脳回路と駆動物質
308480 宇宙の真理〜円周率は永遠にずっと続く無限数値であるが、閉じた円を想像する事も可能だ。
 
日出・真田十勇士 ( 40 会社員 ) 15/10/13 PM11 【印刷用へ
『私は彼らの脳のある部分が、一様に、波動的に大変センシティヴなものを持っていることを発見いたしました。それは、第三脳室と呼ばれる部位だったのです。

医学書によれば、この第三脳室なるものの役割は、まだあまり解明されていないようですが、第三の眼と言われる松果体と関連のある部位であることは、間違いありません。これらの人達は、一様にこの部位の波動数値が高いことが判ったのです。波動数値が高いということは、別な言い方をすれば周波数が高い、あるいは波長が細かいということになります。』(308254) 波動の真理〜宇宙との交信は第三脳室

自然界にある波動とはどのような数値・配列で交信されているのであろうか?
地球上で解明されている数値として可能性がある数値や、現象を取り上げてみる。

地球上にも無限に続く数値が存在する。
「0.1021021021…」のように同じ数字がいつまでも繰り返される循環小数や、円周率などのように無限に続く小数がその類だ。

無限に続く、円周率に宇宙的広がりを私は感じます。

円周率はπ(パイ)である。3.14159265…
素敵な数だ。

円周率の配列をピアノで奏でるとこのようにに、美しい曲に変換される。
リンク

また、可視化した形で、配列すると「円」へと数値が視覚化(物質化)される。私の意識に導かれて、円周率π(パイ)を使って、円の面積の近似値を算出する事も可能だし、図形的に閉じた円を描く(物質化する)こともできる不思議さがある。

例えば、リンク先の文章は3.14159265…の文字数 配列で書かれている。
リンク

また、上記リンク先によれば、
素数とは、「1」とその数以外に正の約数を持たない「1」でない数のことである。

円周率と素数と自然数には素晴らしい式が存在する。

@円周率と自然数の関係式 リンク
A円周率と素数の関係式 リンク

上記の@とAの計算式は、π(パイ)2乗/6でイコールとなる。
数学は不思議だ。
この式を見つけたオイラーは何を思ったのだろうか。

両方共同じ数だと思えないが、イコールでつながる。
 総和を表す「Σ」(シグマ)、かけあわせた積を表す「Π」(パイ)を使うと簡単に示すことができる。

これはオイラー積と呼ばれるものだ。

こちらの詳細は
素数の積と円周率・ゼータ関数 リンク
朝日新聞グローブ (GLOBE)|数学という力 — 新たな概念 リンク
に詳しく書いてある。興味のある人は見ていただきたい。

ちなみに「p」は素数を表す。
prime number = 最も重要な数。

そう、とても大事だ。
------------------------引用終了--------------------------
倍音である弦楽器や管楽器などの音を正弦波(サインウェーブ)成分の集合に分解すると、元の音と同じ高さの波の他に、その倍音が多数(理論的には無限個)現れたりもする。自然界では、揺らぎながら現れる。
302224 音楽も「数学」でできている。
302228 音楽と数学の関係:美しい和音は直角三角形
      (ピタゴラスの定理)となる!
303108 自然界と人間界に見るフィボナッチ数列との兼ね合い

その他にも、生と死の狭間は、生命誕生と物質的な消滅の不思議や、85244にあるような霊長類の聴覚感度と、その他波長との関係、
電波・電磁波などのような非物質と物質の境界など無限に問いは続いていく。
一方で、宇宙の真理でいけば、円周率π(パイ)のように相互関係にあり、∞に閉じた関係であるように思われる。
 
 
  この記事は 308254 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_308480

 この記事に対する返信とトラックバック
308756 物質と非物質の境界 日出・真田十勇士 15/10/23 PM07

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp