学者とマスコミはグルで頭脳支配
302731 福島事故。元政府事故調委員長へのインタビュー1〜事故は必ずまた起こる、それを起こらないと言い切るのは間違い
 
斎藤幸雄 HP ( 51 建築設計 ) 15/04/04 PM09 【印刷用へ
東京電力福島原子力発電所事故の元政府事故調査委員長・畑村洋太郎のインタビュー記事を紹介します。

記事を読むと、当時、原子力関係者だけでなく国民の誰もが、エネルギー問題全体を自分のこととして考えようとしなかった、それが問題の根本にあることが良く分かります。

しかし、原発の再稼働が進められている現在、まともに反省も今後の方向性も議論されることなく、(なんとなく?)再びかつてと同じような社会の雰囲気、人々の意識潮流が作られつつあるように思えてきます。今、改めて、腰を据えて「どうすべきか?」を考なければならない必要を痛感します。

以下、「福島事故。畑村洋太郎・元政府事故調委員長に聞く〜原発は外国から持ってきた技術、生みの苦しみを通っていない」リンクより転載します。
 ==========================================================

 東京電力・福島第一原発の事故から4年、畑村洋太郎・元政府事故調査委員長が朝日新聞のインタビューに応じた。畑村氏は、事故の背景として「形だけ、紙の上の安全確認だった」「日本人社会は危ないと想定すること自体がタブーだった」などを指摘し、原発の技術論にとどまらず、日本的な文化土壌からも事故の原因、分析を語った。畑村氏の言葉は、福島事故の本質を浮き彫りにすると同時に、「それらの問題はどこまで解決されたのか」という問いを突きつけている。原発の再稼働、避難計画の実効性など、私たちの目の前にある課題を考える指標になる。

 畑村氏は、「失敗学」の研究経験を生かし、「調書は非公開にする」の方針で関係者を聴取し、未曽有の大事故に迫った。ただ吉田昌郎・元福島第一原発所長(故人)の調書を朝日新聞が報道したことがきっかけで、一部の調書が公開されることになった。

 原発の「安全神話」について畑村氏は、「事故後、原子力は安全とだれが言ったかを聞いていくと『らっきょうの皮』で芯がない、俺が言ったという人はいない」という日本社会の不思議な雰囲気を指摘した。また「マニュアルなどを決めたり、つくったりしたらそこでおしまい」という考えがあったとし、事故を想定した実質的な訓練もなく、事故が本当に起きたときに必要な実力をもっていなかったと述べた。

 こうした状況を生み出した一つの背景として、畑村氏は、原子力技術が「外国から輸入された技術」であるという事情をあげた。日本は技術先進国ではあるが、原発技術については「自分たちで技術をつくりだす苦しさを通らず楽をしてきた。(他国が苦しんだ)研究段階での臨界事故なども経験していない」と指摘した。政府事故調は、事故のメカニズムを知るために「原子炉の中で何が起きたかを知る再現実験」を構想したが、さまざまな理由で断念した。「いまからでも必要」という。

 このインタビューや政府事故調の報告書を読み返して筆者が思うのは、全体的な視点で責任と自信をもって原発の安全性を見ていたのは、結局、だれもいなかったのではということだ。巨大なエネルギーを抱える大規模で複雑なプラントなのに、細目に分割されて、文字(文書)中心で管理されていた。

 このインタビューを一読すれば、事故当時の日本の安全対策の実力がどのくらいだったのかが想像でき、安全な原発を手に入れるには、物の考え方も制度も深いところから変えなければならないことがわかる。それには時間もエネルギーも要る。

 政府事故調の報告書は、最後の提言部分で繰り返し、「政府事故調、国会事故調の終了で終わりとしない継続的な原因究明」を国などに求めている。しかし、畑村氏はインタビューの最後で、提言のフォローについては「ほとんど何も行われていないように思える」と述べている。


【畑村洋太郎氏への一問一答】   (聞き手、長野剛、竹内敬二)

 Q)福島第一原発事故の歴史的位置づけをどう考えますか。畑村さんはいつも「原発を動かせば事故は必ず起こるとはっきり言うべきだ」と主張されています。

畑中洋太郎氏
 A)僕は原発について、事故は必ず起こるものだと思っていました。それほど確信があったわけではないけれど、薄々思っていました。そしたら、やっぱり起こったな、という感じがするんです。

 大事なことは、どんなに考えても、考えられない部分というのが残るんだ、ということです。どんなに考えても気付かない領域が残る。これを別の言葉で言えば、事故は必ずまた起こります、と言うことです。事故が起こるから原発がいけないとか、そんなことをいいたいんじゃない。ものの考え方の上で、事故は起こりませんと言い切ってしまうようなあのやり方、それを国民もテレビも新聞も今も求めているけれど、それは間違いだと思っているんです。

 ====================================================つづく
 
 
  この記事は 301964 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_302731

 この記事に対する返信とトラックバック
303166 作業員、線量超過相次ぐ 170人超現場離れる 第一原発 橋本正雄 15/04/18 PM08
302733 福島事故。元政府事故調委員長へのインタビュー2〜安全神話を言い出したのかは誰かなのか?、それを特定できない不思議 斎藤幸雄 15/04/04 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp