力源) 斎藤一浩 05/10/10 PM09
94595 時代の大転換、その当事者でいられる事に感謝 野田雄二 05/07/15 PM11
92673 本当に「闘っている」のか? 小暮 勇午 05/06/14 PM08
91822 共認闘争という縄張り争い 渡邊かお里 05/05/31 PM11
91797 社会、みんなありきで初めて共認圧力は有効な活力源となる 白石寛隆 05/05/31 PM09
90531 「相手も自分も」という視点 矢野悟 05/05/12 PM00
89841 期待=応合のエネルギーが人々を突き動かす 藤田公一 05/05/01 AM10
89130 みんな発の実現体を示す 笠原光 05/04/19 AM01
86642 肯定視すれば、収束不全の奥に現実基盤が見えてくる 麻丘東出 05/03/02 PM10
85182 『活力源とは一体何なのか』を知らない若者 吉原徹 05/02/05 PM09
84408 活力源となる答え⇒事業化のカベを突破したい。 松下直城 05/01/22 PM02
83146 原始時代と現代の同類圧力の働き方の違い 宮崎未帆 04/12/25 PM07
82887 芸術はみんなによって創られたものです。 呉珍之 04/12/20 PM08
82499 農村の評価共認空間 蝦夷穴 04/12/13 PM07
31935 期待と圧力 津田大照 02/05/25 PM11
31839 るいネット=実践の場 浅野信夫 02/05/24 PM11
31786 「闘う」ということは。 猪原裕子 02/05/24 PM01
31753 人類的課題が皆に開かれるとき 阿部和雄 02/05/24 AM00
31746 ようやく見えつつある新たな可能性 沼田竜一 02/05/23 PM11
31723 創造活動が作り出す社会 澤根和治 02/05/23 PM10
31693 肯定視観が必要 匿名希望 02/05/23 PM01
31682 動物的限界を超える 匿名希望 02/05/23 PM01
31657 ランキングに見る同類闘争の真髄 西谷文宏 02/05/23 AM01
31654 「生存圧力」から「同類圧力=共認圧力」へ 松尾茂実 02/05/23 AM00
31617 共認闘争の第一歩 長谷暢二 02/05/22 PM10
31607 工場労働も意識生産へと変えられる 木橋哲夫 02/05/22 PM09
31591 同類圧力=共認圧力が最大の活力源となるために 琵琶湖 02/05/22 PM02
31541 人とは何かという論 渡邊かお里 02/05/21 PM11
31511 同類圧力がネット世界を創り出した 冨田彰男 02/05/21 PM09
31509 闘争圧力とは期待・応望の強化圧力である。 笠原光 02/05/21 PM09

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp