私権社会の婚姻制
301118 けん玉がブーム〜昔遊び再考
 
喜多雅子 ( 40代 母親 ) 15/02/12 AM10 【印刷用へ
昔の遊びと思われているけん玉がブームになっている。アメリカでブームになり、ワールドカップ大会も開催されているそうだ。
アメリカなど海外で流行っているのは、音楽に合わせた派手なパフォーマンスだが、見ていて格好いいなと素直に思うものです。
そんなパフォーマンスに合わせて、けん玉もちょっとおしゃれな感じのものや、おもちゃ会社からも発売され小学生に人気を集めています。

学童保育所で十年近くけん玉をやる小学生を見てきましたが、集中力や我慢強さなどたくさん得るものがあったと思います。

例えば、小学校1年のK君とY君。学童保育所でけん玉にはまってしまった。
必死で練習して自分が失格しても、相手が受かればその事実をそのまま素直に受け止め、「おめでとう」と言うことができ、そんな翌日には昨日まで出来なかったのに簡単に合格したりと、「僕らいいライバルやなぁ」言い合ってどんどん上達していきました。

また、級を受けるのは1日3回までと決められており、今日は絶対受かるぞ!と自信がついてからしか受けられません。自分ひとりで好きなときに受けられるわけではないので、お迎えの時間とカウントしてくれる先生を確保できるか(他の子が受けていたらできない)など、様々な要因もクリアしないと
受からないのです。

そして、おもしろいのが、女の子は曲に合わせて大皿と小皿交互に玉を乗せていく「もしかめ」が好きな子が多いこと。どれだけ長くできるかを競うのです。上手な子になれば1時間以上続けられます。そうなってくると、周りにいる子どもたちも固唾を呑んで静かに見ています。
男の子はいうと、難しい技に果敢に挑戦することです。100個くらいの技が表に書いてあり、ひとつずつ貼られていくシールがなんとも言えず嬉しいみたいです。Y君は○○極意と見るからに難しそうな技から攻略していました。


それ以外にも、脳を活性化させる効用もあるそうです。

------------------------------------------------------------------
リンクより引用

脳を活性化させる昔遊びについて

最近、けん玉やお手玉などの昔遊びが、脳の司令塔とも言われる「前頭前野」という領域の活性化に効果があることがわかってきました。
けん玉の場合、簡単にできるワザを繰り返し行うと、脳の前頭前野はグッと活動が抑えられ、いわゆる「ゾーン」と呼ばれるような究極の集中状態に近くなります。脳が必要な部分以外の活動を抑えることで、高い集中力が得られると考えられ、けん玉をやっていない時でも、集中力を発揮しやすくなるといいます。逆に難しいワザをやると、脳の前頭前野などが活発に働き、記憶力アップや、認知症の予防の効果が期待できます。お手玉では、利き手とは逆の手から玉を放って回すことで、脳の前頭前野が強く活性化されます。お手玉の効果は病院の最新治療にも使われていて、うつや不安障害といった症状の改善に効果があるといいます。けん玉と同様、お手玉も慣れたワザをやれば集中力を高めることができ、逆回しなど難しいワザにチャレンジすると、前頭前野を活性化することができます。

-------------------------------------------------------------------

昔遊びには、今のゲームにはない効用がたくさんあるようです。
幼いうちは、体と頭の両方を使える遊びをたくさんさせてやりたいですね
 
 
  この記事は 208240 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_301118

 この記事に対する返信とトラックバック
301573 子ども時代の「遊び不足」が社会人能力に影響を及ぼすと判明 桑畑茂 15/02/26 PM10

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp