共同体社会の実現
311056 世界は、アメリカ支配からロシア主導へ大転換
 
岡田淳三郎 ( 70代 経営 ) 16/01/05 PM09 【印刷用へ
世界情勢が急転し始めたようである。2年ほど前にロシアの軍事技術がアメリカの軍事力を上回ったことを知った各国は、中国・インド・イラン・ブラジルはもとより、親米の筈のドイツ・フランス・サウジまでロシア追従へと方向転換した。中東でも、イラク・トルコがロシアの軍門に下るのは時間の問題だろう。
それどころか、オバマ自身が好戦派(侵略派)の急先鋒であったイスラエルを切り捨てると共に、非戦派のダンフォード大将を軍のトップに配置して好戦派の将軍やCIA幹部の追放に着手し始めた。また、中国主導のアジアインフラ投資銀行には、アメリカの盟友イギリスまで加えて57ヵ国が参加を表明し、ドル基軸体制に代わる新通貨体制の準備が整いつつある。
’15年のロシアによる電撃的なIS爆撃は、ロシアの軍事技術の優位を知ったオバマが了承せざるを得なかった軍事行動であったが、中国もその軍事技術を命綱としている。従って、どうやら習近平もオバマもプーチンに歩調を合わせるしかなくなり、プーチン主導で各国が金貸し支配を打倒する反金貸しの闘いに入ったものと思われる。それは、夫々の自国を守るための闘いであるが、期せずして世界を守る闘いとなる。
近世以来、金貸し(金融勢力)が市場を支配してきたことは周知の事実だが、金貸しは市場だけではなく、配下のアメリカの軍事力にモノを言わせて世界政治をも支配してきた。そのアメリカの軍事力をロシアの軍事技術が上回ったとなれば、もはや金貸しに打てる手はなく、いずれ政治はもちろん市場からも駆逐されてゆくことになるだろう。従って、金貸しに追随してきた金融業や製造業等の大企業の大半は、今後見る影もなく衰退してゆき、その半数は姿を消すことになる。

問題のロシアの軍事技術だが、その最先端技術はミサイルや戦闘機や戦艦の電子装置を不能化する単極子ビーム(注:単極子とは、N極orS極だけの単極磁石)で、追いつくには10年以上かかると米軍自身が認めている革命的な技術である。しかし、それまでに勝負はついて終う。おそらく、アメリカはロシアの軍門に下ることになるだろう。
しかし、いったい、西側の科学技術は何故これほど遅れてしまったのか。最近、アポロの月面着陸が完全な捏造であったことが、「月面着陸」を撮影したスタンリー・キューブリック監督自身(の死後公開の声明文)によって明らかになったが、アメリカの宇宙開発は一貫してロシアに遅れを取ってきた。
西側の科学技術がここまで遅れてしまったのは、金貸しが石油と原子力によるエネルギー支配を維持するために、既に前世紀初頭にニコラ・テスラによって開発されたフリーエネルギーや多くの研究者による常温核融合の研究を握り潰し、封印してきたからである。その結果、西側の科学は停止してしまい、エントロピー増大説や光速不変説や果てはビックバン説etc誤りだらけの物理世界に迷い込んでしまった。
それだけではない。金貸しは、石油枯渇説をはじめタバコ発ガン説、CO2
温暖化説など、学者とマスコミを動員して世界中に嘘を広めてきた。こんな大嘘がまかり通るような世界で、科学が進化する訳がない。(私見だが、こんな物を大学で教えるのは、犯罪行為ではないだろうか。)

それに対してロシアは、あくまでも現象事実に立脚して事実の追求を重ね、迷走する西側の物理世界を遠く引き離して、既に単極子を核とする宇宙の統一理論を樹立している。(例えば、スミルノフ学派で日本人の佐野千遥)
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311056

 この記事に対する返信とトラックバック
317926 ロシア軍戦闘機、シリアの米英軍基地を爆撃か、米WSJ報道 深ヰ紫 16/08/01 PM10
315025 ロシア軍磁気単極子ビームの威力 佐藤有志 16/05/09 PM09
314988 【図解】なぜロシア主導になるか? 沖田ほっけ 16/05/08 PM09
今やアメリカはロシアに攻撃されてもおかしくない状況〜プーチンによる世界の共認形成が進行中〜 「日本を守るのに右も左もない」 16/05/05 PM00
312418 日本の核融合技術の開発状況 野田雄二 16/02/18 AM01
311337 ロシアのメディア戦略〜政府系メディア「スプートニク」〜 野崎章 16/01/13 PM08
311082 近代観念による事実の封印と思考の停止 岡田淳三郎 16/01/06 PM05

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp