人類の起源と人類の拡散
306481 汗をかくことができる人間は動物の中で最も長距離を早く走れる〜持久狩猟能力の獲得
 
志水満 ( 59 会社員 ) 15/08/01 AM10 【印刷用へ
人類は霊長類特有の体毛をうしない直立二足歩行を得ました。それは他の哺乳類にない同じ速度で走り続けられる能力を獲得した。
この人類の能力は原始時代は大きな獲物を狩ることを可能にしたのだ。
人類以外では、馬は人類同様に汗をかくことができるので長く走り続けられる能力をもっている。

汗をかくことができる人間は動物の中で最も長距離を早く走れる?
より以下引用です
リンク

・動物は汗をかくのか
僕は結構汗っかきな方なので、Tシャツが汗でびしょびしょになることが多いのですが、実は、こんなに汗をかくのは人間だけだそうです。
いろいろ調べてみると、ほとんどの動物は汗をかかないようなのです。確かに、犬や猫が汗でびっしょりになっているのを見たことがありません。厳密には、犬は足の裏に汗をかいたりするのですが、人間のように体全体から玉のような汗が出るというようなことはないらしいのです。動物の中で唯一人間並みに汗をかくのは馬だけだそうです。

・汗をかくことのメリット
そもそも、人間はなぜ汗をかくのかというと、汗をかいて蒸発させることで気化熱により体温を下げ、体温を調節するためなわけです。人間のようにたくさん汗をかくということは体温調節機能が極めて高いということになります。

それに対して、ほとんどの動物は汗をかかないため、汗による体温調節をすることができません。動物は呼吸によってしか体温調節を行うことができないのです。そして、呼吸による体温調節は、体全身からの発汗によって行う体温調節と比べると極めて効率の悪い体温調節方法なのです。

そのため、動物は長時間運動をしてしまうと、自分自身から発生した熱をコントロールすることができなくなってしまい動きが取れなくなってしまうのです。いわばオーバーヒートの状態です。それに対して、発汗による体温調節機能が極めて高い人間は、動物よりも長時間の運動が可能になっています。空冷による冷却装置がついているようなものです。

実際、この能力を活かして、太古の昔には持久狩猟(Persistence Hunting)というのが行われていたそうです(現在でもアフリカ南部に住むサン族では持久狩猟がおこなわれているとか…)。持久狩猟というのは、獲物が体温調節ができなくなって動けなくなるまで、何十キロも追いかけるという持久力頼みのシンプルな狩猟です。

人間は走りながらも汗をかくことで、体温を調整できますが、動物は、走りながら呼吸で体温を調節することが難しいため、最終的には動けなくなってしまい狩られてしまうのだそうです。
引用終わり
参考:
>『体の熱の大部分を発汗によって発散する哺乳類は、われわれしかいない。世界中の毛皮に覆われた動物は、もっぱら呼吸によって涼をとり、体温調節システム全体が肺に託されている。汗腺が数百万もある人間は、進化の市場に現れた史上最高の空冷エンジンだ。』
リンク
 
 
  この記事は 305337 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_306481

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp