人工物質の脅威:大気・水・食品
311558 戦後に形成された塩に関する間違った認識
 
若林勇夫 16/01/21 AM02 【印刷用へ
減塩食品というキーワードが幅を利かせ一般化してきていますが、大いなる誤解に基づいているようです。その大いなる誤解は、ダール博士の統計調査とメーネリー博士の実験に行き着きます。

以下、新・食物養生法 食医学と薬効食品 鶴見 隆史著(リンク)よりご紹介します。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
■塩が高血圧の原因という誤解

塩が高血圧の犯人という図式ほど戦後常識化してしまった。塩への迫害、塩への糾弾は突然、戦後になって始まったのです。何千年という人類の歴史の中で、塩が悪くいわれたのは戦後四十〜五十年だけなのです。

塩は、「ある実験」「ある統計」「ある調査」によって高血圧の元と戦後になって発表されて以来、

・塩 = 高血圧の原因 = 悪い物質

とされ、燎原の火の如く全世界に広まったのでした。

その実験、その統計、その調査がもしかして偏見に満ちたものであるかも知れないとか、間違ったものであるかも知れないとかは少しも思わず、人類はそれを単純に信じ、簡単に評価を下したのでした。

しかし、戦後のその可笑しな実験、統計、調査が発表されるまで、人類は何の疑いもなく、塩を摂り続けてきたのです。むしろ、塩がどれほど大事で必要かということを、人類は自然に感じ生きてきたという気すらします。戦後まで人類は長いこと塩を大切に思い、塩の有り難さ、塩の恩恵を至る所で歴史の中に記し、残してきたのです。

・太古の古代の人々は、塩のある所に群れをなして村を作った
・海から遠い地域に住む人は塩を貴重品として扱った
・ローマ時代の兵士の給料は何と塩であった
・六世紀頃の砂漠の商人にとっては、塩は金と同じほどの価値があった
・ルイ十六世の頃、塩の税が高くなりそれが不満となってフランス革命の引き金となった
・「敵に塩を送る」という言葉は塩の大切さを表す
・忠臣蔵の大元の原因は塩だった

こういった幾つもの歴史的な事実を知っていくと、如何に塩が重要な大切なものとして扱われていたかがよく判ります。戦後この大切な物質はとんでもない統計と実験で高血圧の犯人とされ大変な誤解を生み突然悪者にされ、忌み嫌われるほどになってしまったのです。

その統計調査とは、戦後まもなく発表されたダール博士の報告であり、実験とはメーネリー博士の実験です。

■ダール博士の報告
アメリカのダール博士は、塩の摂取量と高血圧の因果関係を日本のいくつかの地方で調べました。

・1日30gの食塩を摂っていた秋田県の人は40%もの人が高血圧を発症していた ということと、
・塩を摂っていないエスキモーの人は血圧が低い
 (本当は魚から充分塩は摂っていた、調味料として塩がなかったに過ぎない)ということから食塩を摂ると血圧が上がると決めつけたのでした。

ところがこの報告が出てから、良識のあるグループはダール博士を批判しました。

「調査がいい加減である。1日30g以上塩を摂っている県でも血圧の高くないところがいくつもあり、塩と血圧は無関係」

という訳です。

そこで調査をし直したダール博士はその事実を認め、「塩と血圧は無関係、血圧の関係あるのは白米」と言い直したのでした。

ところが一旦「血圧の犯人は塩」と発表したことは決定的だったのです。その後の発表など誰も少しも耳に入らず、加速度的に全世界の人々は塩が高血圧の犯人ということを認識し頭にインプットしてしまったのです。

■メーネリー博士が行なった実験
いい加減な実験というのは、アメリカの高血圧学者メーネリー博士が行なった実験です。

ダイコクネズミに1日20〜30gの食塩を与えた。あまりの塩の多さで喉が渇いたダイコクネズミが水を欲しても、その水は1%の食塩を入れた食塩水であった。そういった塩だらけにしたダイコクネズミの血圧を半年に渡って計り続けたという実験でした。

その1日20〜30gの食塩は、ダイコクネズミの1日摂取量の何と20倍もの量だったそうですが、その結果、高血圧になったダイコクネズミは何と4匹だけであり、残りの6匹は正常であったのです。

これだけ過酷な条件下にも拘らず6匹ものネズミが正常であったのを本当は高く評価すべきであったのに、この結果をメーネリー博士は「塩は高血圧の原因」と決め付け発表したのでした。

通常の20倍の塩をというのを、人間に当てはめてみると、1日10gが通常だとしても、その20倍だから、200gという量になる。こんな多量の塩分を、6ヶ月どころか1日でも摂れるものではない。もしも1日100gずつ二日も摂れば、三日目には欲にも特にも体が受け付けない。無理に摂れば吐いてしまう。神が与えたもうた自然治癒力は身体防衛力を持っており、こんなべらぼうなことを絶対に受け付けないからだ。

とにかく、こういった可笑しなことから戦後になって塩が突然高血圧の犯人となり、さらに悪者の代表になってしまっただけでなく、西洋医学の分野でも塩が高血圧の原因として認定されてしまったのです。

その結果、医者という医者は何処へ行ってもどんな医者でも、高血圧の患者に「減塩しなさい」「減塩しなさい」というようになってしまったのでした。
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311558

 この記事に対する返信とトラックバック
317678 高血圧や高コレステロールの薬はかえって危険!寝たきりやボケを引き起こす! 鳴海伝治 16/07/25 PM07
312057 塩で本当に心配しなければならないこと 新聞会 16/02/06 PM04
311759 「塩分摂りすぎや高血圧は悪い」のまやかし…忙しい人とのんびりの人に医学的根拠? 前田重男 16/01/27 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp