政治:右傾化の潮流
311881 「田布施システム」と明治天皇替え玉説1
 
匿名希望 16/01/31 PM08 【印刷用へ
NAVERまとめ2015年6月22日
リンク

――――――(以下、引用)――――――
最近、検索してて知った衝撃のキーワード「田布施システム」。安倍さんの祖父・岸信介など、歴代首相の出身地だという、山口県の小さな町。ここに「明治天皇替え玉説」など日本の現代史を理解する重要なカギがあると聞いて、ざっと調べてみました。多少、矛盾する情報もあり、どこまで信じるかは読む人にお任せします・・・

●山口県の小さな町から、なぜか多くの首相や重要人物が出ている

>伊藤博文、木戸幸一、宮本顕治、河上肇、難波八助、松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、賀屋興宣などである。むろん、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、この田布施一味の末裔である。
出典
山口県田布施町の怪 〜日本国家の真相〜 偽天皇と山口県田布施朝鮮部落システム|六道輪廻サバイバル日記リンク

>明治維新後、田布施出身の多くの志士が明治政府の重要なポストに就くこととなります。そしてその流れは受け継がれ、現在の安倍首相へと繋がっているようです。この明治維新から受け継がれてきた一連の流れは、「田布施システム」と呼ばれています。
出典
速報!!  『これ知ってます?』リンク

●1867年の「王政復古の大号令」、実は田布施で発せられたという
>田布施町の高松八幡宮が、七卿が逗留し松陰派の長州若手指導者達と皇政復古の産声を上げた所である。
出典
熊毛郡・田布施町(たぶせちょう) : 皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集リンク

>「玉」および奇兵隊一条勝子以下三条ら五卿、島津久光、薩長同盟幹部一同は打ちそろって1867年12月9日、田布施町麻郷井神の高松八幡宮にて 「王政復古の大号令」を発し新調の錦旗を掲げる官軍(薩長諸隊)の出陣式を行った。
出典
ネット情報の活用法 その220 | シュタイナーから読み解く神秘学入門 - 楽天ブログリンク

●長州藩は長年、南朝の末裔をかくまってきたという。

>毛利家があり、小京都・萩に南朝の正統をかくまって来た
出典
隠された本当の歴史4リンク

>南朝系”隠し玉”はこの他にも全国にいて、南朝復興論を主張する雄藩が、熊沢天皇(水戸藩)、小野寺天皇(仙台藩)、三浦天皇(井伊藩)、井口天皇(紀州藩)、朝里天皇(紀州藩)などを抱えていました。
出典
大室寅之助(明治天皇)は南朝・護良親王の末裔だった!|”新次元への光”リンク

●桂小五郎・伊藤博文ら長州の志士たちは、この南朝の末裔を天皇にして政権を取ろうと考えた

>「薩長連合に導いた根本の原因は、桂小五郎から西郷南州(隆盛)に「我々はこの南朝の御正系をお立てして王政復古するのだ」と云うことを打ち明けた時に、西郷南州は南朝の大忠臣菊池氏の子孫であるから衷心より深く感銘して之に賛同し、遂に薩藩を尊皇討幕に一致せしめ薩長連合が成功した。之が大政奉還明治維新の原動力となった。」(田中光顕)
出典
北朝と南朝リンク

>南北朝時代の後醍醐天皇の第一皇子である護良親王の息子の光良親王の子孫で地家氏(後の大室寅之助の生家)という家系があって…天下を取った時の”隠し玉”として大切に匿われていた…この地家寅之助は、この後、同じく護良親王の末裔である周防の国の田布施というところにある大室家に養子に入り、大室寅之助と名乗りました。
出典
大室寅之助(明治天皇)は南朝・護良親王の末裔だった!|”新次元への光”リンク

>田布施川を渡って、あの山の向こうの方から老人がいつも野菜を売りに来ていた。」 …ところが時々変なことを言う。何を言ってんだといったら、『うちの爺ちゃんは明治天皇や』と言うてるんですよ。
出典
山本五十六の真実�鬼塚英昭氏が発見した日本の秘密 ♪ペリマリ♪リンク

>大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
出典
大室寅之祐( 明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分 : マンゴーの醤油煮リンク

●孝明天皇の息子・睦仁親王と明治天皇は、同一人物にしてはだいぶキャラが違う様子

>大室寅之祐(明治天皇)と睦仁親王は正反対の性格と体格で誰でも一目でその違いがわかった。
>寅之祐は勇壮で体が大きく、乗馬、相撲が得意だった(もと、力士隊にいたから当然か)。
>睦仁親王は女のように華奢で病気がちで、乗馬ができなかった。
>寅之祐は達筆だったが、睦仁親王は字が下手だった。
>睦仁親王は幼時、種痘をしたはずなのに、寅之祐の口の周りには5,6個の痘痕があった
出典
大室寅之祐が明治天皇になったといえる勇気を持とう! 【明治維新真実情報公開法案の早期法案提出を】 愚民党リンク

(続く)
 
 
  この記事は 311800 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311881

 この記事に対する返信とトラックバック
322339 最もよく使われている現代の洗脳テク10種 @ 志水満 16/12/06 PM07
315626 戦前から今もなお最強財閥の天皇家!〜天皇家と癒着し財を蓄える政治家・財閥・大企業群たち〜C 猛獣王S 16/05/25 PM00
315624 戦前から今もなお最強財閥の天皇家!〜天皇家と癒着し財を蓄える政治家・財閥・大企業群たち〜B 猛獣王S 16/05/25 AM11
315623 戦前から今もなお最強財閥の天皇家!〜天皇家と癒着し財を蓄える政治家・財閥・大企業群たち〜A 猛獣王S 16/05/25 AM10
315622 戦前から今もなお最強財閥の天皇家!〜天皇家と癒着し財を蓄える政治家・財閥・大企業群たち〜@ 猛獣王S 16/05/25 AM09
312859 「権力批判ブロガー怪死の闇」参議院議員、産廃業者、暴力団の3者の癒着を批判 惻隠之心 16/03/03 PM11
311882 「田布施システム」と明治天皇替え玉説2 匿名希望 16/01/31 PM08

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp