いい女って、何?いい男って、何?
298874 いい女のススメ〜私の志を探して〜
 
沖田栄里 ( 25 会社員 ) 14/12/06 AM09 【印刷用へ
1, いい女とは

私は今年の春、類塾(大阪)から類設計室(東京)へ異動しました。以前から結婚を機に東京へ引っ越すことは決めており、それでも類グループの仲間と一緒に働きたいと思い、転勤させてほしいということを申し出ました。
実際のところ、社外の人からは「会社が好きなのはわかるけど、休みの少ない類は辞めて、新しい会社探したら?」などとも言われたりもしました。
それでも私が類グループで働くことにこだわった理由を振り返ります。
当時は単純に「類グループのみんなの役に立ちたい。類グループのみんなの中で働き続けたい。」そう思っていました。
 しかし今冷静に考えてみると、たかだか2年間働いただけの会社で、なぜそうまで想えたのでしょうか。
今回Aコースの勉強会で認識を学んでいく中で、物事の構造を捉えて「なぜ?」と考えられる力がついてきました。それと同時に周囲への感謝の想いがたくさん湧いてきました。
その中で、本当に私が類グループでみんなと一緒に働き続けたいと感じた理由がやっとわかってきました。それは、「あんな女性になりたい」と想える人に、たくさん出会えたからです。
そんなふうに私に想わせてくれたみなさんを「いい女」と呼ばせてください。さて、その「いい女」とは、どのような女なのでしょうか。
私の思い浮かべている彼女たちは
@ 物事を考える時の軸は常に「周り(相手)のため」
A そのためなら言いづらいことでも言う、どんなことも嫌がらず(むしろ楽しそうに、嬉しそうに)やる
B 可能性を感じたことには、とことん追求!自信を持って、妥協せずに突き進む!
そんないい女と一緒に仕事をすると、周りもつられていい女、いい男になっていく!
いい女とは、「周りをいい女、いい男にしていく」女を指すのだと固定します。

2, なぜいい女になるのか

もちろん上記のようないい女になるに超したことはありません。しかし、「いい女になろう」とだけ思っていてもなかなかいい女になれず、意識していないときは全然いい女でいれません。自分のことばかり考えてしまう時もあります。
常にいい女でいられるためにはなぜいい女になる必要があるのか、なんのためにいい女になりたいのかを固定しておく必要があります。
このように「いい女になりたい」と私に思わせてくれた、類塾の女性たちに共通するところは、とにかく「この人がいるからこの教室が勝っていける」「この人がいれば類塾は勝っていける」と感じさせてくれるのです。いい女は「この人に相談すればうまくいきそう!」と周りから思われます。いい女には期待が集まってくるのです。そんな女がたくさんいれば、どれだけ強い組織になることか・・・!

3, いい女になるには

以上より、もういい女になるしかないということは言うまでもありませんが、実際にいい女になるにはどうすればいいのでしょうか。
 類塾で感じさせてくれた「この人がいれば類塾は勝っていける」といういい女たち。
もちろん私のいる設計室でも「この人がいれば類設計室は勝っていける」「この人がいれば構造房(私の所属している部署)は勝っていける」という存在になるのが私の役割のはず。
 そのために、まだいい女になれていない自分が動いていけることは

・いい女に同化する
こうなりたいといういい女像がいるのだから、とことんその人に同化する。あの人ならこんな時どうするかな?この時どう判断するかな?と、いい女ならどうすべきかという視点で行動していけば、必ずいい女になれるはずです!

・自分に投げかけられた期待がどのようなものかを的確に捉え、素直に応えていく
何を期待されているのか、分からなかったら考える。考えても分からなければ、質問する。期待されていることもわからずに応えられるわけがない。それではいい女になれるわけがない。
 「みんなの期待に応えること」結局どんな職場においても、どんな仕事をしていても、これが全てなのだと感じています。

以上が今から動いていける、いい女になる方法です。
これができるようになったら、油断せずにさらなるいい女になる方法を考えておきます。

・周りをいい女・いい男にする!
最初に固定した「周りをいい女、いい男にしていく」のがいい女。いい女になるということは、もちろんここまでいかなければなりません。
そのためには、みんなの期待に応えるだけでなく、周りのみんなに期待をかけられる存在になる必要があります。期待をかける、応える。この期応充足をまわりのみんなと共有していくことで、みんながいい女、いい男になれるはず。
今現状の私にはまだまだですが、ここまでいい女になることを目標に、いまからいい女計画を進めていきます!
 
 
 
 この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_298874

  [戻る]  


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp