世界各国の状況
299531 プーチンは,米欧金貸し連中と闘っている。
 
石橋創 ( 50 建築家 ) 14/12/25 PM03 【印刷用へ
ウクライナ紛争を始め、米国(オバマ)とロシア(プーチン)争いが、様々報道されていますが、どうやらそれは見かけ上の話のようだ。
表向きは、国家間紛争に見せかけてはいるが、内実は、金貸し連中のプーチン潰しと見た方が正しい。
紹介の記事では「偽ユダヤ」として紹介されているが、それを金貸し連中の代表格「ロスチャイルド」や「ロックフェラー」の代名詞としてみると、わかりやすいかもしれない。プーチン退陣→傀儡政権→ロシアからの富の収奪というあたりが狙いか。‥(参考)『市場は国家の寄生虫』(204479

(以下転載)
『政治権力の違いを見せつけるプーチン』(リンク) 「ryuubufanのジオログ」より

ロシアと米を巡る動きが目まぐるしい。米はロシア制裁をとことんやり抜く。クリミアと米欧の経済関係を完全に遮断する。驚くべき執拗さである。世界の一般市民がクリミア問題でロシアに怒っているか。クリミアは元々ロシアであり、歴史の歪みを自ら直したと言うに過ぎない。そもそもウクライナ問題は偽ユダヤの謀略である。ウクライナを使ってロシアに大きなダメージを与える、または戦争に引き込むという狙いがあった。プーチンを完全に反偽ユダヤと断定して、徹底攻撃対象としたのである。偽ユダヤの体制問題であるウクライナ問題は、プーチン退陣まで終わらない。これが偽ユダヤ米欧の考えである。

 偽ユダヤ権力は経済権力である。これが政治役者を動かしている。しかしプーチンは純然たる政治権力者である。ウクライナ問題は偽ユダヤ経済権力と政治権力者プーチンの戦いである。オバマ対プーチンではないのだ。ロシアと米の戦いと言っても、その本質は経済権力と政治権力の戦いである。

これまで偽ユダヤ経済権力の前にプーチンのような本物の強力な政治権力者は現れなかった。小沢が政権を取れば強力な政治権力者になる筈であったが、しかしそれが故に偽ユダヤは徹底して小沢潰しに出たのであった。権力を裏から操る経済権力にとって、本物の政治権力者は何を仕出かすか分からない怖さがあるだろう。

 経済権力と政治権力の違いとは何であろうか。この違いを本質に於いて知る必要がある。プーチンは2年連続で世界一影響力のある人物に選ばれた。オバマは2位、習近平が3位。因みに安倍は50位?60位?。1位と2位の差は圧倒的である。2位は本当は習近平である。米のメディアの評価であるから。世界の2トップは中露連合という事である。中露連合はプーチンの主導である。世界政治の最大のエンジンはプーチン製である。

 経済権力は自らの国の政治役者を操って政治を操る。外国政権を操るにはエージェントを使う。日本で言えば安倍であり、野田であり、前原という訳である。他にも沢山いる。米の経済権力はそうやって中国政権まで操っていた。そこをプーチンが阻止し始めたのである。プーチンはまず当然自国内の米のエージェントを駆逐した。まずは国内を固め、次に中国である。プーチンは大統領であるから、米の経済権力の如くにエージェントを使う必要はない。習近平の前の胡錦濤に直に影響力を及ぼした。中露連合はプーチンと胡錦濤の間で既に出来上がっていた。習近平はその路線を引き継いだというか引き継がされたのである。無理にそうさせられたかも知れないが、習近平もプーチンの影響を受けてポジティブな考えになっている。裏からエージェントを使ってチマチマやるやり方とは全くスケールが違う。経済権力が折角積み上げたものを上から一気に押し潰すのが政治権力である。直に政治を動かすのと裏から操るのとでは規模、速さに於いて大きな違いが出る。中露連合は経済権力にはあり得ないものである。日米ブラック同盟は経済権力の産物である。恥ずかしい同盟である。中露連合は大国同士の堂々たる連合である。それは人類全体の為にある。経済権力のやる事は全て自分の利益の為である。全く異質の権力である。

 政治権力と経済権力は視点の高さが全く違う。人類全体を見渡す政治権力と、自分の利益しか見ない経済権力。中露連合は政治権力連合である。権力の規模、実行の速さが経済権力とは全く違う。今経済権力はロシアに通貨戦争を仕掛けているが、チマチマネチネチである。そんなものは中露連合の玄関先で引き返す事になる。経済権力の手に負えない中露連合である。中露連合結成時点で勝負はついた。政治権力は権力のダイナミズムを作動させる。経済権力は権力を弄るだけ。プーチンはオバマを完全に下位に置いている。つまり、政治権力は経済権力など問題にしない。経済権力など偽権力であり、初めから勝負にならない。

 政治権力こそが権力なのである。偽ユダヤにとってプーチンは勝つ事のできない天敵である。
(以上転載終わり)
 
 
  この記事は 295343 に対する返信です。
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_299531

 この記事に対する返信とトラックバック
299911 プーチン政権が取り組む反グローバリズム 匿名希望 15/01/05 PM07
299640 ロシア+中国・・・+・・・BRICS・・・+・・・ドイツ・・・・・ 垂心 14/12/28 PM10
299562 朝鮮を攻撃する口実にしている映画の製作、監督、主役を務めた人物は筋金入りの親イスラエル派 佐藤晴彦 14/12/26 PM01

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp