思考革命:問題意識発から可能性発へ
312027 運が良い悪いは本当にあった!
 
匿名希望 16/02/05 PM05 【印刷用へ
運が良い悪いは本当にあった!科学的に証明された運気アップ法リンクからの転載です。
_________________________________
■運が良い人は「2倍よく笑う」ことが判明

心理評論家・植木理恵先生は、イギリス・ハートフォードシャー大学の研究を紹介。1年間で急に上場した会社、運命の出会いをして結婚したなど、いわゆる“運の良い人” の考え方について調査したところ「心理的な考えよりも普段の行動が大きく影響していた」という。

運の良い人に共通していた行動は「よく笑う」ことで「運が良い人は、運が普通という人より2倍よく笑っている」と、植木先生は指摘した。

■運の良い人が普段からやっていることは?

他にも、人とよく目を見合わせる、身振り手振りが大きい、腕組み・足組みをしないなどの特徴があり、植木先生は「笑顔、手を開くなどは、向社会的といって相手に対し自分の心を開いているという情報を出している」と、解説した。

植木先生によると「運が良い悪いというのは、統計学上は平等と言われている」そうだが、「運が良い」と言われる人は「運をキャッチする人」で、運をキャッチできる人には、よく笑う、現金を持ち歩く、ペンと紙を持ち歩く、一人で食事をしないなどの統計学上の特徴があるそうだ。

■科学的に運を上げる方法はある?

「運が強いと思い込む人は成功する可能性が高い。運が良いと信じると集中力が全然違う。出来ないんじゃないか?という想像はジャマになる」とし、「成功するかどうかは、意志と想像力の足し算ですが、意志よりも想像力の方が勝つ。『やるぞ!』『頑張るぞ』という意志より、やれている、出来ている姿を想像する方がうまくいく」と、解説した。

■運気を自分でコントロールするのも重要

武田先生は「短い人生の中で運を上げるには、自分から運の良い方にずらしていかなきゃいけない」と語り、自身は「天気と身体の(リズムの)関係を理解して生活している」と明かした。

さらに、武田先生は「(リズムが)うまく合わなければ、ずらしていけばいい。決断力がない人は、同じようなことを繰り返す。だから、運を良くするには決断力があった方がいい。運が悪い人は、(リズムが)悪くてもずーっと繰り返す」と、指摘。

■人生の岐路、どっちを選ぶかで明暗が…

これを受け、生物学評論家・池田清彦先生は「人生の岐路、どっちへ行くか?を選ぶ時、困難な方を選んだ人の方が絶対にうまく行く。間違いなくそう」と、キッパリ。

その理由として「困難な方を選ぶ人は『これでも行ける』という自信があるんだよね。だから、運がついてくる。安易な方を選ぶ人は、困難な道は怖くて行けない、自信がないから。結果、運が悪くなる」と、耳が痛くなる、深い解説をした。
_________________________________
 
 
  この記事は 311924 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_312027

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp