私権社会の婚姻制
307745 チャム族の母系社会
 
大越菜央 ( 25 会社員 ) 15/09/14 PM11 【印刷用へ
ベトナムにおいて、母系制から父系制に移った少数民族はありますが、チャム族のバラモングループやバニグループなど、母系社会を維持している民族もあるそうです。

今回は、チャム族の母系社会を紹介します。

リンクより引用。

--------------------------------------------------

エデ族も母系制で、家や財産を守るのは女性の役目です。一方、ザライ族は母系制ですが、女性は民族の神聖な場所とされるロンという集会所へ入ることは許可されません。チャム族の母系社会はそういう特徴があります。

ベトナム民族学博物館・文化研究収集室のレ・ズイ・ダイ室長は次のように語りました。

「チャム族の母系制度の特徴は第1、子供が母の名字を付けられること。第2に娘たちは母と一緒に住むこと。また、末の娘が財産を受け継ぎます。財産は娘たちに分けられますが、末娘は他より多く受けられます。息子は何ももらえません。」
また、チャム族の母系制度は婚姻風習によく示されています。娘が結婚年齢に達したら、両親は相応しいお婿を探し始めます。結婚の仲介は極秘で、仲人に頼みます。女性は結婚を要求する権利があり、花婿は花嫁のアレンジに従い、結婚後は夫が妻方の住居に入ります。さらに、チャム族の母系制度は日常生活にも表れています。

チャム族にはいくつかの伝統的な工芸品があって、それは、素焼すやきの壺つぼと 手織りの布です。素焼きの壺の生産において女性は重要な工程を担いますが、男性は簡単な工程しかに携われません。
チャム族の言い伝えによりますと、素焼き の壺づくり職業の創始者は女性にしか伝えなかったとしています。ところでチャム族は母系的社会でありながらも、母権制度ではありません。
さきほどのベトナ ム民族学博物館・文化研究収集室のレ・ズイ・ダイ室長は次のように語りました。
「チャム族は男を尊重する諺があります。女性は家の役目ですが、決定権は男性にあります。家族の家長は男性です。つまり、その一家の女主人の夫そのものが家長なのです。」

ニントゥアン省にあるポ・イヌ・ヌガ神殿の督者ハン・バン・ザウ氏は「家事は夫婦二人で具体的に分配される。二人は共同で責任を負う」と明らかにし、次のように語りました。
「男性は畑仕事に従事し、女性は家庭内の運営を担います。また、二人は家庭の問題を共同で決定します。夫婦が力を合わせれば、何でも出来ます。」
チャム族の女性は男性と同じように、力を必要とする仕事ができますが、主婦として活躍しています。しかし、礼拝に関しては責任が明確に分配され、女性は家庭内での礼拝、男性は神殿での礼拝を担います。さきほどのザウ氏は次のように話しました。
「男性は礼拝を司ります。神様に宛てたお祈りの文書を作るのは男性しかできません。男性は女性より重い責任を負います。女性は主婦、つまり、家事やお金の預けなどを担います。」

チャム族には「男性は戦闘、女性は出産という諺があります。これはシンプルな言葉ですが、チャム族コミュニティの労働の分担を示します。女性は家庭、男性は社会を管理するのです。

------------------------------------------------------------
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_307745

 この記事に対する返信とトラックバック
チャム族の母系社会 「共同体社会と人類婚姻史」 18/08/30 AM00

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp