試験制度と暗記脳
312589 驚愕の日本の英語力調査結果
 
松本翔 ( 26 構造設計 ) 16/02/23 PM06 【印刷用へ
リンク

=========================================
文部科学省から、平成26年度の日本の英語力調査結果(高校3年生)速報が出た。

調査結果は驚愕の一言だ。

これは英語力のあるなしとか、そういう議論は超越している。

日本の英語教育は、完全に大失敗という結果だ。

 この調査は高校3年生7万人を対象にした英語力調査だ。

文科省の目標はグローバル人材育成に向けて、成果指標として高校卒業時に英検準2級〜2級程度以上だ。

 
英検のサイトを見ると、下記の通り、高校卒業程度のレベルは英検2級となっている。

●英検2級程度の実力を持つ高3生は2%しかいない
高校卒業程度以上の英語力をもつ高校生が2%。

2%!!!!!

学校で学ぶことで、2%の人しか身につかない。

結果が2%しか出ていない。

こんな大失敗があるだろうか?

ここまで大失敗だと、教えるが上手い下手とかではなく、教えること自体が無駄だ。

このスコア分布の、B2が英検2級相当、B1が英検準2級相当だ。

これによると英検準2級相当の人も、「読む・聞く」で25%程度、「書く・話す」では13%程度しかいない。
リンク

●英語が好きでない高校生は60%
高校生の大多数がA1レベルで、そこが80%を占める訳だが、その65%は英語が好きでない。

高校の授業で習うかもしれないが、2%の人しか習得できないできない、訳わからない科目を好きになる方が難しい。

 
まとめると日本の英語教育は、

・勉強しても話せない、理解できない

・理解できないけど、苦手意識や嫌い意識のイメージだけが強くなる

という負の螺旋を廻っている。
 

グローバル人材育成の目標に対して、2%は衝撃的過ぎる。

こんなレポートが平然と出ることをみて、目標を掲げてもその結果に責任を持たない世界の恐ろしさを垣間見た気がする。
========================================
引用終わり
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_312589

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp