人工物質の脅威:大気・水・食品
308751 少子化の元凶は化学汚染。大学生の97%が不妊レベルまで精子激減
 
匿名希望F 15/10/23 PM04 【印刷用へ
黄金時代へのサイトより『少子化の元凶は化学汚染だ!精子激減(リンク)』より御紹介します。
------------------------転載
以下は、船瀬俊介著「知ってはいけない」(徳間書店)より抜粋、転載させて頂きました。
■環境ホルモンの脅威!少子化の元凶は化学汚染だ 精子激減・・・!
●大学生97%が不妊症″…!?

「健康な体育系学生でも、精子が『不妊レベル』を超えたのは34人中たった1人……!」。

1998年、帝京大医学部の衝撃報告です。 

WHO(世界保健機構)は「妊娠可能な最低レベル」として@2000万匹以上(1mℓ中)A精子活性度50%以上―と定めています。これ以下では不妊症なのです。

なのに精力旺盛なはずの男子学生たちで、このガイドラインを超えたのが34人中1人(3%弱)とは、絶句。

つまり97%が不妊症″…!?

 この研究を行った同学部の押尾茂講師は、他の実験でも「20代男性で正常精子を持つのは50人中わずか2名」と驚愕データも発表。


●20歳前後で95%不妊レベル 

この戦慄の事実を裏付けるもう一つの報告があります。

「20歳前後の若者の95%が『不妊症レベル』」とア然とする実態を立証したのが大阪の不妊治療専門IVFクリニック。

19歳から24歳までの健康な男性60人を調査すると57人(95%)が不妊症レベル。

@奇形精子など「異常率」が10%を超えていた。
「精子異常」が10%を超えると不妊原因となる。

A「精液過少症」(精液量が少ない)43%、

B「乏精子症」(精子数が少ない)40%…と惨澹たる結果。

これは同クリニックで不妊治療を受けている患者よりも、さらに劣っていたという(98年11月『日本不妊学会』報告)。

少子化の元凶は、ここにありました。

IVF論文では「ハンバーガーをよく食べる」と回答した77%に精子「異常率」が高かったのです。


●50年で人類の精子が半減!

「約50年で人類の精子が半減した!」と警鐘を鳴らすのはデンマークのN・スカケベック博士。

世界21か国、約1万5000人の精子を調べた結果、1940年にくらべて約1億2000万匹が約6000万匹に激減(グラフA)。

それは、さらに毎年約2%の勢いで減り続け25年後には約3000万匹と、さらに半減する…と予測される。

2000万匹が不妊オーダーなので、人類は早晩、受精能力を喪失してしまう…!! 

それは人類絶滅を意味する。

博士はさらに「睾丸腫ようが3倍増」と警告。異変をもたらしている真犯人、それが環境ホルモンです。

ドイツはすでに400種以上を認定。その疑似女性ホルモン作用で、みるみる女性化が進み反比例して男性ホルモンは激減する。

環境ホルモンによるメス化″作用です。若者の精子激減もこうして起こっているのです。

被害は男性だけではない。卵巣腫ようなど若い女性たちの生殖障害も目にあまります。


★有機農家男性は1億台キ−プ!
一つ、救いのヒントもあります。

スウェーデン報告では一般人は約5000万匹台と精子は減少しているのですが、有権農業の実践者だけは1億匹台をキープしていたのです。

かれらのナチュラル・ライフを見ならおう。

(以上、転載終わり)
------------------------終了
 
 
  この記事は 272861 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_308751

 この記事に対する返信とトラックバック
精子半減をどうする!?@ 〜少子化の元凶は化学物質〜 「共同体社会と人類婚姻史」 19/05/18 AM00
342835 10人に1人は精子・精液トラブル?〜男性不妊の現実〜 彗星 19/01/27 AM02
319262 化学物質の精子への影響 佐藤英幸 16/09/04 PM11
318672 犬の精子が26年間で激減、原因は市販のドッグフード? 深ヰ紫 16/08/20 PM10
312954 携帯・スマホによる老化の促進(精子激減、脳細胞の破壊・癌化、白髪化)の危険 日出・真田十勇士 16/03/07 PM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp