生物の起源と歴史
309916 完全なる治癒―ガストン・ネサンのソマチッド新生物学に学ぶ 5 〜ソマチッドはDNAの前駆物質であり、生物と無生物をつなぐものである
 
松下晃典 ( 36 kozo大工 ) 15/12/05 AM11 【印刷用へ
完全なる治癒―ガストン・ネサンのソマチッド新生物学
 (リンク)を引用しながら学んでいきます。

今回は、
・ソマチッドはDNAの前駆物質であり、生物と無生物をつなぐものである
・細胞分裂を起す特別な成長ホルモンを産生する(その証拠に死んだ肉にもソマチッドを与えれば腐らない)
についてまとめます。

-------------------以下抜粋引用-------------------

ネサンの発見の領域やその正確な意味、基礎的な内容をよく理解できない人々のために、ネサンを取材したジャーナリストになされた説明を紹介しよう。

「私は血液中の小体のライフ・サイクルを立証しました。そのことは生命の基礎についての全く新しい見解を打ち出したことを意味します。この新しい生物学はまだ理論的に完全ではありませんが、この見解に基づいて、病気で苦しむ人々に恩恵をもたらす方法が発見できたのです」。また、次のネサンの言葉は生物学者、特に遺伝学者を唖然とさせるものだった。「ソマチッドはDNAの前駆物質だと言えます。つまり、これまで生命活動の基本単位と考えられてきたDNAを理解する上で欠落していた(ミッシング・リンク(失われた環−生物の進化において未発見の仮想存在の生物))をソマチッドが提供できるということです」

 生物と無生物の性質の違いについては何年間も論じられているが、もしソマチッドが生物と無生物の間の<失われた環>だとしたら、ソマチッドとウイルスの違いは何なのか。私はフランソワーズ夫人に会った時にその疑問をぶつけてみた。「ソマチッドが成長する時に、ウイルスとは違って周囲の環境を全く必要としないのは、ソマチッドにそれを許す何かがあるのではないですか」

「その通りです」とフランソワーズは同意した。「ウイルスが生存し続けるには、それを支える環境が必要です。例えば、人工的な試験管培養とか卵のような自然の環境などですね。ウイルスが成長するためには、生体内か試験管内でこの種の支え、つまり<援助の手>が必要なのです。ところがソマチッドは、<生体>内でも<試験管>内でも独自に生きることができる。これは、ウイルスはDNAを持つのに対し、ソマチッドは前にも述べたように、DNAの前駆物質、つまりDNAの前身であるという事実と関係があります」

 この革命的とも言える発言の真相をきわめようと、その後、私はフランソワーズに文書によるもっと詳しい説明を求めたところ、彼女は次のように答えてくれた。

「私たちはソマチッドは<エネルギーの具現>であるという結論に達しました。ソマチッドは生命が〈最初に分化した〉具体的な形態であり、動植物の生き生体に伝達できる遺伝的特質を持っています。この結論に達したのは、ソマチッドの最初の正常な三形態がないと細胞分裂が起きないということを発見したからです。ではなぜソマチッドがないと細胞分裂が起きないのかというと、細胞分裂を起す特別な成長ホルモンを産生するのは実はソマチッドの最初の三形態だからです。そのホルモンはノーベル賞受者のフランス人、アレクシス・カレルが何年も前に発見してトレフォンと名付けた物質に、ほぼ等しいと言えると思います」

この驚くべき事実の裏付けとして、フランソワーズは次のような実験の話をした。まず、焼き串に刺したシシカバブ(焼き肉料理の一種)用の肉と同じ立方体の新鮮な肉を一個用意する。その肉に、試験管内で培養したソマチッドを注入し、それを真空状態の密閉な容器に入れ、周囲の空気や、肉を腐敗させる空気中の物質による汚染から守る。その容器を窓辺などに置いて、日中は自然の陽光にさらす。

生きた不滅のソマチッドを注入された容器中の肉片は、その後ずっと腐ることはなかった。ソマチッドを注入しなければ間違いなく腐っていたはずである。肉は健康色を保ち、容器に入れた時の新鮮さを保っていただけでなく、次第に大きくなっていった。まるで生きた有機体の一部のように成長し続けたのである。

ソマチッドによって生命を吹き込まれた肉片は、さらに電気的な刺激を与えれば、どんどん成長を続け、切り取られる前の子牛や豚を蘇らせることができるのではないか。そんなばかげた思いがふっと心をよぎった。

つづく

-------------------引用終了-------------------
 
 
  この記事は 309728 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_309916

 この記事に対する返信とトラックバック
『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-20 〜微生物の起源-4 ソマチッド3〜 「新しい「農」のかたち」 16/01/26 AM00
310747 ソマチッドの発見者が作った714Xという薬からみる全身病としてのガン 本田真吾 15/12/29 PM10
310407 気の正体 <太陽フレアと電子とソマチット> 佐藤祥司 15/12/22 AM11
309921 完全なる治癒―ガストン・ネサンのソマチッド新生物学に学ぶ 6 〜ソマチッドは史上最小の生きたエネルギーのコンデンサーであり、集合体では各個体の遺伝的特質を所有する 松下晃典 15/12/05 PM03

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp