マスコミに支配される社会
312037 不正支持率!安部政権支持率51%は大嘘。4倍に捏造!
 
花山薫 ( 会社員 ) 16/02/05 PM09 【印刷用へ
リンクの51%の支持率はありえない。

               安倍政権  支持  / 不支持
――――――――――――――――――――――――――――――
14年         十勝新聞 8/15| 26% / ??%
     琉球新報&沖縄TV放送 8/26| 18% / 81%
         Yahoo世論調査 12/26|  9% / 89%

15年         福島民報 6/29| 28% / 50%
           埼玉新聞 8/29| 16% / 83%
         日本農業新聞 10/28| 18% / 59%
   北海道TVが、生放送で調査 10/8| 18% / 74%
   MXTVが、生放送で世論調査 2/14| 25% / 71%
      MXTVが再び生放送で 12/19| 22% / 77%
    越谷市で街頭シール回答  7/8| 12% / 87%

16年       日本農業新聞  1/4|  7% / 93%
   名古屋市で街頭シール回答  1/3| 19% / 81%

地方紙における支持比較表で不正は明らか。

以下リンクからの引用

TV新聞の世論調査は<全部>嘘です!4倍ねつ造
世論調査は40倍も誇張していたのです。産経は70倍。
植草一秀氏「世論調査を取り締まる法律がなく、無法地帯」 

だから、今まで言ってきたように、安倍の支持者なんて幻なんだよ。「存在しない」のだ。いるのは、見えないほど数の狂信的な信者だけ。

必至になっているのは、自民党の非合法ネットサポーターたちと、社会に対してうっぷん晴らしをしているだけのB層トッちゃん坊やだけ。
それと、「右翼」「左翼」の意味も理解できない馬鹿右翼だけだよ。

まだ支持率50%などという話を信じているネットユーザーは、もう非常識の領域の住人か、世間とまったく接触のない引きこもりかのどちらかだろう
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_312037

 この記事に対する返信とトラックバック
343739 25%基盤安倍内閣に38%民意が突き付けられた 匿名希望 19/03/01 PM00
333465 日韓朝を乗っ取る米国戦争勢力は今、好戦派と非・好戦派が拮抗している:未だに好戦派に盲従する安倍氏は米国情勢把握に関して、韓朝指導者に大きく劣るとみんな気付け! 匿名希望 18/02/14 PM10
332689 世界からみれば眼中にない安倍首相(天木直人のブログ) 匿名希望 18/01/13 PM07
332187 日本を真っ暗闇にしたのは誰なのか 匿名希望 17/12/27 PM10
324763 外国メディアは安倍辞任の理由をどう報じるか見ものである(天木直人のブログ) 匿名希望 17/03/04 PM07
323470 「小池百合子が小泉進次郎と組んで安倍を倒す」と書いた週刊実話(天木直人のブログ) 匿名希望 17/01/14 PM03
322311 日本の年金を搾取するブラックロック(証券会社) 惻隠之心 16/12/05 PM06
319865 安倍首相は馬鹿者呼ばわりされないよう気をつけたほうがいい(天木直人のブログ) 匿名希望 16/09/24 PM01
313002 "行間"を読ませる「トランプ話法」の功罪 「省略三段論法」というレトリック 志水満 16/03/08 PM10
312985 社員を末期患者扱い 人材大手が作成“クビ切り手引き”の仰天 惻隠之心 16/03/08 PM01
312978 ウランの地下水汚染を防ぐ細菌、そのメカニズム 志水満 16/03/08 AM02
312966 激変する日本の人口 惻隠之心 16/03/07 PM09
312897 GPIF運用益4.7兆円〜それでも日本の公的年金は実質破綻している 志水満 16/03/05 PM02
312896 国際銀行家がつくりだした銀行業の信用創造の詐欺がマネーの偽りの文化、詐欺学の原点 志水満 16/03/05 PM01
312520 安倍晋三首相は、何をそんなに憲法改正を急いでいるのか? 匿名希望 16/02/21 PM01
312364 7月同日はご破算か?3月衆院解散4月投開票が現実味 花山薫 16/02/16 PM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp