学者とマスコミはグルで頭脳支配
302399 続々と出現する「不食人類」!! 彼らの身体で何が起こっているのか?
 
葉加瀬小太郎 ( 26 会社員 ) 15/03/25 AM02 【印刷用へ
巷には女性をターゲットとした様々なダイエット法が溢れ返っている。太らないよう、日々ストイックに食事を制限している人もいるかもしれない。しかし昨今、少食どころか、ほとんど食物を摂取しない「不食人類」なるものが話題になり始めた。

彼らは食物エネルギーを摂らず、太陽と大地からのエネルギーのみを糧に生活しているという。さらに「不食になってから病気が治った」という報告も数多くあるようで、これは大変興味深い事態である。今回は、そのような「不食人類」の代表的存在である2名を紹介し、なぜ彼らが食べずにいられるのか、その謎に迫ってみよう。

以下、コチラから引用です。
リンク
-----------------------------------------------------------

■世界の不食人類たち

○ジャスムヒーン

 ジャスムヒーンは、1957年オーストラリア生まれの美人不食人類だ。光を栄養源にしているという彼女は、1992年から母国を拠点に不食のためのセミナーやワークショップを開催している。「食べても食べなくても良いが、食べるという行為から自由になる事が重要だ」というのが彼女の主張だ。ジャスムヒーンにとって「食」とは基本的に社交のための行為であるが、味覚を楽しむこと自体は否定しておらず、彼女自身もコーヒーを飲んだりスイーツを食べるなどし、1日に300kcal程度の食事は摂っている。

 長年の活動が認められ、ジャスムヒーンは2000年にイグ・ノーベル文学賞を受賞した。現在、彼女は公式サイトを通して、“人類の霊的成長のための”情報やスピリチュアル・メッセージを発信しており、世界中に多くの信奉者を持っている。また、何度か来日も果たしている。

○ギリ・バラ

 1868年生まれのインド人女性。1880年から不食人類となった。ヨガの行者である彼女は、そのテクニックを駆使してエーテル・太陽・空気などからエネルギー身体に取り込んでいたそうだ。

 子ども時代の彼女は、食欲旺盛でよくつまみ食いをしては叱られていた。9歳で結婚の誓約のもとに夫の家へと嫁いだが、そこで全てが変わってしまう。ある日、旺盛な食欲をひどく叱責する姑に向けて、ギリ・バラは「もう一生何も食べないでやるわ!」と叫んだのだ。そして泣きながら村を走り抜け、祈ったところ「光だけで生きる」啓示を授かったのだという。

 その後、ギリ・バラが世界的に知られるようになる前、この話を不思議に思った村の首長が、彼女を宮殿に閉じ込め厳しく監視した。その結果、「確かに彼女は何も食べず、光だけで生きているようだ」というお墨付きを得て解放されたと伝えられている。

 さらに、前述のジャスムヒーンのセミナーで学んだ不食を実践した結果、血清ガン、糖尿病、右足麻痺などの症状が消えてしまったポーランド人女性カミラ、飲まず食わずで74年間を健康に過ごしたインド人プララド・ジャニ、他にもロシアのジナイダ・バラノワ、イリナ・ノヴォジロヴァなど、いまや「不食人類」の実例は枚挙にいとまがないのである。

■不食人類のエネルギー摂取法とは?

 では一体、彼らは食物から栄養を摂取することなく、いかにして生き長らえて(むしろ、より健康的に暮らして)いるのだろうか?

 実は、細胞中で体内のエネルギーを作り出す役割を担うミトコンドリアは、太陽光によって活性化するという説がある。さらに、食物から栄養を摂取することを止めると、体内で新たなエネルギーの補給システムが目覚め、それによって不食状態でもエネルギーを得ることができるのだという。

 また「β3アドレナリン受容体」という遺伝子に変異があると、中性脂肪の分解が抑制されて基礎代謝量が少なくなる。この遺伝子変異は、特にアメリカ先住民の間で多く見られるというが、不食者の中にもこうした人々がいたのかもしれない。ちなみに、日本人では3人に1人の「β3アドレナリン受容体」が変異しているとの指摘もある。


■1日3食は不健康だと述べる書物

 平安時代の『枕草子』には、一日一食を二食にしたから疫病にかかる人が増えた、という伝承が記されている。また、岡本天明が神の啓示を自動書記したとされる『日月神示』には、「食べる量、今の半分でいいぞ」という記述もある。

 実は、「朝食は食べないと不健康」「1日の食事は3食」という習慣は、最近になって出てきたものなのである。そして、それとともに生活習慣病も増加してきた。現代、私たちが摂取する食物には、添加物や化学調味料など、人体には有毒なものが含まれていることも忘れてはならない。「不食人類」となることで、それらの毒素がデトックスされる――。故に、「不食になって病気が治る」ケースがあるのかもしれない。

 完全な「不食人類」となるには、相当な修行が必要であろう。しかし、私たち人間の身体には、まだまだ計り知れぬパワーが秘められているということだけは、少なくともお分かりいただけるだろう。
-----------------------------------------------------------
 
 
  この記事は 302165 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_302399

 この記事に対する返信とトラックバック
309331 25年間食事していない日本人 匿名希望 15/11/12 PM11
305608 ほとんど食べずに生きる人〜ミトコンドリアが電子回路を動かしてエネルギーを生む 加賀見香苗 15/07/05 PM07
305307 『食べない人たち「不食」が人を健康にする』の要約紹介 原てふ子 15/06/26 AM09
302900 食事制限は「性」の回復にも有効 松下晃典 15/04/10 PM00
302598 「土のフルコース」は「命のフルコース」。豊かな作物を実らせる土壌ならば、それをそのまま食べて悪いはずがない。 葉加瀬小太郎 15/03/31 PM06

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp