市場原理
30710 超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
 
四方勢至 ( 老年 編集 ) 02/05/12 AM02 【印刷用へ
市場時代を通じて、市場を拡大させた主動因は、私権の強制圧力による抑圧からの解脱としての、快美幻想への可能性収束=快適さや便利さの希求である。逆に云えば、人々が私権の強制圧力からの解脱手段としての快適で便利な快美生活を手放せないことが、何をするにもお金がかかる社会が出来上がった原因である(そしてそれこそ、人々が精神を破壊し、環境を破壊して止まない原因でもある)。

このように、市場拡大の原理的なテコとなっているのが価格格差の幻想共認だとすれば、具体的なテコとなったのは交換手段とりわけ交換取引の評価指標としてのお金の共認である。
もし、万人に共認された評価指標があれば、交換取引の成立機会は飛躍的に増大する。実際、交換の為には指標が必要⇒交換効率を上げるには普遍指標が必要という流れで、万人に共認された評価指標(=お金)が確立されたことによって、市場は飛躍的に拡大していった。

そして、いったんお金が万人の共認する最先端価値=評価指標となってしまうと、(国家によって施される場合を除いて)芸能であれ、情報であれ、全てはお金と引き換える事の出来る形に商品化しなければ供給できなくなり(∵メシが喰えない)、国家の施しの元を成す税も、お金で徴収される様になる。

ところが、市場(交換取引)は私権闘争を原動力としており、従って、お金が万人の評価指標として社会的に共認されたものであるにも拘わらず、それは専ら私的な充足の為にのみ使われ、社会統合の為には(国家以外)使われない。従って、市場は社会統合には、殆ど寄与しない。(そこで、もし人々が、私的な充足の為だけではなく、社会統合の為に、例えば『認識形成の場』にお金を使う様になれば、大変面白いことになる。近く、それを提起したい。)
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_30710

 この記事に対する返信とトラックバック
次代の社会統合の場を考える?〜何をするにもお金がかかる社会〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/06/15 AM01
242385 若者は、皆とより充足する為に共認形成の場にお金を使う。 がっちゃん 10/12/18 AM09
240456 豊かさの実現とは共認非充足の時代の終焉 匿名希望 10/11/08 AM03
240454 既に、お金の使い方は変わってる! 匿名希望 10/11/08 AM01
238939 【図解】何をするにもお金がかかるのは、何で? コータロー 10/10/05 PM03
238907 最先端価値としてお金が存在する理由 COLA 10/10/04 PM09
国家と市場の成立→崩壊構造に迫る(4) 何をするにもお金がかかる社会 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/09/17 AM01
237930 社会空間では、何をするにもお金がかかるのに、○○は無料なのは何で? 小圷敏文 10/09/15 PM10
232404 どうする?を考えるには「事実認識」という土壌が必要 中村淳子 10/05/29 PM03
232316 自分自身を振り返りました。 林真澄 10/05/27 PM10
232314 何をするにもお金のかかる社会・時代 山崎英次 10/05/27 PM10
229390 何でもかんでもお金が絡む。 ケイン 10/04/02 PM02
229367 市場では社会統合できない 三上香緒里 10/04/02 AM02
229245 お金を(必要以上に)持たなくても生きていける社会 やまと 10/03/31 PM08
229244 私権の強制圧力は衰弱し快美幻想は瓦解した。市場が縮小するのは必然である。 10/03/31 PM07
229222 【図解】超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会 志水誠 10/03/31 AM11
226544 みんなのためにお金を使う仕組み=社会の当事者となる仕組み 福田尚正 10/02/16 AM01
226523 社会に役に立つ「評価」の仕方と「お金」の使い方 コールスロー 10/02/15 PM08
218873 市場とお金の転換 三上恭平 09/11/04 AM02
218417 新しい評価指標の萌芽は、「それが活力になっているかどうか?」 三輪歩未 09/10/29 PM02
218398 お金の持つ”意味”は、もう変わっている! 西田美和 09/10/29 AM09
215201 欧米の金融機関の経営者は国家も企業も食い物にしている 今井勝行 09/09/17 AM11
215170 お金を支払うことで社会がよくなると実感できる仕組み 星埜洋 09/09/16 PM11
215154 市場経済の崩壊が、新たな評価指標を共認させる。 岸良造 09/09/16 PM07
213531 共認時代の脱市場社会の可能性 汚れなき男 09/08/24 PM09
213484 何かを共認するとは、全ては集団統合の為である 孫市 09/08/23 PM09
209797 【図解】超国家・超市場論9・10 土屋範明 09/06/30 AM01
208661 市場に収束しても行き詰るだけ、社会(=仲間)に収束することで可能性は開かれる 金木洋平 09/06/12 PM07
207376 お金が共認されたから市場が拡大した 雪竹恭一 09/05/25 AM11
207336 【図解】 超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会 匿名希望 09/05/24 PM07
207129 社会統合の為にお金を使う☆ 高橋幸香 09/05/22 PM04
なんで屋09 始動 JR・山陽明石駅露店 「ルポルタージュなんで屋 Second Season」 09/04/14 PM10
203238 一見「ただ」なものも、「ただ」ではない。 きっちょむ 09/03/31 AM10
202939 金融市場の爆発的な拡大も市場拡大の原理と同じ コスモス 09/03/26 PM04
201249 お金があれば何でも出来ると思っていたのは、お金で買える物しか供給されていなかったから。 りんいちろう 09/03/03 AM02
201247 抑圧が無くなれば、快美欠乏も衰退する。「病気も気から」は正しいのでは。 庄恵三 09/03/03 AM01
196783 精神崩壊や社会不安が、何をするにもお金がかかる社会を更に加速させている。 山田孝治 09/01/08 PM03
196746 「貧困」の呪縛に取り付かれる中年世代。今や若者に「貧困」の語感は無い! 猪飼野 09/01/07 PM09
196698 「私権=豊かさ」が至上命題だったから、対極の「貧乏」に抵抗がある 佐藤晴彦 09/01/07 AM07
195169 超国家・超市場論12図解 下城浩一 08/12/18 PM08
193751 超国家・超市場論9〜10 幹図解 国道12号 08/12/02 AM08
193680 評価指標としてのお金の使い方 松岡たかし 08/12/01 AM02
193569 【図解】 超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会 疾風怒濤 08/11/29 PM11
192753 社会の為にお金を使う新しい評価指標 Svengali 08/11/20 AM11
192724 社会統合のためにお金を使う りん 08/11/19 PM11
192702 食うに困る時代、物不足の時代が終わっても… 神家佳秀 08/11/19 PM08
187929 【図解】 超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会 コールスロー 08/09/28 PM08
膨張する世界の金融市場 〜今やGDPの3倍に!〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/09/27 AM11
182990 政治不信・マスコミ不信は新しいお金の使い方への潜在期待の結果! バスケットマン 08/08/09 PM03
182987 市場は虚構の世界。市場がなくても暮らしていける。 渡辺卓郎 08/08/09 PM01
182980 市場の幻想から脱して統合社会へ 山田徹 08/08/09 AM09
182768 快美幻想への可能性収束 山上勝義 08/08/05 PM01
182746 みんなの事、相手の事を想えば全ては変わる☆ うさぎフクロウ 08/08/05 AM00
182706 充足する方にお金を使おう!! なでしこ☆ 08/08/04 AM10
181793 心が満たされていれば必要以上にモノは消費しない JUST-IDEA 08/07/21 PM11
180042 私的度合いに応じて税率を変えたらどうか 匿名希望 08/06/26 PM08
178873 快美性追求の果てには滅亡あるのみ、ということに気付くべき ハリケーンミキサー 08/06/10 PM09
178608 国家とは何か? 彗星 08/06/06 PM09
178602 社会統合とは何か? 彗星 08/06/06 PM08
178600 サミットで経済問題が解決できない理由 志水満 08/06/06 PM08
178182 供給する側の意識は、これからどうなっていくんだろう?? カフェモカ 08/06/02 PM07
177961 ODAは「何をするにもお金がかかる社会」を蔓延させる ギニュー特戦隊 08/05/30 PM11
177953 【図解】何をするにもお金がかかる社会 是永恒久 08/05/30 PM10
177945 不本意なところでお金を使っている? ヨネ 08/05/30 PM09
177944 ストレス社会が、環境破壊をもたらしている。 猪飼野 08/05/30 PM09
177917 市場拡大したのは 長谷川文 08/05/30 PM05
172147 活力論から見る、ドル崩壊 大森義也 08/03/09 PM02
172122 【図解】「超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会」 匿名希望 08/03/09 AM01
167742 税金が食い物にされている。 井上光利 07/12/25 AM07
167716 価値を決めるのは。。。 鼈n 07/12/24 PM08
167629 商品化出来なければ喰えない 老人介護 浅野信夫 07/12/23 AM08
167628 「リコールハンドブック」(経産省)は社会の役に立つのか? ヨネ 07/12/23 AM07
167571 お金という評価指標の崩壊 是永恒久 07/12/22 PM03
167569 【図解】何をするにもお金がかかる社会 八代至誠 07/12/22 PM03
167560 「何をするにもお金がかかる社会」、社会統合どうする? 浅見昌良 07/12/22 AM11
167557 仕事で社会と繋がる 浜永良成 07/12/22 AM10
167098 「何をするにもお金がかかる時代」だからお金の使い道を考えてみる 庄恵三 07/12/15 AM00
167090 カードを売るのではなく、認識を広める活動を買って貰う 向芳孝 07/12/14 PM10
167088 共認充足にお金を払うのは自然なこと 澤根和治 07/12/14 PM08
166924 飢餓問題、何が本質なのか? Silentservice 07/12/12 AM10
166889 何をするにもお金でカタがつく社会? Silentservice 07/12/11 PM09
163648 金が金を生む資本主義社会 ちわわ 07/10/17 PM11
ユダヤ5000年の教え:“お金”のことわざより 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/09/02 PM09
158103 【図解】何をするにもお金がかかる社会 田野健 07/08/01 PM11
158097 社会収束⇒認識形成にお金を使う 長谷川文 07/08/01 PM10
157600 次の課題が見えてくる みに とまと 07/07/25 PM10
157272 社会のためになる事にお金を使うことが充足につながる デラウェア 07/07/20 PM09
157264 お金の使い方 やまと 07/07/20 PM07
155437 日本の「健康」「安心」「エコ」ブーム!その裏で、熱帯雨林の大規模破壊が進んでいる。 東風 07/06/27 PM08
155194 「エコ」は、快美生活の正当化 山崎許子 07/06/24 PM10
149932 快美幻想はもう古い 匿名希望 07/04/21 PM00
148036 メディア(TVなど)が無料の背景 野村徹 07/03/26 AM09
145617 何をするにもお金がかかる社会という現実 馬場真一 07/02/23 PM01
145161 不全の取り違えが市場を延命させている。 長谷暢二 07/02/17 AM11
144384 快適さを追求する事は,悪なのか? 新井弘 07/02/08 AM08
143681 物質消費生活からの離脱 unkei 07/01/30 AM01
143487 私的な充足のためのお金は、共同体へ出資して大きな安心を獲得 馬場康一郎 07/01/27 PM03
143326 羊50匹⇒お金⇒クレジットカード⇒ネット決済 miya 07/01/26 AM01
143260 通貨は国家が統制している。 斎藤裕一 07/01/25 PM05
143241 お金の使い道 是永恒久 07/01/25 AM08
143220 何をするにもお金がかかる社会を作ったのは、紛れもない、私たち自身。 近藤文人 07/01/24 PM10
食べ残しどうする? 「新しい「農」のかたち」 06/12/31 PM00
140843 人々が社会統合にお金を使うようになるにはどうしたら良い? 斎藤裕一 06/12/22 PM09
140835 万人に共認された評価指標を再構築する必要あり! 近藤文人 06/12/22 PM08
140614 快美幻想は集団を破壊する ギニュー特戦隊 06/12/20 AM10
140607 図解:何をするにもお金がかかる社会 岸良造 06/12/20 AM06
140602 市場縮小の時代に必要なのは「新たな市場」ではなく「新たな活力源」だ 星埜洋 06/12/20 AM01
138346 数字で評価 廻神泰郎 06/11/24 AM11
136262 交換=「価値」の比較 HAYABUSA 06/11/02 PM09
136232 お金が私的充足の為のみに使われるのは何で? 浅見昌良 06/11/02 PM06
136206 お金の使い方を意識して私的充足から社会統合へむけよう。 原田昭雄 06/11/02 AM11
136150 【図解】私的充足から社会統合へ 新川啓一 06/11/01 PM08
135734 全てを個人に委ねる歪なリスク社会 橋本正雄 06/10/28 AM00
135295 今のままでは格差社会は解決しない 橋口健一 06/10/23 PM10
135293 価格格差の幻想共認はもう要らない 磯貝朋広 06/10/23 PM10
135274 お金が無ければ何も出来ない今、私的充足のみにそれを使うのはおかしいかも。 チーズケーキ 06/10/23 PM07
135268 【図解】何をするにもお金のかかる社会になったのなんで? かなめんた 06/10/23 PM05
135226 評価軸の転換が社会統合へとお金を動かす 三浦弘之 06/10/23 AM05
135181 あっ\(◎0◎)/ にしんそば 06/10/22 PM09
133457 新たなお金の使い道 菅原正輝 06/10/07 PM03
133456 何をするにもお金がかかる社会になった構造を図解化。 田村正道 06/10/07 PM02
133444 みんなのためのお金の使い道を考えよう 星埜洋 06/10/07 PM00
133430 お金の価値の事実認識 岸良造 06/10/07 AM10
133402 快適性、便利な生活とは、幻想価値か実質的(発展的)な価値か 佐藤晴彦 06/10/07 AM02
130665 社会の為にお金を使うって、例えばどんなこと? 山田純子 06/09/12 PM09
129371 市場の中身も変わるべき。 吉岡由香里 06/08/28 PM11
129326 個人の代償充足が市場を成立させた 野村徹 06/08/28 PM03
129317 市場を拡大させてきたのは共認非充足による「自己中需要」 STP 06/08/28 PM01
126825 収束不全の「消費者」は王様になるしかない 小林雅志 06/07/27 PM01
126769 個の保存という誤った道 村田頼哉 06/07/26 PM04
126765 市場拡大を成立させる二つのテコ 匿名希望 06/07/26 PM02
124770 私的充足の場という狂った市場 衛藤信義 06/07/04 AM01
124759 市場の評価指標という「お金」を社会統合事業に使うということ 近藤文人 06/07/03 PM11
117633 お金について、しっかり考える 32 06/06/01 AM01
107937 お金にならないものは供給されないという狂った市場社会。 福田尚正 06/03/24 PM03
107330 貧困とは何か? 笠原光 06/03/14 AM02
105796 お金に対する思い込み 矢内春菜 06/02/16 PM01
102625 お金の稼ぎ方vsお金の使い方 古座優子 05/12/15 AM03
愛知万博閉幕 「なんで屋−驀進劇−」 05/09/26 PM07
96683 死にゆく街 阿部佳容子 05/09/01 PM05
95565 借金という、市場取引の概念を越えて 本田真吾 05/08/04 PM10
94742 可能性 中北千奈美 05/07/18 PM06
83577 お金で社会が変わる? 折目裕 05/01/04 AM00
82317 力の原理としての市場に代わる共認原理の経済戦略とは? 原田昭雄 04/12/10 AM02
82263 市場とみんなの意識 西村典綱 04/12/08 PM10
82182 私権社会における身勝手な市場 沼田竜一 04/12/06 PM11
31360 不全からの解脱でなく、答え追求のためにお金を使う 越見源 02/05/19 AM02
31226 評価を下す為の認識を求めはじめている 柳瀬尚弘 02/05/17 PM11
31198 お金は何に使う(男編) 〜男の快美欠乏は性権力に侍る欠乏〜 上平貴昭 02/05/17 PM10
31193 使用目的に応じた別の通貨が必要か? 吉原徹 02/05/17 PM10
31153 社会統合の為に… ゲン 02/05/17 PM00
31141 社会統合のための活動が最大の充足になる 山田渉 02/05/17 AM01
31070 「地獄の沙汰も金次第」 槇原賢二 02/05/16 PM02
31058 お金のかかる社会と高齢者の貯蓄 匿名希望 02/05/16 PM01
31044 消費の場も変えていく外向欠乏〜お客様はパートナー〜 西谷文宏 02/05/16 AM01
31035 お金と新評価指標の関係の兆しを見る 1 本田真吾 02/05/16 AM00
31030 幻想が市場を生み出す 前山薫 02/05/16 AM00
31021 奴隷意識からの脱却 山名宏明 02/05/15 PM11
31019 意思の集まるところにお金が集まる 小林雅志 02/05/15 PM11
31018 意思をもって社会統合にお金を使う。 村上祥典 02/05/15 PM11
31007 観念の充足こそ最高の価値 橋本正雄 02/05/15 PM10
30995 毎日宵越しの銭を持たないのが当たり前になるかも 平川要 02/05/15 PM09
30966 お金の共認の結果についての一事例 匿名希望 02/05/15 PM01
30928 私的な解脱活動から社会共認の活動へ 岡本誠 02/05/15 AM00
30921 まつりの場にお金を使う 星埜洋 02/05/15 AM00
30884 禁断症状を感じる? 新井弘 02/05/14 PM10
30868 お金の新しい位置付けに期待 山本豊 02/05/14 PM09
30866 ”場”への参加費 佐藤晴彦 02/05/14 PM09
30848 市場社会は人間の欲望を飽くことなく増幅させるーーー金銭犯罪の五つの類型 大木康子 02/05/14 PM02
30831 反人類的行為 毛針田万作 02/05/14 PM01
30814 止まない環境破壊 斎藤幸雄 02/05/14 AM00
30798 最先端価値の収束力 前上英二 02/05/14 AM00
30790 お金で何でもできる社会からの脱出願望 木橋哲夫 02/05/13 PM11
30786 評価指標が私権に替わって、認識を拡大する 土井誠也 02/05/13 PM11
30772 市場の問題は自らの(全ての人々の)問題 沼田竜一 02/05/13 PM10
30737 解脱指標から統合指標へ 山田真寛 02/05/13 PM01
30735 蓄財しにくい社会 前上英二 02/05/13 AM08
30729 お金の本質が顕わになって、別の使い道が見えてくる 阿部紘 02/05/12 PM11

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp