311882 「田布施システム」と明治天皇替え玉説2
 
匿名希望 16/01/31 PM08 【印刷用へ
311881の続き、
NAVERまとめ2015年6月22日リンク

――――――(引用続き)――――――
●実は、攘夷派だった孝明天皇(北朝)と息子を暗殺、大室寅之助少年を即位させたという

>薩長土肥、及び岩倉具視などの開国倒幕派にとって孝明天皇と孝明天皇の信任が厚かった徳川家茂は、いずれも彼等の理想を阻む厄介な存在だった。
出典
明治天皇誕生秘話にまつわる奇々怪々

>「実は明治天皇は孝明天皇の子ではない。
 孝明天皇(北朝系)はいよいよ大政奉還、明治維新というときに急に殺されて崩御になり…睦仁親王は暗殺され、これにすり替わった明治天皇は、後醍醐天皇(南朝系)の第 11番目の皇子光良親王の子孫で長州萩で毛利氏が守護してきた。
 薩摩と長州の間には、この南朝の末孫を天皇にすると言う密約があり、これが王政復古御一新を志した勤皇の運動である」(田中光顕)
出典
明治天皇誕生秘話にまつわる奇々怪々

>「「明治天皇」は「後醍醐天皇」第十一番目の皇子「満良親王」の御王孫で、毛利家の御先祖すなわち大江氏がこれを匿って、大内氏を頼って長州へ落ち…代々長州の萩に於て、此の御王孫を御守護申し上げて来た。」(「芳聖文書」)
出典
天皇の暗号: 明治維新140年の玉手箱 - 大野芳 - Google ブックス

●たしかに、現天皇家は北朝由来のはずなのに、明治になって南朝の名誉回復が行われている

>1911年(明治44年)…『大日本史』の記述を根拠に、明治天皇の裁断で三種の神器を所有していた南朝が正統であるとされ
出典
南北朝正閏論 - Wikipediaリンク南北朝正閏論

>疑問は、皇居の楠木正成の銅像(明治33年、1901年完成)を見たときに決定的となりました。
北朝の天皇の住んでいる皇居が、南朝に最後まで身をささげた家来に守られているわけ?
出典
今の天皇は現王朝が出来てから四代目(孝明天皇で前王朝は終了し、明治天皇から新王朝が始まっている) リーマンリンク

>明治天皇の生母とされる中山慶子(つまり孝明天皇の種をもらった女性)の墓が東京・文京区の豊島ケ岡墓所にある。ところがこの明治天皇の生母の墓を、明治天皇を始め皇族まで誰も参拝に行っていない…これはつまり、明治帝がやはり孝明天皇と中山慶子の子ではないことの証明である。生前に明治天皇は生母に会ってさえいない。
出典
山口県田布施町の怪 〜日本国家の真相〜 (心に青雲) ウソ捏造工場リンク

>つまり、玉(ぎょく)を握っていた長州が、他の維新三藩を大きく引き離し、維新以後の政治に大きな勢力を持ち、政権担当者(総理大臣)を多数排出する事になる。
出典
碧い世界 魑魅魍魎うごめく裏の裏3 長州(田布施)毛利〜神社sリンク

●ところで、明治維新のプロセス全体が、ロスチャイルド系商社のプロデュースによるものだという話も。。。

>龍馬はグラバー商会(ロスチャイルド系)から武器を買い入れて、まず薩摩に売った。薩摩を仲立ちにする形で長州へ横流ししているのである。これが薩長同盟のきっかけとなっていくわけだ。武器証人のグラバーからすれば、幕府の次に新政権が樹立されるにあたって日本国中が内戦状態になればなるほど懐が潤う。

>長州五傑(井上馨・遠藤勤助・山尾庸三・伊藤博文・井上勝)。…長州ファイブの面々の留学費用を工面し、留学を手配したのはやはりグラバー。もちろん、ジャーディン・マセソン商会がスポンサーだ。つまり、長州ファイブの連中は、ロスチャイルドの手引きでイギリスに密留学したのである。
出典
属国離脱への道〜【入門編】日本近現代の謀略探求〜 iso0704/isoリンク

●ここで、政治家の系図があったのでご紹介。びっくりです。

>調べてみたら、田布施に縁のある岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、麻生太郎や吉田茂そして天皇家とも親戚関係でつながってるんですね。麻生さんは戦前の麻生財閥ですし。なんか明治維新以来、一部の人達でずっと日本を牛耳ってきたんだなあと、ちょっとあきれました。そりゃ庶民感覚なくなるわけだ。
ちなみに松岡洋右は田布施近辺の出身、大久保利通は薩摩藩です。リンク

●最後に、こんな動画も発見。
>日本の真相1 明治天皇すりかえリンク

>まとめ:
明治天皇替玉説を100%信じるわけでもないですが、最初は驚いたものの、ありそうな話だと思うようになりました。一種のクーデターって感じですかね。別項目の、神道についてのまとめを見ていただくと、明治維新が何だったのかもっとわかると思います。
それにしても、政界ではいまだに明治維新の時のいきさつが尾を引いているらしいことに驚きました。日本は民主主義国になったのに、特定の土地や血族から首相が出続けるなんて、おかしな話だなと思います。
――――――(引用おわり)――――――
 
 
  この記事は 311881 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311882

 この記事に対する返信とトラックバック
319732 明治天皇はなぜ、どのようにすり替えられたのか?A〜南北朝は秘密裏に統合されていた?〜 猛獣王S 16/09/20 AM01
319731 明治天皇はなぜ、どのようにすり替えられたのか?@〜世界的規模の巨大組織の存在〜 猛獣王S 16/09/20 AM00
312653 すり返られた明治天皇は南朝系だとして、現在の天皇は北朝? 匿名希望 16/02/26 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp