現代意識潮流を探る
308531 言葉の1つ1つが未来を形作っていく。
 
原てふ子 ( 東京 ) 15/10/15 PM10 【印刷用へ
私たちの使う言葉の1つ1つが未来を形作っていくそうです。
だからどんな言葉を使うかは、とても大切なこと。
健やかな未来を作るために、言葉使いについて考えていきたいです。
リンク

///////////////////////////////

口に出す言葉や文章に書く言葉は、あなたを取り巻く世界とのインターフェースなのです。
あなたの使う言葉の1つ1つが未来を形作っています。これを変えるということは、最も重要で基礎的な変化のうちの1つです。

自分にとって望ましい言葉を選択せよ

一度立ち止まって、あなたが普段無意識のうちに使っている言葉に注意を向けてみて下さい。
どのように言葉使いを変えるべきか、それはあなた自身が決めるべきことですが、私が普段意識していることを一例として紹介しましょう。

■自信の無さを露呈する言葉を使わない
漠然とした不安に襲われ、自分に自信が持てなくなるということはよくあることです。
「すみません」「ちょっと」「たぶん」「○○だと思う」などの言葉が口をついて出そうになったら注意が必要です。
こういった言葉を使うたびに、あなたは少しずつ少しずつ小さくなってしまうでしょう。

■強い否定の言葉を使わない
どのような文脈で使おうとも、強い否定を含んでいる言葉は使わないようにしています。
例えば「無理」や「駄目」といった言葉を使い続けていると、”問題”だけを考えて”解決”を考えられなくなるでしょう。
これでは自分で自分の頭を押さえつけることになりかねなません。

■否定より肯定の言葉を使う
否定的な単語で構成されていた文章を肯定的な単語で構成し直すのは、良いアイデアです。
例えば「出来ないと思ったら出来ない」と言うより、「なろうと思ったものになれる」と言った方がずっとマシです。

■一方的に断定する言葉を使わない
一方的に断定する言葉も気をつけたいものです。しからずんば、視野が狭くなって思考停止に陥ってしまうでしょう。
例えば「絶対」という言葉には要注意です。

■不安で先延ばしする言葉を使わない
「○○したい」で文章を締めるときは、恐怖と不安で足がすくんでいるときです。
また、「頑張る」という表現にも注意が必要です。この言葉の裏には「今は解決方法を具体的に考えるのが面倒くさい」という心理が働いている場合が多いからです。
こんなときは「何を待っているの?」と自分に問い正しましょう。

■「運が良い/悪い」に逃げない
都合の良いことや悪いことが起こったときに自分がどう反応するかは、全て自分でコントロールできるものです。
「運が良かった/悪かった」で終わらせるか、次なる行動と計画を考えるかはあなた次第ということです。
自分の人生に責任をとろうと欲するのなら、「運が良かった/悪かった」に逃げることを禁ずるのは価値ある行いです。

日常的に使っている言葉を自覚せよ

無意識のうちに使い慣れた言葉を使うことを少し辞めてみましょう。口にする言葉、耳に入れる言葉、目で見る言葉、紙に書く言葉などのあらゆる言葉に注意を向けてみるのです。
また、自己啓発や成功哲学などを読んだときは、その中で気に入った言葉をいくつか意識的に使うようにしてみて下さい。「意識が変わった」と錯覚するよりよっぽど有意義なものになります。
「ユダヤ人大富豪の教え」という本の中にはこんな一節があります。
健康に気を使う人は口に入れるものに注意する。食べるものが身体を作ることを良く知っているからだ。
だが、人生の健康を望む人間のほとんどが、頭に何を入れるのかに、さっぱり注意しないのは不思議でならない。
素晴らしい人生を生きたければ、頭に幸せのもとになるような考え方を入れることに気をつけなければいけない。
使う言葉を変えればいつしか頭の中がガラリと変わっていることに気が付くでしょう。頭の中をガラリと変えることが出来れば決意が変わるのです。そして、決意が変われば行動が自然と生み出されます。そうすれば結果は後から勝手についてくるでしょう。
現実に風穴があくわけです。

///////////////////////////////
 
 
  この記事は 299805 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_308531

 この記事に対する返信とトラックバック
生きた言葉、届く言葉 「男と女の職場話」 16/03/03 PM06

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp